編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

酒造現場向け品温管理システム「もろみ日誌クラウド」温調器との連携機能を追加

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2022-05-19 20:17

温調器の計測データ自動記録とリモートからの設定変更が可能に

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和、以下「ラトックシステム」)は、酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌クラウド」アプリをアップデート、新たに開発したRS485-Wi-SUN変換ユニットと組み合わせてデジタル温度調節器(以下、温調器)と連携する機能を追加しました。



[画像1: (リンク ») ]

酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌クラウド」(ラトックIoTソリューションサイト)
(リンク »)

温調器ともろみ日誌クラウドの連携で実現する機能

従来蔵まで足を運ばないとできなかった、もろみ、酒母の品温の確認と設定変更が遠隔地からスマホでおこなえるようになり、どこにいても状況に合わせた迅速な判断と対応が可能です。また計測値の自動記録と帳票作成により、品温管理にかかる労力を大幅に軽減します。

温調器で計測した温度を、自動でクラウドに記録(10分ごと)
温調器の設定温度を、スマホを使って遠隔で変更可能
仕込の事績管理や帳票作成など、もろみ日誌クラウドで提供する機能が利用可能



[画像2: (リンク ») ]

対応温調器

当社指定のモデルは以下のとおりです。

理化工業社 RZ100-MMN*N61/1-DD07、RZ400-MMN*N61/1-DD07
アズビル社 C15TR0RA0300
オムロン社 E5CC-RX2ASM-004


今後、対応機器の拡大を予定しています。
[画像3: (リンク ») ]



背景

もろみ日誌クラウドは、品温センサーにてもろみなどの品温を計測し、無線でデータを収集、遠隔からモニタリングできるシステムです。 当社が提供している品温センサーはあとづけで設置できるのが特長ですが、クーリングタンクなどの制御設備を導入済みのお客様からは、品温データを共通化したいという声をいただいていました。また、リモートで品温を確認し、その場で設定温度の変更までおこないたいという要望も多く、この度の機能追加に至りました。

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

もろみ日誌クラウドと温調器をつなぐRS485-Wi-SUN変換ユニットは、複数の温調器が接続可能なマルチドロップにも対応しており、これまでのPC周辺機器、ハードウェアの開発経験を活かしたインターフェイスとなります。

今後は、制御盤、動力盤等の警報信号をスマホに通知する機能も追加予定です。

導入方法

お客様が導入済みの制御盤に搭載している温調器が、RS485通信機能つきの当社指定モデルに交換可能であれば、改造にてもろみ日誌クラウドが使用できます。本システムはRS485マルチドロップに対応し、ひとつの変換ユニットで温調器4台までの接続に対応しています。

制御盤の改造については、対応の可否を含め当社または代理店へご相談ください。
[画像6: (リンク ») ]


ひとつの変換ユニットに各社の温調器を接続。最大4台まで接続可能(マルチドロップ接続)。
変換ユニットは制御盤の中に取り付け可能なコンパクトサイズです(アンテナは外部に引き出す必要があります)。
[画像7: (リンク ») ]

もろみ日誌クラウドアプリは、温調器をアドレスで識別します。各アドレスに対応するモデルを選択すると、利用可能になります。

製品概要

もろみ日誌クラウドは、酒造3工程(麹/酒母/もろみ)の品温管理を支援するシステムです。センサーで取得した品温は、事績ごとに自動で記録。蔵まで足を運ばなくても、遠隔からスマホやPCで確認。帳票の印刷までサポートします。品温のほか日本酒度やアルコールなど分析値、状ぼう写真を含めた事績をデータ化、技術の継承に役立てます。

また、冷却水を制御する品温管理機器との連携により、機器で計測した品温を自動でクラウドに記録、遠隔から機器の設定温度の変更までおこなうことが可能です。

もろみ日誌クラウドのオンラインセミナーを開催

「IoTは酒造りの現場をどう変えるのか」と題した、もろみ日誌クラウドオンラインセミナーを開催いたします。本セミナーでは、品温管理をシステム化することで日常の作業がどう変わるのか、実際にもろみ日誌のデモを交えてご紹介します。

参加費は無料。複数の候補から、ご都合のよい日時を選んでいただけます。
今後も随時、開催日の追加を予定しています。

開催日時:2022年6月9日(木) 、6月23日(木) 、7月7日(木) 、7月21日(木)
時間:各日 14:00~14:30、16:00~16:30

オンラインセミナーのご案内とお申し込み
(リンク »)
[画像8: (リンク ») ]


ラトックシステムについて

設立:1983年10月13日
代表取締役社長:近藤 正和
所在地:大阪府大阪市西区南堀江1-18-4 Osaka Metro南堀江ビル 8階
URL: (リンク ») (法人様向けサイト)
事業内容:
パソコン・スマートフォン関連のハードウェア、ファームウェア、アプリをワンストップで開発、販売しています。IoTデバイス開発とAWSクラウド連携によるシステムづくりを強みとし、自社システムのほか、お客様システムへの組み込み需要にも応えています。

関連URL


酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」
(リンク »)
もろみ日誌クラウドオンラインセミナー(ご案内と申込み)
(リンク »)


本システムに関するお問い合わせ先

ラトックシステム株式会社 東京支店 コーポレート・ソリューショングループ


住所:東京都中央区日本橋箱崎町18-11 COSMO 8 6階


電話:03-5847-7600


メールフォーム: (リンク »)

報道関係の方のお問い合わせ先

ラトックシステム株式会社 広報 大塚


住所:大阪府大阪市西区南堀江1-18-4 Osaka Metro南堀江ビル 8階


電話:06-7670-5056


メールフォーム: (リンク »)



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]