編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

「Epson Cloud Solution PORT」で『エラーお知らせサービス』を開始

エプソン販売株式会社

From: PR TIMES

2022-03-24 17:18

「SC-T7750D」「SC-P8550D」を対象にスタート、対応機種を順次拡大予定

エプソンは、大判インクジェットプリンターを使用する生産現場の課題を解決し、業務の効率化を支援するクラウドサービス「Epson Cloud Solution PORT」の新サービスとして『エラーお知らせサービス』を、2022年4月下旬より開始する予定です。



[画像: (リンク ») ]

今回開始する『エラーお知らせサービス』は、お問い合わせをいただいた際にプリンターの稼働状況をエプソンが遠隔で確認するだけでなく、エラー発生時に、エプソンから直接電話でエラーの発生をお知らせします。エラーの対処法案内や必要に応じて修理の手配なども行います。まずは「SC-T7750D」「SC-P8550D」の2機種を対象にサービスの提供を開始し、今後、対応機種を順次拡大していく予定です。

「Epson Cloud Solution PORT」は、エプソンの大判インクジェットプリンターを活用するためのクラウドサービスのプラットフォームです。お客様のスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を含めたマルチデバイスに対応しており、接続されているすべてのプリンターの稼働状況や印刷実績などのプリント状況を可視化します。さらにプリンターの稼働実績をレポート形式で閲覧可能なため、日々の生産状況を分析し、機種別の偏り改善やプリンターの待機時間の削減、生産の効率化にお役立ていただけます。また、プリンターの稼働状況をエプソンが遠隔で確認することで、適確な故障診断が可能になり、お問い合わせにかかる時間を短縮します。これらの機能を通じて、お客様の生産の最大化を支援します。

今後もエプソンは、本クラウドサービスを通じてエプソンの大判インクジェットプリンターをさらにご活用いただくためのサービスを拡大し、より高いお客様価値を提供し続けてまいります。

「Epson Cloud Solution PORT」の詳細は、ホームページでご確認ください。
(リンク »)

注:「Epson Cloud Solution PORT」と『エラーお知らせサービス』は無償サービスです。
注:故障の可能性のあるエラーが発生したことをエプソン側で検知した場合に、ご連絡いたします。
注:エラーお知らせサービスにて修理手配を行った場合、保守契約未加入のお客様の修理対応は有償となります。保守契約ご加入のお客様は契約内容に準じます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]