編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

DXの先進事例をまるごと理解できる!『DXビジネスモデル 80事例に学ぶ利益を生み出す攻めの戦略(できるビジネス)』を2022年5月19日(木)に発売

株式会社インプレスホールディングス

From: PR TIMES

2022-05-18 13:17

発刊記念キャンペーンとして第1章&第2章を無料公開します

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、全80のDX先進事例をビジネスモデル化し徹底的に分析した新刊『DXビジネスモデル 80事例に学ぶ利益を生み出す攻めの戦略(できるビジネス)』を2022年5月19日(木)に発売いたします。



[画像1: (リンク ») ]


■最先端のDX事例を完全図解!
「DX」(デジタルトランスフォーメーション)はトレンドワードとしてニュースやSNSなどで多く取り上げられており、どんな事例があるか、どう取り組むか、どう経営に取り入れるかといった情報は語りつくされたといっても過言ではないでしょう。また、テレワークの推進が業務のDXを後押しした面もあり、いわば流行に乗って急速にDXを進めた企業は、そろそろその取り組みを評価するタイミングに差し掛かっているのではないでしょうか。そういう状況にあって、DXの成果が表れている企業とそうでない企業は何が違うのか、そもそも変革できたのか、どこで差がついたのかというのは関心の高いテーマです。そこで本書では、全80のDX先進事例を徹底的に図解。デジタルによってどのようにビジネスや業界に変革を起こし、収益をあげるのか。そのビジネスモデルをひもときます。

■ビジネスに落とし込むためのヒントが満載!
本書では全80のDX先進事例を「場を創造する」「非効率を解消する」「需給を拡大する」「収益機会を拡張する」の4つにカテゴライズして、収益化のポイントを分析。さらにカテゴリごとに、DXを実現するためのチェックシートを設けています。そのため、自社の事業領域でどのようにDX化を進めればよいか、検討を進めるためのフレームワークとしても活用できます。

<事例を4つのカテゴリに分けて収益化のポイントを分析>
1. 場を創造するビジネス
例)お金を払ってまで欲しい人がどのくらいいるか検証できる場「Makuake Incubation Studio」

2. 非効率を解消するビジネス
例)最適な委託先を自動算定することで調達コストを最小化する「CADDi」

3. 需給を拡大するビジネス
例)食品ロスの削減と飲食店の収益増を実現する「TABETE」

4. 収益機会を拡大するビジネス
例)駐車場運営を基盤にカーシェアビジネスへと躍進「タイムズカー」

<本書はこんな人におすすめします>


DXに取り組んだものの成果に疑問を感じている人
DXの収益化について知りたい人
起業家や経営者層、新規事業開発担当者
ビジネスモデルの分析に携わる人・アナリスト



■紙面イメージ


[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]

■発刊記念キャンペーンを実施。本書の第1章&第2章を無料公開します!
本書の発刊を記念して、第1章(DXの基本思想)と第2章(場を創造するビジネス)を期間限定で無料公開します。Webブラウザで下記URLにアクセスするとお読みいただけます。

・無料公開URL
(リンク »)
・実施期間
2022/5/18(水)0:00 ~ 2022/5/31(火)23:59

■目次
Chapter1 DXの基本思想
Chapter2 場を創造するビジネス
Chapter3 非効率を解消するビジネス
Chapter4 需給を拡大するビジネス
Chapter5 収益機会を拡張するビジネス
Chapter6 DXの実現方法

■書誌情報

[画像4: (リンク ») ]

書名:DXビジネスモデル 80事例に学ぶ利益を生み出す攻めの戦略(できるビジネス)
著者:小野塚征志
発売日:2022年5月19日(木)
ページ数:272ページ
サイズ:A5正寸
定価:2,090円(本体1,900円+税10%)
電子版価格:2,090円(本体1,900円+税10%)※インプレス直販価格
ISBN:978-4-295-001391-4
◇Amazonの書籍情報ページ: (リンク »)
◇インプレスの書籍情報ページ: (リンク »)

■著者プロフィール
小野塚征志(おのづかまさし)
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了後、シンクタンク、システムインテグレーターを経て、欧州系戦略コンサルティングファームのローランド・ベルガーに参画。
長期ビジョンや経営計画の作成、新規事業の開発、成長戦略やアライアンス戦略の策定、構造改革の推進などを通じてビジネスモデルの革新を支援。
内閣府「戦略的イノベーション創造プログラム スマート物流サービス 評価委員会」委員長、経済産業省「フィジカルインターネット実現会議」委員、経済産業省「Logitech分科会」常任委員、国土交通省「2020年代の総合物流施策大綱に関する検討会」構成員、経済同友会「先進技術による経営革新委員会 物流・生産分科会」ワーキンググループ委員、ソフトバンク 5Gコンソーシアム アドバイザーなどを歴任。

近著に『サプライウェブ-次世代の商流・物流プラットフォーム』(日経BP)、『ロジスティクス4.0-物流の創造的革新』(日本経済新聞出版社)など。

以上

【株式会社インプレス】 (リンク »)
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watchシリーズ」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、およびデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】  (リンク »)
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証スタンダード市場9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インプレスホールディングスの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]