ヴィーガンチーズの市場規模、2030年に71億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

From: PR TIMES

2022-03-17 15:47

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ヴィーガンチーズの世界市場:製品別(モッツァレラ、リコッタ)、原料別(豆乳、カシューミルク)、最終用途別(家庭、食品サービス)、地域別の市場規模、シェア、動向分析、セグメント別の予測(2022年~2030年)」(Grand View Research, Inc.)の販売を3月16日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)



[画像: (リンク ») ]


ヴィーガンチーズの市場規模は、2022年からCAGR12.6%で成長し、2030年には71億米ドルに達すると予測されています。特にミレニアル世代を中心とした消費者の間でビーガン主義が受け入れられつつあることが、市場の成長を後押ししています。動物虐待や乳製品産業がもたらす環境への悪影響が、消費者に植物由来の製品を選ぶよう促しています。

2021年にモッツァレラ製品セグメントは高い収益シェアを占め、今後もそのリードを維持すると予想されます。モッツァレラは、パスタ、ピザ、コロッケ、カプレーゼサラダなどのイタリア料理に広く使われており、スライス、キューブ、シュレッド、スプレッドなどの形態で提供されています。イタリア料理の人気が高まっている国では、モッツァレラチーズの需要が高くなっています。

カシューソースセグメントは、2021年に最大収益シェアを獲得しました。カシューナッツベースのチーズは、低脂肪とビタミンB2およびB12を含んでいます。このため、健康志向の消費者の間で好まれており、さらに、グルテンフリーやコレステロールフリーのカシューナッツ製品は、健康上の利点から人気を集めています。

2021年は、B2Cエンドユーズセグメントが市場をリードしました。消費者の可処分所得の増加とプレミアム製品への出費意欲が、家庭用セグメントにおける植物性チーズの需要増加につながっています。ヴィーガンチーズ市場には、地域および国際的なプレーヤーが多数存在します。これらの製造企業は、ベジタリアン、ビーガン、および健康志向の消費者の間で、ビーガン製品に対する需要が高まっていることから、世界中で新製品を発表しています。

アジア太平洋地域は、2022年から2030年にかけてCAGR14.1%で推移すると予想されています。同地域では、植物由来のベーカリーや製菓製品の需要が高まっており、今後数年間はヴィーガンチーズを含む製品の販売に拍車がかかることが予想されます。

リコッタ製品セグメントは、2022年から2030年にかけてCAGR14.0%を記録すると予測されます。マニコッティ、ラザニア、ロールアップ、ハイティー、ラビオリなどのイタリア料理における同製品の用途が拡大しています。

大豆ソースセグメントは、2022年から2030年にかけてCAGR13.1%を記録すると予測されます。大豆は乳製品の代替品として低コストであり、望ましい脂肪酸とアミノ酸の完全なバランスを備えています。

B2B最終用途セグメントは、2022年から2030年にかけてCAGR13.0%を記録すると予想されます。フレキシタリアンやビーガン食の人気が高まっているため、レストラン、ファストフードチェーン、カジュアルダイニングでは、植物由来の食品や飲料をメニューに取り入れています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問合せ先】
※お問い合わせの際、「PR TIMESを見て」とお伝えいただくとスムーズです。
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: (リンク »)

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]