編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

Red Hatとアクセンチュア、ハイブリッドクラウドのイノベーション推進に向け提携強化

アクセンチュア株式会社

From: PR TIMES

2022-05-26 16:48

クラウドの継続活用に資するソリューションを共同開発、オープン・ハイブリッドクラウドを用いたイノベーションやITのモダナイゼーションを推進

【マサチューセッツ州ボストン発:2022年5月9日】
オープンソース・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hat Inc.(以下Red Hat)とアクセンチュア(NYSE:ACN)は、世界中の企業に向けてオープン・ハイブリッドクラウドによるイノベーションを推進するため、約12年にわたる戦略的パートナーシップを拡大しました。両社は、新たなソリューションの共同開発を通じて、迅速な価値創出に向けたマルチクラウドとハイブリッドクラウドのさらなる連携、戦略の策定、イノベーションの加速を支援します。

アクセンチュア クラウド ファーストのサービスとRed Hat OpenShiftを組み合わせることで、企業は変革を加速させることが可能になります。パブリッククラウドやプライベートクラウドからエッジ・コンピューティングにいたるまでが最新のネットワークと接続され、ゼロトラスト・セキュリティを前提に構築された一連のクラウド機能を継続的に活用することが可能になります。これにより企業は、パブリッククラウドが持つイノベーションや機動性、経済性、拡張性という利点と、プライベートクラウドが持つ法規制対応やパフォーマンス、データの安全性という利点を同時に享受することができます。

アクセンチュア ハイブリッドおよびエマージング・プラットフォーム部門統括 ラジ・ウィクラマシンジ(Raj Wickramasinghe)は次のように述べています。「企業は、顧客サービスやサプライチェーンなどのコアビジネス機能に関する複雑な課題を克服し、成長やイノベーションを推進するために、ハイブリッドクラウドの活用を進めています。Red Hatとの提携拡大を通じて、お客様がクラウドを継続的に活用し、運用効率の向上やイノベーション強化を図れるよう尽力してまいります」

Red Hatとアクセンチュアは、企業のハイブリッドクラウド移行をさらに支援するため、来年にかけて以下4つの領域を皮切りに共同で新たなソリューションを開発します。

・ オープン・ハイブリッドクラウドのアプリケーションとメインフレームのモダナイゼーション – パブリッククラウドとプライベートクラウドの境界が薄れる中、万能なソリューションは存在していません。アクセンチュアとRed Hatは、お客様がRed Hat OpenShiftをベースに、ハイブリッドクラウドによる運用効率の向上やイノベーションを促進する包括的なクラウド戦略の策定を支援します。

・ 自動化 – 企業がモダナイゼーションを進める上で、クラウド環境の管理にはレジリエンス(復元力)のある標準化され、かつ一貫したソリューションが必要となります。アクセンチュアとRed Hatは、ITインフラストラクチャ全体にわたるワークロードの運用を自動化して、テクノロジー運用に伴うリスクやコストを低減するソリューションを開発しています。アクセンチュアは、Red Hat Enterprise LinuxとRed Hat Ansible Automation Platformを活用し、自動化されたクラウド・コンピューティング機能を安定して提供するためのソリューションも開発しています。これにより、あるお客様は、ローリングアップグレード(部分ごとの順次アップグレード)のダウンタイムを99%削減し、オペレーティング・システムのパッチ適用に伴うダウンタイムを100%削減したことに加え、インフラストラクチャ・アズ・コード(コードによるインフラ管理)によって開発期間を50%短縮しました。

・ エッジ・コンピューティング – コネクテッドデバイスが生み出すデータの規模や複雑さが増すにつれて、ネットワークやインフラの機能は進化を続けています。Red Hatとアクセンチュアが開発中の新たなソリューションは、データが生成される場所でデータの分析・処理を行うことで、顧客体験の向上やレイテンシー(遅延時間)の低減を図るものです。企業は、Red Hat OpenShiftやRed Hat Ansible Automation Platformを導入することで、アプリケーションの実装や自動化をエッジ側で行い、物理的な設備への依存を軽減することができます。

・ ソブリンクラウド(主権確保のためのクラウド) – 企業は、さまざまな国や業界の新しい標準規格やコンプライアンス要件に対応しながら、テクノロジーソリューションを複雑に組み合わせて活用しています。アクセンチュアとRed Hatは、お客様がオープンソースのテクノロジーやサービスを活用して、クラウド上のデータ格納場所やアクセス、処理方法を管理できる取り組みを共同で進めています。

