編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

Contentserv、4/19にアドビらグローバルMarTech系3社と「顧客体験の最適化に向けたコンテンツ管理」について共同セミナーを開催

株式会社Contentserv

From: PR TIMES

2022-04-10 23:40

「Adobe Summit 2022」発表のAdobe Experience Manager 最新情報も紹介!

商品情報管理 (PIM) ソリューションのリーディングプロバイダーであるContentservは、グローバルMarTech系企業のアドビ株式会社およびトランスパーフェクト・ジャパン合同会社、株会社Yext(イエクスト)と共同で、2022年4月19日に顧客体験の最適化に向けたコンテンツ管理についてWebセミナーを開催いたします。
詳細はこちら: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

コンテンツを介したコミュニケーションでは、国内のみならず国外含め最適な顧客体験を構築することが、コンテンツ制作及び管理において必要不可欠な要素となってきます。

本ウェビナーでは、Adobe Experience Managerを軸としたコンテンツ管理ソリューションを提供するアドビと、サイト内検索ソリューションを提供するYext(イエクスト)、翻訳管理ソリューションを提供するトランス・パーフェクト、PIMを活用したデジタルシフトと顧客体験を提供するContentservの4社が、最適な顧客体験を提供する方法について、それぞれの視点から事例を交えてご紹介いたします。アドビセッションでは、3月16日~17日に行われたAdobe Summitで発表されたAdobe Experience Managerの最新情報についてもご紹介します。

■ 開催概要


配信日時:2022年4月19日(火) 14:00-16:00
開催形式:オンライン
お申込み(アドビ申込サイトへ移動します): (リンク »)
参加費用:無料


■ 本セミナーに参加して得られること


Webサイトに欠かせないCMSツール、Adobe Summitで発表されたAdobe Experience Managerの最新情報が聞ける
検索エンジンの進化と検索体験の向上、顧客体験を変えるAI検索について把握できる
多言語でのデジタル体験最適化のために有用なツールや戦略について確認できる
商品情報管理(PIM)を活用したデジタルシフトと顧客体験の創出方法についてわかる
マーケティングテクノロジーのグローバルトレンドについて国内外の事例を通じて把握できる


■プログラム


第1部 アドビセッション【顧客体験を支えるコンテンツ管理のあるべき姿】
第2部 Yextセッション【顧客体験を向上させるAI検索への対応】
第3部 トランス・パーフェクトセッション【顧客体験最適化のためのグローバルコンテンツ戦略】
第4部 Contentservセッション【デジタルビジネスとプロダクトコンテンツの重要な関係】


■登壇者紹介
・原 周一郎 (Shuichiro Hara)
 アドビ株式会社
 デジタルエクスペリエンス事業本部 ソリューションコンサルティング部 シニアマネージャー
 プロフィール:SIerにて、プログラマー、システム設計を経験したのち、2002年にアドビ入社。アドビでは、エンタープライズのお客様向けにPDF、Flashの活用促進、コンサルティングに従事。2011年よりAdobe Experience Cloudの日本での普及、促進を担当。主に顧客体験とテクノロジーの観点から、エンタープライズのお客様へのCXM(顧客体験管理)ソリューションの提案活動を行っている。

・笹原 健 (Takeshi Sasahara)
 株式会社Yext(イエクスト)
 セールスエンジニアリング部 ディレクター
 プロフィール:2008年から2014年までアドビ(オムニチュア)に在籍。2014年に米国アドテク企業の日本法人立ち上げを経験後、2019年からYextでAI検索プラットフォームのプリセールス部門を統括している。

・小杉 弘樹 (Hiroki Kosugi)
 トランスパーフェクト・ジャパン合同会社
 営業開発部 ディレクター 小杉 弘樹 (Hiroki Kosugi)
 プロフィール:2010年にトランスパーフェクト入社後、営業開発ディレクターとして、多数の日本企業におけるコンテンツ多言語展開を支援。現在はパートナー企業と共に、翻訳管理テクノロジー「GlobalLink」の普及に注力している。

・渡辺 信明 (Nobu Watanabe)
 株式会社Contentserv
 代表取締役
 プロフィール:国内SI企業、外資系ソフトウェア企業を経て、2005年にベンチャー企業の創業に参画。ソフトウェア事業を統括し、株式上場を果たす。2017年に株式会社Contentservを設立し、代表取締役に就任。Contentserv日本・アジアパシフィック地域を統括する。

*****
■ 株式会社Contentservについて
Contentserv(コンテントサーブ )は、商品情報管理(PIM)ソリューションのリーディングプロバイダーです。各リージョンの拠点および広範なパートナーエコシステムを通じて、商品情報管理(PIM)、マスターデータ管理(MDM)、デジタルアセット管理(DAM)統合型Product ExperienceCloudを展開しています。あらゆるチャネルに対して最適化されたリッチ・コンテンツをリアルタイムに提供することによって、企業の持続的な成長とブランド価値の向上を支援します。Contentservは、89カ国の500社以上の小売業や製造業のお客様の営業、マーケティング、経営企画、製品開発、情報システム等さまざまな部門で利用されています。

Webサイト: (リンク »)
Twitter:  (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Youtube:  (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]