編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

AWS トレーニングパートナーのスカイアーチネットワークス、AWSに精通したエンジニア育成研修サービス「雲仙人道場」を提供開始

株式会社スカイアーチネットワークス

From: PR TIMES

2022-05-24 15:17

認定試験合格率97.3%のプログラム、実務の擬似体験ができるバーチャルOJTなど、現場で使えるエッセンスを集約

アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)トレーニングパートナー(以下、ATP)である株式会社スカイアーチネットワークス(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:江戸達博、以下スカイアーチネットワークス)は、AWSに精通したエンジニア育成を目的とした研修サービスを提供開始することをお知らせします。




[画像1: (リンク ») ]


■AWSに精通したエンジニア育成を目的とした研修サービス提供の背景
日本のデジタル化の遅れ、生産性の低さ、IT人材不足が業界を問わず叫ばれ、IT人材の育成やクラウド活用によるスピード感をもったデジタル活用のニーズは年々高まっています。
そのような背景の中、当社ではAWSをはじめとし、幅広いクラウドソリューションの導入ならびに活用支援に、クラウド黎明期から携わってきました。直近では当社が直接支援をする他、内製化支援AWSパートナーの認定も受け(※1)、ユーザー企業自身がオーナーシップを持ったデジタル化、クラウド活用も支援しています。
今回の研修サービス発表は内製化支援にもつながる、企業のデジタル化・クラウド活用支援の一環です。当社が長年培ってきたノウハウを凝縮し、現場で使える、自走できるAWSに精通したエンジニアの育成に貢献します。これにより、デジタル化・クラウド活用の企画・設計だけでなく、実装までお客様自身で行えるようになることを目指します。
※1 参考: (リンク »)

■当社のAWSに精通したエンジニア育成を目的とした研修サービス提供の特長
本研修サービスを通して、自走できるAWSに精通したエンジニアに必要な、知識・技術・経験を下記3種類のトレーニングおよびプログラムで提供します。

AWS公式トレーニング
研修内容はATPのみが販売・提供を許可されている、AWSが作成した公式トレーニングをもとに、スカイアーチネットワークスの独自のエッセンスを盛り込んでいます。

認定資格取得プログラム
クラウド未経験者が短期間でAWS認定資格を取得し、クラウドエンジニアに必要な知識が習得できるプログラムです。アウトプットの機会を多く設けることで、内発的な学習意欲を喚起させながら自走できる人材を育成します。一部認定資格においては、当社内での実施において、合格率97.3%のプログラムも含みます。

バーチャルOJTプログラム

[画像2: (リンク ») ]

実務に近い案件を計画から運用まで一通り実践することで、現場を体験できるプログラムです。当社は失敗体験を貴重な学習素材と捉え、失敗することを推奨しています。そのため実務に近い“疑似体験”ができるプログラムを用意しました。

研修サービスについて、詳しくはこちらのWebサイトをご覧ください。
(リンク »)

参考:
当社の内製化支援サービスについて、詳しくはこちらのWebサイトをご覧ください。
(リンク »)

■問い合わせ先
株式会社スカイアーチネットワークス ITソリューション本部
TEL:03-6743-1100(平日10:00~18:00)
Email:info@skyarch.net

株式会社スカイアーチネットワークスについて
株式会社スカイアーチネットワークスは、独立系マネージドサービスプロバイダーです。グローバルなマルチクラウド(AWS、Azure、GCP、Alibaba等)に対応し、「ウェブサービスに最適なクラウドインテグレーター」を標榜。クラウド環境における、インフラ設計、運用、障害対応、セキュリティー対策、バックアップ対策など、クラウド管理全般を提供しております。主な顧客は、メディアエンタメ系、キャリア系、大手SIや、スタートアップなど幅広いお客様とお取引をさせていただいております。最近では、AWSのPaaSを用いた設計や、注目を浴びているIoT、サーバーレス、Alexaスキル開発等のインテグレーションにも実績があります。
※2022年3月現在クラウド導入実績 568件、運用実績1万OS以上

株式会社スカイアーチネットワークス 会社概要
設立  :2001年7月12日
代表者 :代表取締役 江戸達博
資本金 :1億円
URL   : (リンク »)
事業内容:
システム運用マネジメント業務
セキュリティマネジメント業務

※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]