計算科学および人工知能分野で世界をリードするアルテア、2022年ATCxシリーズを開催

アルテアエンジニアリング株式会社

From: PR TIMES

2022-05-23 19:17

計算科学および人工知能(AI)分野で世界をリードするアルテアエンジニアリング株式会社(日本本社: 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン14階、代表取締役: 加園 栄一、本社:米国ミシガン州、CEO:James Scapa、Nasdaq:ALTR、以下:アルテア)は、2022年ATCx(エー・ティー・シー・エックス)シリーズを開催します。

■2022年ATCxシリーズ
(リンク »)

 持続可能な社会のため、製品設計における材料使用量の削減や、効率的な開発・運用を実現するAI、シミュレーション、HPCテクノロジーはますます重要になっています。アルテアはそれらのソリューションを開発、販売するグローバル企業です。

 ATCxシリーズは、アルテアが主催するグローバルシリーズのユーザー会「Altairテクノロジーカンファレンス(ATC)」から生まれた分科会です。アルテア(日本法人)のユーザー会は、1999年から規模を拡大しながら実施しており、2019年品川にて開催したATC※1ではのべ950名以上の方が来場、2021年にオンラインで開催されたFuture.Industry Japan※2においても約1000名の方が参加する、国内最大級のテクノロジーイベントになっています。特定の業界や製品にフォーカスするATCxシリーズにおいては、最新情報をより早くより深く共有する場として毎回活発な議論が行われています。
※1:2019年品川にて開催したATC( (リンク ») )
※2:Future.Industry( (リンク ») )

2022年のATCxシリーズは以下のとおり開催します。
[表: (リンク ») ]


※3:ATCx 自動車・次世代モビリティ( (リンク ») )
※4:ATCx 生産・製造技術( (リンク ») )
※5:ATCx 建機・農機( (リンク ») )
※6:ATCx 造船技術( (リンク ») )

「ATCx 自動車・次世代モビリティ」ではトヨタ自動車やSUBARU、「ATCx 造船技術」では日本海事協会など、各ATCxにてアルテア製品ユーザーよりご講演いただく予定です
また、AIや機械学習を用いた最新のソリューションもご紹介します。

ATCxシリーズはテーマにご興味をお持ちの方でしたら、どなたでも参加いただけます(競合企業や同業他社の方を除きます)。各ウェブサイトより事前登録の上、ご参加ください。
オンラインまたはオフラインでの開催を予定しております。
詳細は各ウェブサイトをご確認ください。

【アルテアについて(Nasdaq:ALTR)】
Altairは、計算科学と人工知能(AI)におけるグローバルリーダーとして、シミュレーション、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、データ解析、AI分野のソフトウェアおよびクラウドソリューションを提供しています。Altairは、多種多様な業界におけるお客様が、持続可能な未来を創造しコネクティッドな世界において力を発揮するためのテクノロジーを提供します。
詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

■アルテアエンジニアリング株式会社
設立   :1996年2月
取締役社長 :加園 栄一
事業内容  :製品開発、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、人工知能(AI)に係わるソフトウェアおよびクラウドソリューションの開発、販売、サポートおよび受託サービス
東京オフィス:東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン14階

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]