編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

日本最大級のゴルフポータルサイト「GDO」にて、CDP、行動分析、マーケティングオートメーションが連携したプラットフォームを構築

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2022-04-26 11:10

~「Salesforce Marketing Cloud」、「Treasure Data CDP」と『Amplitude』のデータ連携を実現~

株式会社セールスフォース・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出 伸一)、トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三浦 喬)、株式会社ディレクタス(本社:東京都品川区、代表取締役:岡本泰治)、株式会社NTTドコモのマーケティング分野における新規事業型子会社である株式会社DearOne(本社:東京都港区、代表取締役:河野恭久、以下:DearOne)の4社は共同で、株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石坂信也、以下「ゴルフダイジェスト・オンライン」)が運営するゴルフ専門ポータルサイト「GDO」にて上質な顧客体験を実現するために、カスタマーデータプラットフォーム(CDP)、行動分析、マーケティングオートメーションが連携した次世代のマーケティングプラットフォームを構築しました。本取り組みでは、DearOneが日本総合代理店を担う行動分析ツール『Amplitude(アンプリチュード (リンク ») )』を導入しました。



[画像1: (リンク ») ]

■GDOの共通マーケティングプラットフォーム

[画像2: (リンク ») ]

■行動分析ツール『Amplitude』導入の背景・課題
ゴルフダイジェスト・オンラインでは、ゴルフ場予約、ゴルフショップ、ゴルフニュース、ゴルフレッスンなど、ゴルフに関するサービスを総合的に展開しているゴルフポータルサイト「GDO」を運営しています。
コロナ禍でユーザーから求められる商品や消費行動の変化が早くなり、この変化の速度に対応できるマーケティングコミュニケーションの仕組みを作る必要が出てきました。

変化に対応できるマーケティングコミュニケーションの仕組みとは、ユーザー行動の分析から示唆出し、データ抽出、連携、施策実行までを早く、多く実現できる仕組みです。
そのためには各プロセスのデータ連携を自動化させることが重要でした。

そこで、行動分析ツール『Amplitude』を導入して他のマーケティングソリューションとのデータ連携を自動化し、施策実行回数の増加を図りました。

■『Amplitude』による顧客データ分析業務の改善検証
Amplitudeの導入にあたっては、施策の実施速度の向上が実現できるか、PoC(Proof of Concept:概念実証)を実施しました。

ゴルフダイジェスト・オンラインでは、マーケティング施策を行う際に以下のプロセスで進めています。

データ分析をもとにマーケティング施策の仮説立てをしたうえでテストの実施とその効果検証を行う
良い結果が得られればコミュニケーションシナリオとして実装する


このプロセスにおいて、ゴルフダイジェスト・オンラインのデータベースから、顧客へのメール配信で使用しているSalesforce Marketing Cloud(以下 Marketing Cloud)へのデータ連携は、日次でのデータ連携を行っていました。そこで、データの保存先をCustomer Data Platform(CDP)のTreasure Data CDPに変更し、Treasure Data CDPからユーザーの行動データをAmplitudeへ渡し、Amplitudeの分析結果からメール配信先データを Marketing Cloudに自動連携することで、施策実行までの速度を上げ業務効率化が実現できる、という点に期待してPoCを行いました。

さらに、Amplitudeが持つ「予測分析機能」についても分析速度・精度の向上に関する検証を行いました。

検証ポイントと結果は以下の通りです。
[画像3: (リンク ») ]

「データ連携の自動化におけるマーケティングソリューション相関図」

このような結果から、ゴルフダイジェスト・オンラインは行動分析ツール「Amplitude」の本導入を決定しました。

■株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン 執行役員 CMO/CIO 志賀 智之氏コメント

[画像4: (リンク ») ]

Amplitudeは本格的なCustomer Intelligence機能(顧客分析機能)だけでなく、マーケティングアクションのために配信エンジンへ顧客リストを自動連係してくれます。ただ分析して終わるのではなく、マーケティングアクションを自動化することで、自動化開発(SQL開発)が不要になり、さらには顧客からのフィードバックデータをもとに再分析し顧客リストの抽出ロジックを素早くチューニングできます。今後、セグメントターゲティング、ロイヤリティマーケティングや、さらにはマーケティングオートメーションの活用を考えているなら、Amplitudeはマーケッターにとって、非常に強力なツールになると考えられます。

■株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)について
株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインは「多様性を認め合い、人生を楽しむことができる寛容な社会を目指す」ことを理念として掲げ、ゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を提供するゴルフ専門ポータルサイト「GDO」を2000年より展開しています。
近年はゴルフにデータ/テクノロジーを融合した打球追跡システム「トップトレーサー・レンジ」やゴルフレッスン・スタジオ「GOLFTEC」の運営、「スピードゴルフ」「スノーゴルフ」などゴルフの多様性を追求するイベントなどを展開し、ゴルフを通じて豊かで「あそび」のある生活を提供しています。

