編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

【2022年3月 イーアイデム会員対象 仕事探しに関するアンケート調査】不採用になった企業に送付した履歴書、「個人情報が心配なので返却してほしい」37.6%

株式会社アイデム

From: PR TIMES

2022-04-27 18:47

総合人材情報サービスの株式会社アイデム(本社:新宿区新宿/代表取締役社長:椛山 亮)は、2022年3月に総合求人サイト『イーアイデム』を通じて求人に応募した会員を対象に仕事探しに関する調査を実施しましたので、結果を一部抜粋してお知らせします。




調査結果

【新型コロナウイルス感染症の影響】
新型コロナウイルス感染症の影響で仕事を探している人は36.2%

【正社員を希望する理由】
「将来にわたって安定して働きたいから」が68.2%で最多。次いで「社会保険に加入できるから」51.8%、
「他の雇用形態より社会的な信用度が高いと思うから」38.8%

【パート・アルバイトを希望する理由】
「自分の都合の良い時間や曜日に働きたいから」が62.2%で最多。
次いで「生活との両立を図りたいから」43.0%、「扶養の範囲内で働きたいから」25.9%

【提出した履歴書について】
不採用になった場合、履歴書を「廃棄してくれれば、返却しなくてもよい」は43.1%、「もう使わないが、個人情報が心配なので返却してほしい」37.6%、「また使いたいので返却してほしい」17.1%


調査概要

調査対象:総合求人サイト『イーアイデム』の会員で、2022年3月1日~2022年3月31日の期間に『イーアイデム』から求人に応募した人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年3月1日~2022年4月5日
有効回答:336名
※調査結果は四捨五入のために合計が100%にならない場合があります


調査結果の詳細

【回答者プロフィール】

[画像1: (リンク ») ]


【新型コロナウイルス感染症の影響】
新型コロナウイルス感染症の影響で仕事を探している人は36.2%

求人に応募した人に、今回仕事探しをしている理由に「新型コロナウイルス感染症の影響」は関連しているかをきいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受けた割合は36.2%と、4割を下回った。2021年12月以降、大きな変化は見られない。希望している雇用形態別にみると、影響が最も大きかったのは「派遣社員」の43.8%だった。この傾向は2021年10月から続いている。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


【正社員を希望する理由】
「将来にわたって安定して働きたいから」が68.2%で最多。次いで「社会保険に加入できるから」51.8%、「他の雇用形態より社会的な信用度が高いと思うから」38.8%

求人に応募した、正社員雇用を希望する人に、なぜ正社員を希望するのかをきいた(複数回答)。最も多かったのは「将来にわたって安定して働きたいから」で68.2%、次いで「社会保険に加入できるから」が51.8%、「他の雇用形態より社会的な信用度が高いと思うから」が38.8%となっている。
仕事探しにおける新型コロナウイルスの影響の有無との関連をみると、「感染症影響あり」の人は「感染症影響なし」の人よりも「将来にわたって安定して働きたいから」が13.1pt、「他の雇用形態より収入が得られると思うから」が5.8pt高くなった。感染症の影響で収入が減ったり、仕事を失うことになった人たちが、経験した不安を払しょくするための労働条件を強く希望していることがうかがえる。
一方、「感染症影響なし」の人は「感染症影響あり」の人よりも「興味のある仕事が正社員での募集だったから」が22.2pt、「自身のキャリア(仕事経験や意識・技術等)を維持・向上したいから」が18.5pt高かった。どちらの選択肢からも、仕事内容が自分の望むものかどうかを重視していることがうかがえる。
[画像4: (リンク ») ]


【パート・アルバイトを希望する理由】
「自分の都合の良い時間や曜日に働きたいから」が62.2%で最多。次いで「生活との両立を図りたいから」43.0%、「扶養の範囲内で働きたいから」25.9%

