ミツトヨ、5,500種以上の商品群を一元管理し、Webサイトと連携して市場投入スピードを飛躍的に向上

株式会社エクサ

From: PR TIMES

2022-03-15 12:47

Contentservを基盤としたPIMシステムを構築、DXに向けた意識変革へ

株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市西区みなとみらい、代表取締役 社長執行役員:千田 朋介、以下 エクサ)は、株式会社ミツトヨ(本社:神奈川県川崎市高津区坂戸1-20-1、代表取締役社長:沼田恵明、以下、ミツトヨ)の5,500種を超える精密測定機器の製品群の商品情報をデータベース化した商品情報管理システム(PIM)の構築により、海外拠点の独自のPIMやWebサイト、e-コマースとの柔軟な連携、新商品の市場にオファーするスピードの飛躍的向上、ブランド力向上を支援しました。



▶事例詳細はこちら
(リンク »)
[画像: (リンク ») ]

世界有数の精密測定機器の総合メーカーであるミツトヨが取り扱う商品群は、業界でもトップクラスの5,500種類以上に及びます。しかしこれらの商品のITシステムによる情報管理はほとんど進んでおらず、営業活動も紙のカタログによって行われているのが実情でした。e-コマースを推進する海外拠点や販売代理店からは、商品情報をデータで提供してほしいという要望も高まっていましたが、このままでは対応することができません。そこでグローバルマーケティング本部は部門主導の取り組みとして情報を収集、PIM(商品情報管理)の導入を検討しました。検討の結果、PIM構築に実績のあるエクサをパートナーとしたContentservベースのPIMシステムの構築に踏み切りました。この成果はミツトヨ様全社の意識変革を呼び起こし、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けたモチベーションを高めています。

▶事例詳細はこちら
(リンク »)

ソリューションと効果
▶商品情報管理(PIM)ソリューション
(リンク »)
▶商品情報管理(PIM)ソリューションContentserv
(リンク »)
▶【PIMコラム】商品情報管理(PIM)の必要性からプロジェクト成功の秘訣まで
(リンク »)


従来のWebサイトでは2~3か月を要していた新商品の情報公開のタイムラグを解消
海外拠点の独自のPIMやWebサイト、e-コマースとも柔軟に連携

▶事例詳細はこちら
(リンク »)

株式会社ミツトヨの概要
創業年月:1934年10月
資本金:3億9,100万円
株式会社ミツトヨは、1934年の創業以来「測ること」と向き合い続け、現在では業界最多の5,500種類以上の商品群を有する精密測定機器の総合メーカーです。精密測定に関する課題を解決し、精密測定技術の練磨・革新を続けることで、お客様の事業発展や世界の産業・技術の進展に貢献することを最大のミッションとしています。2034 年に迎える100周年に向けて「ミツトヨVision100」をスタートしました。自らの手で「これまでのミツトヨ」のイメージを塗り変え、顧客の期待を超える存在、「未来を提案するソリューションカンパニー」を目指しています。
ホームページ: (リンク »)

株式会社エクサの概要
設立年月日:1987年10月
資本金:12億5,000万円
株式会社エクサは、JFEスチールを母体とし、キンドリルジャパンを親会社に持つITサービス会社として、先進技術を活用したDXを推進し、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。
ホームページ: (リンク »)

※記載されている製品名、社名は、各社の商標または登録商標の場合があります。
※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エクサの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]