■トレジャーデータ株式会社 代表取締役社長 三浦喬コメント

[画像5: (リンク ») ]

この度、株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインのマーケティングプラットフォーム構築をご支援できたことを大変嬉しく思います。この取り組みにより、株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインは顧客満足度向上と業務負荷の軽減という今まで同時に叶えることが難しかった課題に対して、成果を獲得されました。
今後も、トレジャーデータは株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインとの連携をさらに強固にし、ニーズを捉えたソリューション提供を通じて、顧客そして、世の中に新しい価値を提供してまいります。

■トレジャーデータ株式会社について
2011年に設立されたトレジャーデータは、市場の草創期よりCDP を提供しています。トレジャーデータが提供する「Treasure Data CDP」はデジタルトランスフォーメーションの基盤であり、企業のデジタルトランスフォーメーションに必要な顧客理解、顧客体験の最適化をサポートします。企業は既存の仕組みと「Treasure Data CDP」を連動させて、様々なデータを柔軟に収集、大規模かつセキュアに統合・分析することができます。2012 年11月、事業開発および技術開発の拠点として、東京に日本法人であるトレジャーデータ株式会社を設立、日本市場での本格的な事業展開を開始し、現在では、日本を起点にアジア太平洋地域へとビジネス領域を拡大・展開しています。その他、カナダ、韓国、インド、イギリス、フランス、ドイツに拠点を置いています。「Treasure Data CDP」は、急成長中のCDP 分野でリーダーの地位を確立しています。フォーチュン500やグローバル2000のエンタープライズ企業をはじめ、450社以上の顧客企業を有します。

■株式会社ディレクタス 代表取締役 岡本泰治コメント

[画像6: (リンク ») ]

今回、ゴルフダイジェスト・オンライン様の先進的な取り組みをご一緒に推進できたことを大変嬉しく思います。今後もテクノロジーのポテンシャルを最大限引き出し、本来あるべき顧客コミュニケーションの実現をお手伝いしていきたいと考えています。

■株式会社ディレクタスについて
株式会社ディレクタスは、創業以来約30年、一貫してクライアントのデジタルCRM領域を支援しています。顧客データを活用したマーケティング活動の支援をしており、具体的には、各種マーケティングツールの活用、企画プランニング、コンテンツ制作、データ分析/BIツール運用の支援をしています。

■株式会社DearOne 代表取締役社長 河野恭久コメント

[画像7: (リンク ») ]

日本最大級のゴルフポータルサイトを運営されるゴルフダイジェスト・オンライン様における、国内有数のマーケティングプラットフォーム構築に寄与できたことを心よりうれしく思います。

CX(カスタマーエクスペリエンス)を重要視されるゴルフダイジェスト・オンライン様において、今回導入いただいた行動分析ツール「Amplitude」はユーザーの理解を深め、より良い顧客体験を生むことに貢献できると確信しております。今後もGDOのグロースに向けご支援を続けてまいります。

■Amplitudeについて
Microsoft、Twitter、Walmartをはじめとした世界45,000サービス以上に導入されている米国発の行動分析ツールです。アプリやWebなどのオンラインデータと、店舗POSなどのオフラインデータ全てを統合して顧客の行動分析を簡単に行うことが可能です。豊富なチャートを標準搭載し、専門的なデータサイエンティストがいない環境下であったとしても、マーケターやプロダクトマネージャー自身が簡単な操作で直感的に、そして短時間にデータ分析を行えます。

■株式会社DearOneについて
株式会社NTTドコモのマーケティング分野における新規事業型子会社です。2021年4月1日、株式会社ロケーションバリューから商号変更しました。スマートフォン黎明期から積み重ねたアプリ開発ノウハウを元に、プッシュ配信機能やクーポン機能をはじめとした豊富なアプリ機能の中から、企業や金融機関・官公庁・自治体が必要とする機能を組み込むだけで公式アプリを開発できる「ModuleApps」を提供しています。
また、米国No.1のユーザー行動分析ツールである「Amplitude」の日本総合代理店として、Amplitude認定資格を有したグロースチームによる、Amplitudeのサービス組込みから分析示唆出しを総合支援するメニューを提供。
そのほか、アプリのスクラッチ開発から、DMP/CDPの構築、分析業務、プロモーション支援等、企業のデジタルトランスフォーメーションの支援を行っています。
・代表者:代表取締役社長 河野 恭久
・本社:東京都港区虎ノ門 3-8-8 NTT虎ノ門ビル 4階
・URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]