求人に応募した、パートまたはアルバイトを希望する人に、なぜその雇用形態を希望するのかをきいた(複数回答)。最も多かったのは「自分の都合の良い時間や曜日に働きたいから」で62.2%、次いで「生活との両立を図りたいから」が43.0%、「扶養の範囲内で働きたいから」が25.9%となった。
仕事探しにおける新型コロナウイルスの影響の有無について、「感染症影響あり」の人は「感染症影響なし」の人と比べて、「人間関係・組織にしばられたくないから」で9.3pt、「すぐに働き始めたかったから」が6.6pt、「生活との両立を図りたいから」で5.8pt高くなった。その他、「正社員としての職が得られないから」「正社員より採用されやすいから」なども「感染症影響なし」の人より高く、早く仕事に就きたいという思いがうかがえる。
「感染症影響なし」の人は「感染症影響あり」の人よりも「扶養の範囲内で働きたいから」で8.7pt高くなった。収入額に制限をかけつつも、可能な範囲で働きたいと活動している人が多いことがわかる。
[画像5: (リンク ») ]



【提出した履歴書について】
不採用になった場合、履歴書を「廃棄してくれれば、返却しなくてもよい」は43.1%、「もう使わないが、個人情報が心配なので返却してほしい」37.6%、「また使いたいので返却してほしい」17.1%

求人に応募した人に、履歴書の返却について尋ねた。仮に不採用となった企業に履歴書を送っていた場合、「また使いたいので返却してほしい」が17.1%、「もう使わないが、個人情報が心配なので返却してほしい」が37.6%で、半数以上の人が返却を希望していた。一方、「廃棄してくれれば、返却しなくてもよい」は43.1%で、情報の削除を前提に返却を不要とする人も多い。また、「履歴書を求めるところには応募しない」は2.2%だった。
希望する雇用形態別にみると、返却を希望する割合は「正社員」では半数以下、「パートまたはアルバイト」では6割弱だった。
男女別にみると、「また使いたいので返却してほしい」は「男性」では18.5%、「女性」では16.1%と「男性」の方が若干割合が高くなった。ただし、使用予定にかかわらず返却を希望する割合は「女性」の方が高くなっている(59.7%)。
年代別にみると、「30代以下」では他の年代と比べて履歴書の返却を希望する割合が低かった(37.5%)。反対に返却を希望する割合が最も高かったのは「50代」で63.4%だった。どの年代も「また使いたいので返却してほしい」の割合で大きな差は出ていないが、「30代以下」では個人情報を気にして返却を希望する割合が低い(23.4%)。また、「30代以下」では「履歴書を求めるところには応募しない」が約5%で、他の年代より履歴書の提出自体に難色を示す人がいるようだ。
[画像6: (リンク ») ]




調査・分析担当者のコメント

3月に新型コロナウイルス感染症の影響を受けて仕事探しをしている人は36.1%でした。年末以降横ばいが続き、変化が見られません。
今回の調査では、仮に不採用となった場合の履歴書の扱いに関して聞きました。送付した履歴書の返却を求めるかについて、「また使いたいので返却してほしい」は17.1%、「もう使わないが、個人情報が心配なので返却してほしい」が37.6%となり、返却を希望する割合は5割以上となりました。一方、「廃棄してくれれば、返却しなくてもよい」は43.1%で、「履歴書を求めるところには応募しない」は2.2%でした。
この4月には個人情報保護法の改正がありました。応募書類には様々な個人情報が含まれています。情報管理の見直しのきっかけになれば幸いです。

※ 本ニュースリリースは調査全文の一部を抜粋しているため、調査全文をご希望の際は、
下記広報担当へお問い合わせいただくか、下記のウェブサイトからダウンロードしてください。
(リンク »)

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社アイデム 広報担当/望月・栗木 電話:03-5269-8780

<株式会社アイデム 会社概要>
アイデムは1970年の新聞折込求人紙に始まり、人に「はたらく」感動を、企業には「人材」という価値をつなぎ、地域が発展できる社会の実現を目指してきました。求人サイト「イーアイデム」等の求人メディア、逆求人型新卒採用サイト「JOBRASS新卒」、採用ホームページ構築サービス「Jobギア採促」、新卒・中途の人材紹介といった時代の変化にも対応した採用支援だけでなく、労働雇用状況や社会の課題にも目を向けた調査分析、情報提供を行っています。これからもアイデムは、人と企業をつなぐ人材サービスを展開していきます。

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10 電話/03-5269-8711(代)  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]