編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

【大京】1フロア2邸でプライバシーに配慮、沖縄西海岸の眺望を享受「ライオンズ宜野湾ベイサイドシティ」販売開始

オリックス株式会社

From: PR TIMES

2022-03-08 05:40

高まるセカンドハウス需要にも対応、利便性とリゾート環境を両立

株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:深谷 敏成)は、建設中の沖縄県宜野湾市の分譲マンション「ライオンズ宜野湾ベイサイドシティ」(総戸数28戸)を、2022年3月5日(土)より販売開始しますのでお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

本物件は、那覇空港から車で24分、2019年に開業した「サンエー浦添西海岸PARCO CITY」などリゾート地区として開発が進む「浦添西海岸」と、異国情緒あふれるアメリカンビレッジのある「北谷・美浜」の中間に位置します。周辺には、「宜野湾港マリーナ」や「ぎのわんトロピカルビーチ」、県内最大規模のMICE施設「沖縄コンベンションセンター」があり、2018年に開通した西海岸道路により那覇空港からのアクセスも飛躍的に快適になりました。日常生活からビジネス、レジャーまで対応する、住生活とリゾート環境を両立した物件です。

建物は、地上15階建て、3LDKの専有面積67.75m²~74.00m²で構成します。1フロア2戸の設計によりプライバシー性を備えるとともに100%角住戸かつ三面採光を実現します。また、建物を前面道路側へ寄せて配置することで、バルコニーからの開放的な眺望を確保しています。敷地内には屋外平地式の駐車場を設け、出入庫もスムーズです。

当社は沖縄県において、1980年より180棟以上、約6,500戸を供給し、現在も3物件を販売中です。那覇市内への通勤や生活利便性を求める県内需要だけではなく、首都圏を中心とした県外からの移住・セカンドハウス需要にも対応しています。当社は、これからも地域に調和した快適な住まいづくりに努めてまいります。



1. 沖縄西海岸の魅力が詰まったエリア

本物件の周辺には、さまざまな商業施設が集積しているほか、市民に親しまれている「ぎのわんトロピカルビーチ」(本物件より1.3km)や「沖縄コンベンションセンター」(1.1km)、そしてアメリカンビレッジ(6.7km)などリゾートエリアに近く、食料品店「サンエー宜野湾コンベンションシティ」(500m)など生活利便性にもすぐれています。また、宜野湾市は公共施設の整備改善や良好な住宅地および商業地の開発に向けた土地区画整理事業が推進中で、今後も新しい街づくりが期待されるエリアです。

[画像3: (リンク ») ]




2. 100%角住戸による三面採光で開放的な間取りを提供

エントランスアプローチにヤシ科の植栽をあしらい、リゾートテイストあふれる心地よさを演出しています。エントランスは、落ち着いた色調で上品な空間に設えました。
また、建物を前面道路側へ寄せて配置することで、各住戸のバルコニーから隣地までの距離が確保でき、開放的な眺望を実現しています。全住戸が角住戸となる1フロア2住戸の構成とし、通風と採光を確保しやすく、明るく開放的な住空間としています。駐車場は全て平地式とし、28区画37台(縦列駐車9区画含む)ご用意しました。
[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]




3. 100%角住戸による三面採光で開放的な間取りを提供

住戸はすべて3LDKの間取りで、キッチンまわりの小物整理に便利なパントリーを設置した住戸や、随所に収納スペースを確保した住戸など、3タイプをご用意しました。
角住戸の特徴を活かし、バスルームにも開口部を設けることで、住戸内の至る所で通風と採光をより確保しやすい開放的な間取りとしました。そのほか、全住戸にウォークインクロゼットやオープンカウンターキッチンを採用するなど、暮らしやすさに配慮しています。
[画像7: (リンク ») ]




4. 首都圏での販売について

首都圏から沖縄への移住やセカンドハウス需要増加にお応えするべく、2020年10月より現地モデルルームとは別に、東京都渋谷区に「ライオンズ東京インフォメーションセンター※」を開設し、お客さまへご案内しています。現在販売中の「ライオンズ那覇三原マスターズゲート」では、ご契約いただいたお客さまの約3割が県外の在住者(そのうち約7割が首都圏在住)となっています。当社は現在、沖縄県で3物件(本物件含む)を販売しています。
※2020年10月9日付プレスリリース「「ライオンズ東京インフォメーションセンター」を開設」を参照。( (リンク ») )
[画像8: (リンク ») ]




物件概要

所在地:沖縄県宜野湾市字大謝名下原135番(地番)
交通:琉球バス 読谷線「真志喜」バス停より徒歩8分
構造・規模:鉄筋コンクリート造、地下1階、地上15階建て
総戸数:28戸(一般分譲対象外住戸4戸を含む)
専有面積:67.75m²~74.00m²
間取り:3LDK
販売開始:2022年3月5日
着工:2020年3月16日
竣工:2021年11月15日
設計:株式会社フェイス
施工:株式会社東恩納組
URL: (リンク »)


<ご参考>沖縄での分譲マンション開発

■ライオンズ那覇三原マスターズゲート
(竣工:2021年6月16日、地下1階、地上18階建て、総戸数102戸)
ゆいレールで「那覇空港」駅まで18分、那覇市のメインストリート「国際通り」から徒歩圏内と、生活利便施設が充実しながらレジャーも満喫できる環境です。建物は全戸南西向きの地上18階建て、エントランスには琉球石灰岩を採用し、上質な空間に仕上げました。
[画像9: (リンク ») ]


[表1: (リンク ») ]



■ライオンズ宜野湾グランテラス
(竣工:2021年8月10日、地下1階、地上11階建て、総戸数30戸)
宜野湾港マリーナまで徒歩12分、生活利便性を備えたエリアに位置し、日常生活の中で沖縄西海岸の魅力を感じていただけます。三面接道の開放的な地形を生かし、全区画平地式駐車場を設えたほか開放的な住空間も実現しています。
[画像10: (リンク ») ]


[表2: (リンク ») ]



※大京はオリックスグループです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]