大日本印刷 AKIBA観光協議会とともに「バーチャル秋葉原」をオープン

大日本印刷株式会社

From: PR TIMES

2022-04-04 10:17

ショップやギャラリー等でのネット販売や広告サイネージなどをバーチャル空間で展開

大日本印刷株式会社(代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)は、合同会社AKIBA観光協議会(代表CEO:泉 登美雄)*1とともに、リアルとバーチャルの融合による地域共創型XRまちづくりとして推進する「バーチャル秋葉原」を2022年4月1日にオープンしました。
生活者はPC用のアプリやVRゴーグル、Webブラウザを通じて、世界中のどこからでもいつでも秋葉原の魅力を楽しむことができます。バーチャル空間に、買い物ができる店舗やギャラリースペース、広告用サイネージを設け、コンテンツホルダーをはじめとする多様な企業が、リアルのみ、オンラインのみに続く“第三のチャネル”として情報発信や販促活動などに活用することが可能です。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

【「バーチャル秋葉原」開発の背景と概要】
コロナ禍でインバウンド需要が減少する中、秋葉原ならではのコンテンツを創出して国内外に安全・安心に情報発信することや、クリエイターが活躍できる新たな場の構築、新しいコミュニケーションの創出などが課題となっています。また、DNPは2021年から、リアルとバーチャルを融合する「XR(Extended Reality)」の技術を活用し、自治体や施設管理者公認の空間を構築・運用するXRコミュニケーション事業*2を推進しています。
DNPは地域活性化を目指す“地域共創型XRまちづくり”の一環で、千代田区、千代田区観光協会、AKIBA観光協議会の協力のもと、地域の課題解決につながる空間開発や機能設計を行っています。「バーチャル秋葉原」では、地域の事業者の賛同を得ながら、メインストリートの一つ、中央通りの万世橋から神田明神下交差点までのエリアや「神田明神」をバーチャル空間に再現しました。この空間では実際の店舗をバーチャルショップとして活用できるほか、中央通りの空中にギャラリースペースを設けるなど、バーチャルならではの拡張も行っています。街の魅力のひとつである「サブカルチャー」や歴史ある「神田明神」の魅力を国内外に発信するとともに、地域・企業・クリエイター・ファンをXRでつなげることで地域経済の活性化を促し、コンテンツ市場のさらなる拡大と新たな“秋葉原ファン”の創出を図ります。

【「バーチャル秋葉原」のポイント】
1.リアルな街並みとバーチャルショップ
秋葉原の景観の特徴である商標の看板等も、地域の事業者の協力によって再現します。一部のバーチャルショップでは商品等の陳列ができるスペースを設け、ECサイトに誘導して購買につなげることも可能です。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

2.アバターが集える大型モニターやギャラリーを配置
空間内には、利用者の分身であるアバターが集まり同時に映像を視聴するウォッチパーティーのモニターや、商品・作品が展示できるショップやギャラリー、広告サイネージなどを配置します。企業はコンテンツを提供し、実装するだけでバーチャル秋葉原に参画できます。
[画像5: (リンク ») ]

3.アニメ・マンガの知的財産(IP)の二次創作を可能とするビジネススキームを構築
アニメやマンガのIPの取り扱いのほか、コンテンツホルダーとの新たな取り組みとして、クリエイターによる同IPの二次創作を可能とするビジネススキームを構築し、空間内で展示販売します。コンテンツはNFT(非代替性トークン)で管理し、健全な創作ビジネスの循環を実現します。
[画像6: (リンク ») ]

4.グローバルファンへの認知集客
北米を中心としたアニメファンが交流するMyAnimeList(マイアニメリスト)*3と連携し、海外アニメファンの集客を行い、世界中のアニメファンの交流の場を作ります。また海外のクリエイターとファンが集うMediBang(メディバン)*4と連携し、クリエイターによる二次創作作品の展示販売を行うなど、海外ユーザーに向けた認知拡大を行います。

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

【公開予定コンテンツ】
さまざまなIPとコラボレーションしたイベントやIPの二次創作プロジェクトを順次展開していく予定です。
○電音部×バーチャル秋葉原 supported by ASOBISTORE(4月6日迄公開予定) ※Webブラウザ版のみの公開
バンダイナムコエンターテインメント公式エンタメコマースサイト「アソビストア」がバーチャル秋葉原に出店し、ダンスミュージックをテーマにした音楽原作キャラクタープロジェクト「電音部」の商品をバーチャル空間内のショップで販売します。また空間内のビジュアルジャック、コンテンツ視聴できるウォッチパーティーを予定しています。
○「昭和百年展」(4月10日より公開予定)
東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYAと名古屋PARCOで実施した新進気鋭のクリエイター21人によるアート展の作品を「バーチャル秋葉原」にて展示します。作品をモチーフにしたグッズ販売なども予定しています。
○細田守監督最新作・映画「竜とそばかすの姫」BD・DVD販売記念企画(4月中旬以降公開予定)
BD・DVD販売に合わせて、作品の魅力を訴求する場面写真の展示やプロモーション動画の配信を予定。 リアルな家電量販店と連動した販売企画も予定しています。
○「神田明神」歴史紹介(4月中旬以降公開予定)
神田明神の境内を散策できるVR空間を一般公開します。神田明神や東京の歴史文化を知る史料展示などを予定しています。
[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]

■「バーチャル秋葉原」の動作環境 : PC用のアプリまたはWebブラウザで利用できます。
○アプリ版 : DMMの「Connect Chat」*5で利用できます。Windows PCおよび一部VRゴーグルに対応。
○Webブラウザ版 : PCまたはスマートフォンのブラウザで利用できます。
バーチャル秋葉原公式サイト: (リンク »)
アプリ版・Webブラウザ版の楽しみ方については、バーチャル秋葉原公式サイトにてご案内します。

【今後の展開】
DNPはAKIBA観光協議会と「バーチャル秋葉原」委員会の参加企業・団体や協業パートナーとの連携のもと、空間の活用プランやサービスメニューを拡張するなど、企業やクリエイター、ファンが「バーチャル秋葉原」に参加しやすい環境を整備していきます。
また「ジャンク通り(通称)」や「駅前広場」などの空間の拡張を行い、幅広く秋葉原の魅力を発信すると同時に、XR技術を通じてリアルな秋葉原との連動を強化することで、さらなる地域活性化を目指します。

*1 合同会社AKIBA観光協議会について → (リンク »)
*2 XRコミュニケーション事業 について: (リンク »)
*3 MyAnimeList : (リンク »)
*4 MediBang : (リンク »)
*5 合同会社DMM.com「Connect Chat」について→ (リンク »)

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。今後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]