編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

国内初、マイナス25℃冷凍倉庫対応レーザー誘導方式無人フォークリフトを共同開発

三菱重工業株式会社

From: PR TIMES

2022-06-06 14:48

全国の三菱ロジスネクスト販売店で6月から販売開始



三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)と三菱重工グループの
[画像1: (リンク ») ]

三菱ロジスネクスト株式会社(社長︓久保 隆、本社︓京都府長岡京市、以下、三菱ロジスネクスト)は、マイナス25℃冷凍倉庫対応レーザー誘導方式無人フォークリフト(レーザーAGF)※1「PLATTER Auto 冷凍倉庫仕様(1.5~3.0トン積)」を、株式会社ニチレイロジグループ本社(社長:梅澤 一彦氏、本社:東京都千代田区、以下、ニチレイロジグループ)と共同開発しました。2022年6月6日より全国の三菱ロジスネクスト販売店を通じて販売します。


マイナス25℃クラスの冷凍倉庫においては霧や結露がレーザーAGF運用の障害となるため、走行ルート上の床面に磁気棒を敷設する磁気誘導方式のAGFを導入する必要がありました。今回の新機種は、マイナス10℃クラス対応のレーザーAGF※2をベースに、磁気誘導方式AGFで培った冷凍環境対応部品、マイナス25℃クラスに対応した電装品やセンサーを採用し、防錆対策を実施した車両での実証実験などを経て国内初の製品化を実現したものです。これにより、従来からの課題である低温環境下における作業者の負担や、慢性的な人手不足による業務稼働の不安といった課題を解決します。

[画像2: (リンク ») ]

三菱ロジスネクストは2020年から、冷凍倉庫における業務革新に取り組むニチレイロジグループと共同で、冷凍冷蔵倉庫に対応できるレーザーAGFの開発を進めています。ニチレイロジグループ傘下の株式会社ニチレイ・ロジスティクス関西(本社:大阪市)の大阪埠頭物流センターにおいては、冷凍倉庫内での活用を想定したPLATTER Auto2台による実証実験や低温環境下での稼働試験などを実施してきました。

三菱重工と三菱ロジスネクストは今後も、AI(人工知能)や機械学習を用いた自律化・知能化ソリューション「ΣSynX(シグマシンクス)※3」の物流機器への搭載など、グループの総合力を生かした製品の開発に取り組んでいくとともに、物流業界のさまざまな課題に対して最適なソリューションを提供していきます。

※1 レーザースキャナで反射板をスキャンし、車両の現在地を認識しながら走行するAGF(Automated Guided Forklift:無人フォークリフト)です。
※2 マイナス10℃クラスに対応できる冷凍冷蔵倉庫型レーザーAGFについて、詳しくは以下のプレスリリースをご参照ください。
(リンク »)
※3 三菱重工グループ製品全体をAIで自律化・知能化するソリューションコンセプトで、「予測計画」「遠隔制御」「人機協調」「システムプラットフォーム」「検証評価」「遠隔保守」といったコア技術から構成されています。詳しくは以下の動画をご覧ください。
(リンク »)


■三菱重工業株式会社
ウェブサイト: (リンク »)
オンラインマガジン「SPECTRA」(日本語): (リンク »)
公式Twitter:@MHI_GroupJP

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]