編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

特定医療法人佐藤会 弓削病院がエンドポイントセキュリティ「AppGuard」導入で病院内セキュリティを強化

株式会社Blue Planet-works

From: PR TIMES

2022-03-18 14:48

株式会社Blue Planet-works(東京都渋谷区、代表取締役CEO:小林ヤンネ孝貢、以下当社)は、特定医療法人佐藤会 弓削病院(熊本県熊本市、理事長:池田英世、以下弓削病院)が、未知のコンピューターウィルスに対応するため、ゼロトラスト型エンドポイントセキュリティ「AppGuard」を採用頂きましたことをお知らせします。



[画像: (リンク ») ]


事例記事はこちらから
(リンク »)

■導入の背景・ポイント■
弓削病院は「地域社会への積極的な貢献」を掲げ、50年以上にわたって熊本市で医療サービスを提供してきました。当初から医事システムのみならず、院内すべてのパソコンにたいしてウィルス対策ソフトの導入を進め、できる限りの対策をしていました。しかし、職員によって持ち込まれたUSBメモリからのウィルスの侵入、当時利用していたウィルス対策ソフトによる定期的なスキャンは端末への負担、電子カルテの導入が決定により根本的なセキュリティ対策に迫られました。

こうした中、ネットワークセキュリティ対策も含めての多重防御やセキュリティポリシーの策定を計画していくなかで、現場からの苦情を解消するためのエンドポイント対策にも着手する必要があり調査を進めました。ある記事でAppGuardを目にした情報システム担当者は、早速販売店から説明を受け「セキュリティに対する考え方が変わった」と言います。
そこで、弓削病院は、例えウィルスに侵入されても動作させない、未知のウィルスに対しても有効であると考えAppGuardを採用。2019年に導入を開始し、電子カルテ利用端末を含む院内200台のPCに展開をしています。

■導入の効果■
AppGuard導入直後の2020年、Emotetが国内外で猛威を振るい弓削病院にもいくつかの関係者をなりすましたメールが届きました。差出人は関係者名で請求書が添付されているとの内容のメールだったこともあり開封してしまった担当者ですが、そこから先のEmotetによる攻撃の展開はAppGuardにより遮断されたことで、事なきを得ました。

弓削病院 松浦氏は次のように述べています。
「AppGuardに出会ったことで、セキュリティに対する考え方が全く変わりました。『侵入されても動作させなければ大丈夫』との発想に共感して、採用を決定しました。以前利用していたウィルス対策ソフトに比べると、AppGuardは割高でしたが、十分そのコストに見合う効果が得られる、本当に安心できるセキュリティソフトだと感じています。」

AppGuardは、従来の検知型のように過去の情報に基づいてマルウェア(悪意のあるプログラムやコード)を検知するのではなく、ポリシーにより実行やOSの重要部分の改ざんを阻止することで「発症させない」だけでなく過去の情報に依存しないため、未知の脅威に対しても効力を発揮します。また、院内のIT統制にも効果を示し、例えばフリーソフトなどのインストールを許可しないことで、PCの衛生環境を保つことに貢献しています。

今回の導入に際しては、株式会社ITガードが、AppGuard MSP(マネージドサービスプロバイダー)として培った経験や知見を活かし、導入から運用までを一貫してリードしました。



■株式会社 Blue Planet-works について
株式会社Blue Planet-worksは、「サイバー攻撃は完全に防ぐことができるという、新しい常識をつくる。」をミッションに掲げ、革新的な「AppGuard」テクノロジーをベースとしたサイバーセキュリティ製品及びサービスを提供する日本発のグローバル・サイバーセキュリティ・カンパニーです。
企業サイト: (リンク »)

■「AppGuard」について
AppGuardは、過去の脅威情報に頼ることなくシステムの安全性を保つ、という新発想を独自の特許技術により実装を可能にし、「もう、セキュリティで悩まない。」世界を提供します。
「ゼロトラスト型」エンドポイントセキュリティ製品「AppGuard」は、未知・既知を問わず、高度なサイバー攻撃によるエンドポイントの侵害を未然に防止します。この技術は20年ほど前よりアメリカ国内にて開発がすすめられ、米政府機関等での導入実績があります。2017年にBPwグループがその特許技術、知財を含むAppGuard事業を買収し、開発当初からのチームが引き続き製品の開発、改善を行っています。日本国内では2018年より販売が開始され、大手航空会社や大手旅行会社、大手法律事務所等において導入が進んでおり、10,000社※を超える企業に採用されてきました。
2022年1月現在、大手企業向けAppGuard Enterprise、中小・中堅企業向けAppGuard Small Business Edition、スタンドアローン版AppGuard Solo、サーバー向けAppGuard Server、個人向けAppGuard Home Edition、産業システム向けAppGuard Industrialのシリーズを展開しております。
製品ページ: (リンク »)

※:2021年9月末時点での国内における導入社数


2022年3月開催のセミナー情報
◆2022年3月18日(金)17:00-17:30 「Emotetについて理解を深めよう 2022 ~Emotet is back~」
詳細はこちら: (リンク »)

◆2022年3月22日(火)17:00-17:30 「図解入門 よくわかるAppGuardの基本と仕組み」
詳細はこちら: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]