Red Hatとアクセンチュアは、さまざまな業界における多数の企業に対して、変革に資する成果を創出してきました。例えば、金融業界の革新的なITパートナーであるFinanz Informatikは、Red Hatとアクセンチュアの協力のもと、同社のコアバンキングアプリケーション向けに次世代のマルチチャネル・アーキテクチャを実装しました。Finanz Informatikは、ビジネスの俊敏性の大幅な向上や、顧客ニーズへの迅速な対応を図るため、アクセンチュアによる戦略的な支援のもと、Red Hat OpenShiftとRed Hat Ansible Automation Platformを活用して、自社のITインフラストラクチャのモダナイゼーションを実現しました。

Finanz Informatik マルチチャネル・アプリケーション部門責任者 ロバート・ベルスドーフ(Robert Bersdorf)氏は、次のように述べています。「当社の基幹業務向けアプリケーションは、400社近くの金融機関で毎日使用されているため、規制コンプライアンスやセキュリティ、信頼性の担保が不可欠です。当社のハイブリッドクラウド戦略は、俊敏性と安定性、セキュリティのバランスを取りながらレジリエンスを高める上で重要な役割を担っています。当社では、OpenShiftとAnsible Automationを使用することで、一貫した体験の提供や自社テクノロジーのパフォーマンス管理を行いながら、継続的なイノベーション創出に注力してまいります。プライベートクラウドの先進的な取り組みとして、アクセンチュアおよびRed Hatと協力してこのプロジェクトを推進することができ嬉しく思います」

Red Hat パートナーエコシステムサクセス担当シニアバイスプレジデント ステファニー・チラス(Stefanie Chiras)は、次のように述べています。「ハイブリッドクラウドを活用することで、お客様はイノベーションと効率を大規模にサポートするために必要な追加レイヤーと機能を通じ、既存のシステムを最適化することができます。成功の実現には、クラウド上に格納する技術的なコンポーネントだけでなく、優れた実装とビジネス上の成果をもたらす実効性のあるパートナーシップが必要であると、Red Hatは考えています。当社とアクセンチュアの長年にわたるコラボレーションにより、お客様は、必要なオープンソース・ソリューションや信頼できる専門知識にアクセスすることで、複雑なオープン・ハイブリッドクラウドを管理し、クラウドという必要不可欠な環境でビジネスを成長させることが可能になります」

ハイブリッドクラウドが有するさまざまな価値や機能を解き放つには、ITベンダーのエコシステム全体にわたる緊密な連携が必要です。Red Hatの委託により作成されたIDCの最新ホワイトペーパー( (リンク ») )では、アクセンチュアなどの世界的なRed Hat認定システムインテグレーターを通じてRed Hat OpenShiftを実装すると、企業はアプリケーション移行プロジェクトのスピードが47%加速し、3年間で523%の投資利益率を達成できることが明らかになっています。今回のパートナーシップ拡大を通じて、Red Hatとアクセンチュアは、さまざまなクラウド領域に関してあらゆる業界のお客様を支援するため、豊富な知見を備えた強固なパートナーエコシステムを構築します。両社は、複数のパートナーとの連携を推進しながら、お客様のニーズや課題に合わせたクラウドソリューションを提供します。

Red Hat( (リンク ») )とアクセンチュア( (リンク ») )のパートナーシップ拡大については、Red Hat Summit 2022( (リンク ») )で詳細をご確認ください。

Red Hatについて
エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナル サービス企業です。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、ソング、テクノロジー、オペレーションズサービスを、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供しています。アクセンチュアは69万9,000人の社員が、世界120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。アクセンチュアは、変化がもたらす力を受け入れ、お客様、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出します。
アクセンチュアの詳細は www.accenture.com/us-en を、
アクセンチュア株式会社の詳細は www.accenture.com/jp をご覧ください。

将来の見通しに関する声明
ここに記載されている過去の事実に関する情報および討議を除き、本プレスリリースに含まれる表現は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内で「将来の見通しに関する声明」に相当する場合があります。将来の見通しに関する声明は、将来の事業および業績に関する当社の現時点での仮定に基づいています。これらの声明には、様々なリスク、不確実性、その他の要因が含まれており、実際の結果は、そうした将来の見通しに関する声明で示されたものと実質的に異なる場合があります。このプレスリリースに掲載されている将来の見通しに関する声明は、その発行日時点の当社の見解を示したものです。法令により義務付けられる場合を除き、当社は、将来の見通しに関する声明を更新または訂正する義務を一切負いません。

Red Hat、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat logoおよびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.およびその子会社の商標または登録商標です。Linux(R)は、米国およびその他の国におけるLinus Torvaldsの登録商標です。
Copyright (C) 2022 Accenture. すべての著作権はアクセンチュアに帰属します。アクセンチュアおよびそのロゴは、アクセンチュアの商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]