編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

クリエイター支援サービス「pixivFANBOX」が4周年を迎えて記念インフォグラフィックを公開。3人に1人が海外ユーザーに・登録クリエイター数は920万人を突破

ピクシブ株式会社

From: PR TIMES

2022-04-27 20:40

ピクシブ株式会社(代表取締役:國枝信吾、本社:東京都渋谷区)が運営するクリエイター支援サービス「pixivFANBOX」が、2022年4月26日(火)にサービス開始から4周年を迎えた記念に、クリエイターとファンのつながりに関するデータや、これまでのサービスの成長を振り返るインフォグラフィックを公開しました。



[画像1: (リンク ») ]


pixivFANBOX4周年記念インフォグラフィック: (リンク »)

pixivFANBOXとは、クリエイターの継続的な創作活動を応援するためのファンコミュニティが集まる、月額のサブスクリプションプラットフォームです。pixivFANBOXを利用することで、ファンはクリエイターを毎月支援することができ、クリエイターは創作の裏話を支援者だけに公開したり、支援者とのコミュニケーションを楽しむことができます。

サービス開始からこれまでの4年間で、ユーザー数は920万人、登録クリエイター数は15万人を突破しました。現在では全体のアクセスのうちの30%以上が日本国外からのユーザーによるものとなっており、クリエイター・支援者ともに国や地域を問わずさまざまな方々にご利用いただいています。FANBOXでは日々たくさんの投稿がクリエイターからファンに向けて発信されており、累計投稿数は230万件を突破しました。

[画像2: (リンク ») ]



■創作活動の輪が世界に拡大
2022年4月現在、pixivFANBOXを利用する海外ユーザー数は全体の30%以上を占めており、創作活動を通して地域や言語を越えた多様なコミュニケーションが生まれています。

pixivFANBOXでは今後のさらなる国際化を視野に入れ、英語版の公式FANBOXアカウントの開設や、ユーザー参加型公式企画の英語対応をはじめるなど、運営改善を進めています。
また、日本のクリエイターが海外のファンに作品を届けやすくするための環境づくりとして、2022年3月にはMantra株式会社のマンガ自動翻訳エンジン「Mantra Engine」を特別優待価格でクリエイターに提供する取り組みを開始しました。

pixivFANBOXは、今後も地域や言語を越えてクリエイターとファンがつながり、いつでもどこでも、誰もが自由な創作活動を楽しめる場所をつくることを目指しています。


[画像3: (リンク ») ]


■動画配信、3D、小説など多様なクリエイターが参加
クリエイターの7割はイラストまたはマンガ作品を中心に投稿しています。近年では、クリエイターの活動ジャンルは多様化しており、動画配信プラットフォームで活躍するクリエイターや、メタバース・VR市場の成長に伴い3D系のクリエイターも増加傾向にあります。
[画像4: (リンク ») ]


■ファンとの交流がクリエイターのモチベーションに
現在、pixivFANBOXを利用するクリエイター1人が1年のうちにファンから受け取る反応の数は、投稿へのいいねが約33件、コメントが約12件となっています。
[画像5: (リンク ») ]


支援者1人がpixivFANBOX上で支援しているクリエイター数は2.9人となっており、多くのファンが複数名のクリエイターを支援しています。
多くのクリエイターが、コメント機能やいいねを活用したファンとの双方向的な交流を通して創作活動を続けるためのポジティブなモチベーションを獲得しており、創作活動を持続させる土壌を生み出しています。
[画像6: (リンク ») ]


■pixivFANBOXのこれから
5年目をむかえ、これからもユーザーのみなさまが安心して楽しく創作に取り組めるよう、さまざまな機能の追加・改善、企画の開催を予定しています。

今後は既存の「いいね機能」をアップデートし、クリエイターがさまざまな形でファンからの応援の気持ちを受け取れる「リアクション機能」の提供を予定しています。
他にも、クリエイターの間で広く普及しているコミュニケーションツール「Discord」との連携を2022年中に予定しています。
これらのアップデートについては、後日改めて詳細を発表させていただきます。

クリエイターの創作、そしてファンの応援の力で、双方の人生をより豊かにする。そんな世界を目指して、pixivFANBOXは5年目もさらなる成長を目指してまいります。


■pixivFANBOXとは (リンク »)
pixivFANBOXとは、クリエイターの継続的な創作活動を応援するファンコミュニティです。クリエイターは、ファンから毎月支援を得ることができ、創作の裏話を支援者だけに公開したり、限られたファンとのコミュニケーションを楽しむことができます。2022年4月26日(火)に4周年を迎えました。

■ピクシブ株式会社 (リンク »)
所在地 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル6F
代表取締役:國枝 信吾
事業内容:インターネットサービス事業
設立日:2005年7月25日

【本件に関するお問い合わせ先】
ピクシブ株式会社 村松・高橋・小出
メールアドレス:info@pixiv.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]