編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

食品などの保管温度計測を「ハサレポ」で拡大!温度センサー本体まるごと-30℃冷凍庫内に設置が可能に

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2022-04-07 20:17

ラトックシステム株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:近藤 正和、以下「ラトックシステム」)は、IoTで自動計測する温度管理システム「ハサレポ」の温度センサーが、冷凍設備内の設置に対応したことをお知らせします。



ハサレポは、おもに食品を扱う現場へ提供している温度管理システムです。保管庫や冷凍・冷蔵設備などに温度センサーを設置し定期的に計測、クラウドに記録、アラート通知、帳票出力をおこないます。
[画像1: (リンク ») ]


この度、-30℃~60℃の条件下で温度センサーBOX部の動作テストを実施。通信機能と電池を備えたBOX部を含めて、冷凍・冷蔵設備内で正常に動作することを確認しました。

HACCP対応温度管理システム「ハサレポ」の紹介ページ
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


■-30℃庫内設置対応の経緯

本システムのデータ通信には、見通し最大500m、中継器の使用で1kmの範囲で電波が届くWi-SUNを採用しています。センサーからクラウドまではすべて無線で構成、広い敷地で柔軟性の高い設置が必要な食品保管現場などの利用を想定しています。

これまで、冷凍施設など5℃~45℃以外の場所の温度を計測する際には、温度センサー部分のみを庫内に設置し、Wi-SUN通信機能と電池の入ったBOX部は庫外とすることを条件としていました。温度センサーにはBOX部からの長さが5mあるサーミスタを採用しているため、小型の保管設備では対応可能ですが、コンテナタイプの冷凍・冷蔵庫など大きな収納庫では、計測できる範囲に制約が発生していました。

そこでBOX部の動作温度範囲を見直し、-30℃~60℃を対応範囲としました。-30℃までの冷蔵倉庫であれば、温度センサーをBOX部ごと入れて、温度の自動計測とモニタリングすることが可能となりました。
[画像3: (リンク ») ]


■サーミスタ温度センサーの設置要件(乾電池と無線について)

電源について
これまではアルカリ乾電池EVOLTAを推奨としていましたが、リチウム乾電池の使用を必須といたします。試験センターでの高温低温試験テストでは、Panasonic製リチウム乾電池 FR6HJ/2B を使用しました。

※水温・湯温の計測向けPT100センサーは、従来通りBOX部の動作温度は5~45℃、アルカリ乾電池はEVOLTA推奨となります

無線について
低温であっても、無線通信は問題なくおこなわれます。ただし、密閉された庫内に設置すると、外部へWi-SUN電波が届きにくくなり、クラウドへの記録漏れリスクが高まります。本製品はBOX内部のメモリーに一定期間温度を蓄積する機能を搭載しています。一時的に通信が切れても、手動でメモリーからクラウドにデータを補完できます。
[画像4: (リンク ») ]


本サービスは、クラウド、通信利用料込みの年額15,000円から利用可能です。(ゲートウェイ1台あたりの料金。温度センサーなどのハードウェアは別途購入が必要です。)

これからも、現場の声に応えたソリューションを提案していきます。

■ハサレポの特徴


食品の保管庫や冷蔵庫の温度、水温を自動計測
定期的(5分ごと)に無線で送信
設定温度範囲を超えたらスマホにアラート通知
温度範囲を食品ごとにDB化、アラート通知条件に適用可能
温度データを蓄積してグラフ化、帳票印刷も可能
温度センサー(サーミスタ)は2点計測、ケーブル長5m
温度センサー(Pt100センサー)は1点計測、ケーブル長3m、防水設計
BOX内蔵センサーで室温、湿度も同時に計測
温度センサーは電池駆動(単3電池3本)
ゲートウェイ-温度センサー間はWi-SUN接続、中継器使用で最大1km(見通し)
※中継器を使用しない場合は最大500m(見通し)
ゲートウェイ1台に温度センサーを最大12台まで接続可能(中継器使用時)
※中継器3台に温度センサーを各4台接続した場合。ゲートウェイと温度センサー直結では最大4台。
ゲートウェイとクラウドはLTE-M接続、配線やネットワーク設定は不要
CSV出力に対応


■参考価格 (税別、1台あたり)
年間使用料:15,000円/GW(クラウド利用料、通信料、アプリ更新料込) ※ゲートウェイ1台あたり
ゲートウェイ:50,000円
温度センサー(サーミスタ2点計測 ケーブル長5m×2):70,000円
温度センサー(Ptセンサー1点計測 ケーブル長3m):70,000円
中継器:40,000円

■関連URL
温度管理システム ハサレポ(システム紹介ページ)
(リンク »)


▼ 本システムに関するお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 東京支店 コーポレート・ソリューショングループ
住所 : 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町18-11 COSMO 8 6階
電話 : 03-5847-7600
メールフォーム : (リンク »)

▼ 報道関係の方のお問い合わせ先
ラトックシステム株式会社 広報 大塚
住所 : 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-18-4 Osaka Metro南堀江ビル 8階
電話 : 06-7670-5056
メールフォーム : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]