ものづくりの“匠”がバトる、裏側もお見せします!地元のこだわりや魅力をお届けする『地のものマルシェ』2022年3月31日(木)から「カルビーマルシェ」でスタート

カルビー株式会社

From: PR TIMES

2022-03-31 11:18

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊藤 秀二)は、地元に根差した産品や知る人ぞ知る味などを商品にして販売し、地域の食文化の発展に貢献したいと、2022年3月31日(木)から、公式オンラインショップ「カルビーマルシェ」にて『地のものマルシェ』をスタートさせます。



[画像1: (リンク ») ]



【企画背景】
カルビーは原材料調達において、ジャガイモは北海道、エビは瀬戸内など、地元とのつながりを大切にしておいしさを届けてきました。これからも地元素材の活用やその土地の文化の発信などにより、地元の魅力を掘りだす活動を続け“笑顔と幸せの連鎖”をおこしたいという思いから『地のものマルシェ』を「カルビーマルシェ」(※1)内でスタートさせます。

コロナ禍により長らく旅行ができていない状況を受け、「じゃがポックル」や「かっぱえびせん匠海」などのお土産商品を気軽に購入できると「カルビーマルシェ」を訪問していただく機会が増えています。その土地の味でほっとしたり、わくわくしたりできる“地元のこだわり”をお届けする『地のものマルシェ』は、オープン時はカルビーの地域お土産商品を中心に販売しますが、その後はお客様からいただいた声をもとに「推し地元商品」を紹介するなど進化させていく予定です。

また、『「知れば知るほど好きになる」マルシェの裏側見せます!』をコンセプトに「食のこだわりバトル」を展開いたします。「にっぽんの宝物」(※2)を主宰する羽根拓也さん、伊勢香織さんがMCとなり、今まで交わることがなかった地元の匠とカルビーの匠が巡り合い、その裏側に隠された数々の苦労や葛藤、絶対に譲れない想いを対談形式の動画で伝えていきます。両者がぶつかりあうことで、ものづくりの奥深さを伝え、それぞれの地元・商品に興味をもっていただく企画です。

※1 「カルビーマルシェ」は、「日常に、わくわくする小さな出会いを、カルビーから。」をコンセプトに2020年11月からスタートしたカルビー公式オンラインショップです。
※2 「にっぽんの宝物」(にっぽんの宝物JAPAN事務局)とは、地方に眠る宝物・宝人を「学ぶ機会」「チャレンジする機会」を通して磨き上げ、全国レベル・世界レベルの商品と人材に育てるプロジェクトです。


[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]


【食のこだわりバトル】
にっぽんの宝物に選出された地元の匠たちと、数々のロングセラーブランドを支えるカルビーの匠たちがこだわりをぶつけ合います。
“食”の魅力が満載の動画です。

第1回「未踏の領域に挑む匠たち」~塩二郎&シェフ井原(高知)VS かっぱえびせん匠海~
3月31日配信:URL (リンク »)


[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


【概要】
サイト名:地のものマルシェ
UR: (リンク »)
公開日:2022年3月31日(木)
サイト:公式オンラインショップ「カルビーマルシェ」
URL: (リンク »)

[画像6: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]