イトーキ「学習机エピソードコンテスト」結果発表

株式会社イトーキ

From: PR TIMES

2022-03-17 15:00

日本初の学習机発売から60周年、グランプリは猫と机の物語

株式会社イトーキ(本社:東京都中央区 社長:平井嘉朗)は、2022年3月16日、学習机発売60周年を記念した「学習机エピソードコンテスト」の入選作品(グランプリ1件/準グランプリ1件/社長賞1件/副賞10件)を決定し、オンライン授賞式を開催しました。



[画像1: (リンク ») ]


学習机は1962年にイトーキが日本で初めて発売し、今年で60周年を迎えます。発売60周年を記念して2021年12月1日から2022年1月11日までの期間、学習机に関する「嬉しかった思い出」や「ほろ苦い思い出」などのエピソードを募集し、合計で202件の応募がありました。

代表取締役社長の平井嘉朗をはじめとした審査員による選考の結果、グランプリには飼っていた猫と学習机の思い出を描いた「神様のような猫、エム」が選ばれました。また、社長自らが選んだ社長賞は親子4代の想いをつなぐ学習机のエピソード「実家の机-つながる想い」に決定しました。

[画像2: (リンク ») ]


[画像3: (リンク ») ]



◆受賞作品 ( )内はペンネーム


グランプリ 「神様のような猫、エム」(渡辺廣之/大阪府)


賞品:イトーキの製品(オノフ/パーテブラ03/カモミール)からお好きなもの1点(10万円分相当)

【審査員コメント】
一人の学生と一匹の猫の物語が学習机を軸に描かれており、学習机が自ら主張することなく、いつも変わらず皆様の生活に役立てるよう存在していることがわかります。ひとつの命よりも長くそこにある学習机はこれからも皆様のストーリーの静かな脇役として役割を果たし続けていくことが表現された素晴らしいエピソードでした。

【受賞者コメント】
50年前の私の受験生活をエムという名の猫が支えてくれました。そして今回、受賞のお知らせをいただき、50年ぶりにあの猫が私にプレゼントを届けてくれたのだなと、神妙な気持ちに浸っております。



準グランプリ 「息子と待ちわびた机」(保健委員/兵庫県)


賞品:イトーキの製品(ライティングデスク/サリダリフティングデスク/UBIQ/オリゴテーブル/QNORQ/ハート型回転チェア/SALIDAチェア)からお好きなもの1点(5万円分相当)

【審査員コメント】
子供時代に脳裏に焼き付いた筆記体の「itoki」ロゴ。友人の学習机についていたロゴの記憶が、大人になって家庭を持ってもなお続き、自らの子供に「イトーキの学習机」を買うという希望を貫かせたことに驚きをもって読みました。こうやってブランドというものは作られていくということがわかる良エピソードだと思います。

【受賞者コメント】
思い入れのある机のことを一文に残したいと思い応募しました。さっそく息子にも受賞の連絡をして一緒に喜びました。でも一番喜んでくれているのは、あの机だと思っております。



社長賞 「実家の机-つながる想い」(ちゃむ/大分県)


【社長コメント】
親子4代の想いをつなぐ学習机の力が見事に表現されているエピソード。単なるお下がりとして引き継がれるのではなく、誰もが持っている机の下の物語に惹かれた子供が「これ欲しい」と言って母の机を使うことになるところが嬉しいですね。昔を振り返ったおばあちゃんの涙が、何十年もの時の流れをほのぼのと想像させます。学習机の存在感がもたらすとても心温まる物語です。

【受賞者コメント】
学習机をはじめ、長い時間を共にする家具はたくさんの思い出が詰まっていく大切な存在だと思い大事に扱っています。娘にもそんな気持ちを伝えられると良いなと今回改めて感じました。この授賞を励みに自分自身も新たな挑戦をしたいと考えています。



副賞 10件


机の下の物語(やすよ/兵庫県)     初めての勉強机(井原 菜央/佐賀県)
娘の学習(豆の木K17/群馬県)     わが家の一員の学習机(文京 一郎/北海道)
絵本作家の机へ(のりぴー/富山県)   おじいちゃんからの学習机(ゆまめ/北海道)
私の勉強机(ゆってぃ/京都府)     学習机に込められた愛情(mico./岡山県)
いつもそばに(風船/長野県)
サンタからの注文で家具屋のおじさんが持ってきた(シーサイド/長崎県)


*ペンネームの表記はすべて、応募者の表記通りです。
*作品の著作権は、株式会社イトーキに帰属しています。無断での転載使用はご遠慮ください。


受賞作品の詳細は、特設ページにて公開しています。 
イトーキ学習机エピソードコンテスト特設サイト  (リンク »)


【イトーキ学習机60年の歩み】

[表: (リンク ») ]





[画像4: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]




イトーキのコンシューマー向け事業について


「暮らしに寄り添い、日々の生活をアップデートする」をコンセプトに、オフィス家具のノウハウと家で求められる要素を融和した「家ではたらく」ための家具、また今年で発売から60周年という節目を迎える学習机を中心とした商品を取り扱っております。
これからも、「家でまなぶ」「家ではたらく」ための商品やサービスを充実させ、みなさまの暮らしに寄り添い続けてまいります。

【本リリースへのお問い合わせ先】
株式会社イトーキ コーポレートコミュニケーション部 近藤
TEL: 03-6910-3910

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]