編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

THK、SmartDB(R)で数百万件にのぼる製品の情報を一元管理~散在するオンプレミスシステムをクラウドノーコード開発基盤に統合~

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2022-04-26 10:00

 「デジタルの民主化」のリーディングカンパニー 株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、このたびTHK株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:寺町 彰博、以下 THK)が社内DX活動の一環で大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)(スマートデービー)」を導入し、製品情報の一元管理、開発工程の業務デジタル化をすべく2022年5月から本格利用を開始することを発表します。




[画像1: (リンク ») ]


■製品の一元管理のため、複数システムを刷新・統合
 THKは、産業機器事業・輸送機器事業を中心に世にない新しいメカニズムを提案していく創造開発型企業です。 1971年創業以来、産業機械の性能向上に大きく貢献してきた直動案内部品の分野では世界トップシェアを誇ります。 さらなる事業成長のため、製品の用途拡大に向けて開発スピードの向上を図るとともに、未来を見据えた次世代製品の開発を推進しています。
 THKが提供する製品の数は数百万件にのぼり、製品情報の緻密な管理が求められます。 しかしビジネスの拡大や製品数の増加に伴い、各部門が独自に創意工夫を重ねてきた従来型の管理手法の上に、さらにデジタル領域を活用することで部門横断的な共通思想をバックグラウンドとした施策実行の必要性が増しました。
THKでは、管理効率・業務効率の大幅な改善に向け、この要件を満たす最適な共通プラットフォームとなるシステムの検討を開始しました。

■部門横断の高度な業務に対応できる拡張性がSmartDB(R)採用の決め手に
 THKが新しい基盤を選定するにあたり重視したポイントは、開発の柔軟性や設定項目の自由度でした。 各部門で利用しているツールが統一されていなかったことから、各々の業務に必要な製品情報の管理項目が多岐に渡っており、新システムでのデジタル化にあたっては各現場のニーズに対応できる必要がありました。
 SmartDB(R)は標準機能での業務カバー範囲が広く現場ニーズに応えられる安心感があり、また、検討期間中にドリーム・アーツが作成したプロトタイプを見て利用イメージを掴めたことが、新システムを決定する上での判断材料に。 さらに、SmartDB(R)の柔軟でありながら厳密な権限管理により適切かつスピーディーな情報共有が可能であることで、部門を横断して連携する業務にも適用できることが大きな後押しとなりました。

[画像2: (リンク ») ]



■THK株式会社 経営戦略統括本部 情報システム統括部 チームリーダー 庄司 裕紀 氏からのコメント
 THKでは、経営戦略の軸として捉えている「グローバル展開」や「新規分野への展開」に加え、デジタルを活用した「ビジネススタイルの変革」を目指しています。 その一環として、今の時代にあった顧客体験価値の再構築と定型業務の自動化を目的に、部門横断的にデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する活動をおこなっています。
 SmartDB(R)による業務デジタル化は、あらゆる営業活動の起点となる製品情報の一元管理から着手し始めました。 実は検討の際、もし要件を満たすツールがなければ自社でスクラッチ開発することも視野に入れていましたが、SmartDB(R)がもつ開発柔軟性や機能拡張性はまさに弊社の求めるものでした。
 今後、現行システムでおこなっている業務を順次SmartDB(R)に置き換えていくことを想定しています。 ドリーム・アーツには、THKのDXを実現する協創パートナーとして引き続きご支援いただけることを期待しています。


 ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つ
トータルソリューションを提供してまいります。

[画像3: (リンク ») ]

SmartDB(R)(スマートデービー)について  (リンク »)
SmartDB(R)は、大企業市場シェアNo.1(※)の業務デジタル化クラウドです。 現場個別の業務から全社横断業務までノーコード・ローコードで開発可能。ワークフローとWebデータベースを中心に多彩な機能をもち、柔軟な外部システム連携、きめ細やかな権限管理、高度なセキュリティ要件にも対応しています。 三菱UFJ銀行や大和ハウス工業、立命館大学など、大企業を中心に50万名以上が利用中です。 サービス基盤としてマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。
※テクノ・システム・リサーチ「2021年 SaaS型ワークフロー市場メーカーシェア(従業員数1,000名以上)」より

株式会社ドリーム・アーツについて  (リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。 「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。 大企業向け業務デジタル化クラウドSmartDB(R)、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]