編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

日本システム技術とNTT EDX教育ICTプラットフォーム事業における業務協定締結のお知らせ

日本システム技術株式会社

From: PR TIMES

2022-05-24 20:17



 このたび、日本システム技術株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:平林 武昭)と株式会社NTT EDX*1(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:金山 直博)は、電子教科書・教材配信サービス事業における業務において、両社が提供するシステムを連携させたサービスの提供を開始し、大学等の高等教育機関におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を支援する協定を締結したことをお知らせします。なお、本サービスの一つである「UNIVERSAL PASSPORT*2×教科書選定 DB*3」との連携については、京都先端科学大学様にて試験利用を開始しており、2022年4月より正式にサービスを開始しました。

■ UNIVERSAL PASSPORT×教科書選定DB連携の概要
 本サービスは、大学の教務・学生支援の基盤システムとなる「UNIVERSAL PASSPORT」と、教員によるオンライン上での教科書選定を支援する「教科書選定DB」との連携により、教科書DB上の教科書・教材等の書誌情報を シームレスに提供するものです。この連携により、教員の書誌の情報検索・閲覧・選書やシラバスへの反映、学生の教科書・教材等の購入から利用までを一元管理するなどの効率化を実現することで、利用者の利便性向上と、大学の業務負荷の軽減を図ることが可能となります。

■ 本システムの利用による主な効果
(1)教員の教科書選定をデジタルでサポート
   教科書選定DBに登録されている書誌の中から出版社や版・著者を問わずオンラインで検索し、試読機能で
   新たな教科書との出会いを創出します。さらにシラバス登録時に、授業で使用する書誌情報をワンクリック 
   で正確にシラバスへ反映できます。
(2)職員の業務効率化
   教員がシラバスに登録した書誌情報は、「教科書選定DB」で一元管理されている最新で正確な情報のた
   め、職員がシラバス公開前に行う、教科書・教材等の題名や作者名、ISBNコード等の事前確認や修正など
   の業務を削減できます。

<連携イメージ>
[画像1: (リンク ») ]


■ 今後の連携強化について
 今回の両社の連携を契機として、「UNIVERSAL PASSPORT」の「授業支援システム(LMS:Learning Management System)」と電子教科書・電子教材との連携など、DXの推進によって教育の効果をさらに高めていくサービスを拡充していきます。具体的には、以下のような機能の拡充を予定しています。

(1)「授業支援システム(LMS)」との連動
 NTT EDXの「電子教科書・教材ビューワー(EDX UniText)」*4と「UNIVERSAL PASSPORT」の「LMS」を連動させ、各授業で採用する電子教科書・教材も一元管理していく予定です。これにより、予習内容に関する演習問題を授業で解くような反転学習の際に、学生がLMSに登録された電子教科書・教材を確認できるほか、システムを活用した課題の提出や、教員の小テストなどの教材作成にも利用できます。

(2)電子マネー(UNIPA Pay)によるキャッシュレス決済の推進
 学生のWEBでの履修登録に対応して、授業で利用する紙と電子の教科書・教材等を一覧で分かりやすく表示し、電子マネーでキャッシュレス決済ができるサービスも提供する予定です。これにより、教科書・教材等の購入時の 支払いの手間を削減できます。

(3)「学修ポートフォリオ」*5との連動
 「UNIVERSAL PASSPORT」の機能である「学修ポートフォリオ」に、「電子教科書・教材ビューワー(EDX UniText)」の利用ログを学習履歴(書籍基本情報・閲覧時間・検索回数・マーカー登録・検索回数・メモ登録・検索回数等)として表示することで、学生の学修の記録の確認、学修状況の振り返りなどに活用できます。また、学修記録と成績の関係の分析や、学生の興味に応じたデジタル教材の紹介などにつなげることもできます。

*1 NTT EDX:株式会社NTT EDXは、電子教科書・教材ビューワー(EDX UniText)による教科書・教材の電子化の推進や教科書選定DBによるオンライン上での教科書情報の入手による利便性向上、さらには蓄積される学修ログの可視化等のサービスを提供し、高等教育機関様のDXに向けた課題解決を推進していくことをめざします。

*2 UNIVERSAL PASSPORT:学生・教職員・保護者をつなぐ情報ネットワークを支援する統合型Webサービス システムです。2000年2月の提供開始以来、全国で240校以上の大学に導入されています。
URL: (リンク »)

*3 教科書選定DB:教科書選定DBは、大日本印刷株式会社が商標登録出願中です。出版社様と教員のみなさまの教科書選定のためのマッチングサービスで、教科書・教材等の選定において、教員が情報検索・閲覧・選書を容易に行うことができます。なお、電子教科書事業の更なる推進を目的に、2022年4月よりサービス提供会社が大日本印刷株式会社からNTT EDX社に移管されております。
URL: (リンク »)

*4 電子教科書・教材ビューワー(EDX UniText) 
URL: (リンク »)

*5 学修ポートフォリオ:学士力の達成に向けて、学生の学修状況の履歴と学修成果を蓄積し、学修過程及び教育の過程を「可視化」することで、学生一人ひとりにきめ細かい学修支援を行うシステムです。

■ 本件に関するお問い合わせ先
日本システム技術株式会社 GAKUEN事業部
TEL:06-4560-1030
E-mail:g-event@jast.co.jp
URL: (リンク »)

株式会社NTT EDX
E-mail:contact@nttedx.co.jp
URL: (リンク »)

以上
[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]