ドローン運用管理サービス「DroneNEXUS(ドローンネクサス)」を発表

クオリティソフト株式会社

From: PR TIMES

2022-04-27 18:17

~「防災DXで」安心・安全なまちづくりに貢献~



 クラウドソリューションおよびドローンソリューション事業のクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県西牟婁郡白浜町、代表取締役社長:浦 聖治)は、政府、自治体、DMO、企業にむけて、災害発生後の早期情報収集や避難誘導等に有用な「アナウンサードローン」の飛行を管理し、ドローン運用のセキュリティを向上させるクラウドサービス「DroneNEXUS(ドローンネクサス)」をリリースいたします。

近年、自然災害の被害が甚大になるなか、災害対策としてのドローン活用はいまや必須のものとなりつつあります。しかし、災害対策としてドローンを活用する場合、ただ飛ばせばよいだけではなく、操縦者のスキル管理や国土交通省からの飛行許可証の管理、ドローンのセキュリティ対策など、ドローンの運用には様々な情報管理が必要となってきています。

ドローンネクサスは、被害状況などの情報収集やスピーカーによる上空からの避難誘導等を想定した災害対策用「アナウンサードローン(※1)」のリアルタイム飛行ログ管理だけでなく、操縦者の情報や国土交通省からの飛行許可証の管理など、様々な情報を紐づけて一元管理しドローン運用をサポートするクラウドサービスです。
※1:「音声伝達システム」として特許取得済。(特許第6624747号)

災害対策用アナウンサードローン
[画像1: (リンク ») ]

■唯一の実用レベルのスピーカー搭載ドローン


40分の長時間フライト
降雨、強風でも飛行可能
環境によらず確実な音声伝達
双葉電子工業社製機体
運用に応じた機材オプション
多言語アナウンス



■ドローンネクサスの特長
ドローン運用をセキュアにサポートするマネジメント(管理)サービス

◯ドローン+操縦者+飛行許可証を紐付けして管理
飛行前に認証を必要とすることで、飛行を許可された操縦者のみ操作可能に。
◯飛行ログ管理
飛行時の機体情報と飛行情報を全てログとしてクラウドに保管。 「いつ、誰が、どの機体を、どこで、どのように」飛行したのかを管理することで、 正常にドローンの運用がされているかやトラブル発生時の原因究明に役立ちます。
◯国土交通省からの飛行許可の範囲で正しく運用しているかを管理
・業務外の飛行をしていないか
・トラブル発生時の履歴調査
・機体メンテナンスのための情報管理
などを他の情報とあわせて一元管理することができます。
◯ISO 27001/27017認証済
ドローン運用に関わる情報をセキュアな環境で扱う必要があるため、本サービスはISO 27001/27017認証済です。
◯管理画面

[画像2: (リンク ») ]



■ソリューション詳細
◯『防災DXで』安心・安全なまちづくりに貢献
  (リンク »)

■価格・販売体制
ドローンネクサスはアナウンサードローンとのセット販売、及び単体販売(※2)となり、サブスクリプションでのご提供となります。全国の販売パートナーを通じて販売いたします。
価格:オープンプライス
※2:アナウンサードローン以外の機体をお持ちの場合はご相談ください。

■本リリースについての問い合わせ先
クオリティソフト株式会社 ドローンビジネスチーム
dbc@qualitysoft.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]