編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

産業用スカラロボット新商品として、高速・高精度『GXシリーズ』、省スペース『Tシリーズ』の受注を開始

エプソン販売株式会社

From: PR TIMES

2022-02-28 13:10

- エプソンのコア技術・振動制御技術による「GYROPLUS Technology」に対応※1し、エプソン独自の高速・高精度なサーボ制御を実現 -

エプソンは、産業用スカラロボットのラインアップに、高速・高精度を追求した『GX8/GX4』、省スペース・コストパフォーマンス性を追求した『T6-B/T3-B』を追加し、本日2月28日より受注を開始します。また、6軸ロボット『C12』を新たにラインアップに追加し、同日受注開始します。



[画像1: (リンク ») ]

 エプソンの水平多関節(スカラ)ロボットは、2011年以来世界シェアNo.1※2の実績を保持し、お客
様のさまざまな自動化ニーズに対応しています。
 新商品の『GX8/GX4』は、「GYROPLUS Technology(ジャイロプラステクノロジー)」に対応※1。
ロボットアームに超小型ジャイロセンサーを搭載し、動作中に生じるアームの振動を抑え、高速移動でも
指定ポイントでピタッと止まる正確な制動能力を兼ね備えたモデルです。力覚センサーシステムにも対応
し、高速性が求められる搬送作業だけでなく、今まで人手に頼っていたねじ締めや押し圧検査などの精度
が求められる難作業にも対応します。
 『T6-B/T3-B』は、コントローラー一体型のコンパクトさと100V電力稼働の省エネ・省電力性を兼
ね備えた新モデル。スペースが限られた場所での単純な箱詰め梱包やバラ積み作業など、今まで自動化を
ためらっていた領域でのお客様のニーズにお応えするモデルです。
 6軸ロボット新商品『C12』は、高速・高精度で稼働する「Cシリーズ」の最大可搬質量(負荷)12kg、
アーム長1400mmモデル。外装塗装や大型品の組立作業など製造現場における活用シーンを広げます。
※1:GYROPLUS Technologyに対応するのは、GXシリーズ・LSシリーズ・Cシリーズ・Nシリーズです。
※2:産業用スカラロボットの2020年の数量ベースの出荷実績において(株式会社富士経済『2021ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望』調べ)

【概仕様・価格・受注開始時期】

[画像2: (リンク ») ]


【GX8/GX4の主な特長】
■「GYROPLUS Technology」対応
 エプソンのコア技術である自社製水晶素材とMEMS技術の組み合わせにより生まれたジャイロセンサーと、ロボットアーム先端の振動をリアルタイムでコントローラーにフィードバックするロボット制御技術により生まれた「GYROPLUS Technology」を搭載。
・速く動かし正確に止めることを可能にし、精密部品や電機電子部品に対して高精度で正確なアプローチを実現します。
[画像3: (リンク ») ]

・ロボットの動力を効率的に使えることで、ロボット筐体もコンパクトに設計されています。
・今まで人手に頼っていた超精密部品へのアプローチが可能になり、生産性向上と工数削減に貢献します。
・シミュレーション通りの装置設計で設計時の手戻りをなくし、工数とコストを大幅に削減します。

■サイクルタイムの高速化を実現する「ブーストモード」機能搭載
 振動や制定時間を気にせず、サイクルタイムを求める案件にも簡単に対応する「ブーストモード」を搭載し、設定によりサイクルタイムを現行機(G6)と比較し約20%※3向上させました。
※3:エプソン調べ。アーム長550mmモデル(G6-551SとGX8-A552S)での標準サイクルタイム単純比較。

■メンテナンス性を高めるバッテリーレス
バッテリー不要のモーターを採用し、マニピュレーターのバッテリー交換を不要としました。バッテリ
ー交換によるダウンタイム削減だけでなく、バッテリー廃棄を無くすことで環境にも貢献します。

【T6-B/T3-Bの主な特長】
■Epson RC+Express Edition対応
 プログラム開発ソフトウェア 「EPSON RC+」の新規バージョンに標準同梱。プログラムテンプレートやウィザード形式での作成支援など、ソフトウェア開発経験のないお客様でも使いやすい構成になっています。

[画像4: (リンク ») ]

【C12の主な特長】
 ■6軸高可搬質量(負荷)モデルとして小型・軽量を実現
装置設計を容易にするフットプリント。堅実な剛性設計と高度な振動制御によって装置設計の自由度を高め、設置作業性の向上に貢献します。 

■力覚センサーシステムに対応
  精度が求められる難作業にも対応し、立体物への塗装作業などに強みを発揮します。

[画像5: (リンク ») ]

【新商品プロモーションについて】
2022年3月9日から12日まで開催される「2022国際ロボット展」に出展予定です。
「エプソンが変える、これからのものづくり。」をメインコンセプトに、各種生産プロセスにおける自動化を提案します。
エプソンの出展詳細については下記よりご確認ください。
(リンク »)

新商品の詳細は商品ページをご覧ください。
(リンク »)

エプソンロボットに関するメールマガジンを定期的に配信しています。
(リンク »)                               

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]