編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

M-1グランプリ2020王者・マヂカルラブリー野田がプロデュース!『スーパー野田ゲーWORLD』ゲームタイトル公開

株式会社カヤック

From: PR TIMES

2022-06-20 16:17

~2022年7月28日(木)発売予定~

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証グロース:3904)と吉本興業株式会社(本社:大阪市中央区/代表取締役社長:岡本 昭彦)は、2022年7月28日(木)に発売予定の、Nintendo Switch用ソフトのユーザー共創型ゲーム「スーパー野田ゲーWORLD」のゲームタイトルを公開します。昨年、販売本数約10万本を記録した「スーパー野田ゲーPARTY」の続編である今作は、「世界進出」をテーマにオンライン対戦機能を追加しパワーアップしています。 5254人もの出資者からクラウドファンディングにて開発資金を募集した中、特に人気お笑いコンビの千鳥・ノブ、ゲーミングチェアでおなじみのAKRacing社、Cygames社からも出資があり、前作を上回る話題作が目白押しです。



[画像1: (リンク ») ]

公式Twitter: (リンク »)



開発背景


本ゲームは「R-1ぐらんぷり 2020」の王者であり、さらに「M-1グランプリ 2020」で優勝したお笑いコンビ、マヂカルラブリーの野田クリスタルと「ことばのパズル もじぴったん」の生みの親で、カヤック所属のゲームクリエイター後藤裕之が共同で制作を進めているゲームです。2021年発売の前作「スーパー野田ゲーPARTY」では、資金も素材もクラウドファンディングで調達。イラストやBGMなど1000点を超える素材を元にゲームを完成させ、わずか2日間で2021年5月のDL販売ランキングで1位を記録し、2022年5月時点、約10万本の販売を記録しました。今作「スーパー野田ゲーWORLD」でもクラウドファンディングを実施。前回の3倍以上の約4,245万円を達成し、5254人もの出資者から寄せられた3000点以上の素材を活かしてゲームを開発中です。特に今作では出資者の、人気お笑いコンビの千鳥・ノブによるアクションゲーム「信~NOBU~」、ゲーミングチェアでおなじみAKRacingをモチーフにしたレーシングゲーム「Ashi Kogi Racing」、出資額500万円のCygames社によるカードゲーム「邪道バース」などの話題作も目白押しです。


「スーパー野田ゲーWORLD」の特徴


前作で話題を博した、「M-1グランプリ2020」でマヂカルラブリーの優勝ネタをモチーフにした「つり革」や、「ブロックくずして」がオンライン対戦が可能になり、世界中の人と野田ゲーで一緒に遊ぶことができます。発売当初13本、後日アップデートで計20本のゲームを収録予定です。また、カヤックで制作した今回初お披露目のメインビジュアルも世界を意識しており、地球を野田ゲーで席巻するイメージを表現しています。



野田クリスタル、カヤック後藤からのコメント


【野田クリスタル コメント】
[画像2: (リンク ») ]


M-1 を優勝した翌年に作り出したゲームという事で、わけわからなくなるくらい大変でした。ただクラウドファンディングでは5000 人以上の出資者、集まった額は4000 万円以上、前作の3倍近くの金額が集まり、これは今自分が最優先で成功させなくてはいけない事だと思い、どんなスケジュールだろうと野田ゲー打ち合わせ時間をねじ込みました。今回は前作の3倍近くの予算で作ったゲームですが、内容のボリュームとクオリティとこだわりは10倍くらいになっています。一個一個のゲームを説明していたらキリがないくらい全部面白いです。みんなでやると楽しいし、一人で黙々とやるのも楽しいです。オンライン対戦もあるからずっと飽きません。とにかくやってみてください!一生やれます!


[表1: (リンク ») ]



【面白法人カヤック 後藤裕之 コメント】
[画像3: (リンク ») ]


ご支援いただいた皆様、ありがとうございます。皆様から送られた数多くの素材のおかげで、前作にも増して、奇想天外でファニーなゲームができました。全国の野田ゲープレイヤーの方々とオンラインで遊べる日を、開発チーム一同も楽しみにしています!




[表2: (リンク ») ]




収録ゲーム紹介


【対戦ゲーム】
みんなのつり革
[画像4: (リンク ») ]


M-1グランプリで披露したネタ「つり革」がオンライン対戦に対応!最大人で20対戦プレイができます。トンネルや傾斜などの仕掛けも追加。今作では国内外の約40路線からステージ選択が可能です。


大乱闘 ブロックくずして
[画像5: (リンク ») ]


おなじみ野田ゲーの「ブロックくずして」のアレンジ版。前作と比べて、ステージが増え、アイテムなどのギミックも追加されました。デッカチャンを操作して、球に当たらないように避け続けます。玉に当たるとデッカチャンが巨大化し、どんどん不利になっていきます。


邪道バース
[画像6: (リンク ») ]


イカサマできるカードゲーム『邪道バース』です。「カードをこっそり2枚引く」「相手の体力を奪う」など、手を操作しながらバレずにイカサマを行います。イカサマを指摘されるとペナルティを受けます。


ナガイアス
[画像7: (リンク ») ]


横スクロールのシューティングゲームの長い長いステージが、なんと1画面に収まった形に。スタート地点から最後のボスをいきなり狙うこともできます。2人プレイは、お互いに撃ち合う対戦形式です。


将棋III
[画像8: (リンク ») ]


千年の時を経て生まれた、野田クリスタル考案の『将棋II』に続く『将棋III』です。盤上のキャラクターを操作して、将棋のコマを置くと爆発します。コマの種類によって異なる、爆発の仕方を覚えることが勝利へのカギとなります。


【1人プレイゲーム】
信 ~NOBU~
[画像9: (リンク ») ]


千鳥ノブが出資によって誕生した、ノブが主人公として活躍する、異世界を舞台にしたアクションゲームです。ダメージを受けると「ヨロイ姿」→「私服」→「パンツ一丁」と弱体化。さまざまな敵やギミックを攻略し、クリアを目指します。


無理して集まらなくていいよ どうぶつの国
[画像10: (リンク ») ]


森や砂漠などのフィールドを散策して、自由気ままにいる動物たちをカメラで撮影していく、一人称視点のゲーム(FPS)です。出現する300匹以上の動物は、すべて出資者の方々のペットの写真です。見つけた動物は「どうぶつ図鑑」に保存されていきます。


【対戦ゲーム(オフライン)】
Ashi Kogi Racing
[画像11: (リンク ») ]


ゲーミングチェアに座って進むレースゲームです。タイミングよく地面を蹴ったり、空気抵抗を減らすためにリクライニングを駆使しながら、サーキットや山道などのコースを駆け抜けます。


スーパー音声衰弱
[画像12: (リンク ») ]


音声を使った神経衰弱です。カードをめくると流れる音を覚えて、同じ"音"をそろえます。レベルが上がっていくと、ピアノの音程を聞き分ける「絶対音感」のステージや、バイク川崎バイクなど特定の芸人の声しか出てこない個性的なステージも登場します。


The 連写
[画像13: (リンク ») ]


あの高橋名人とコラボした、ひたすら連射の速さを競うゲームです。制限時間内に、より多くボタンを連射できた方が勝ち。高橋名人(COM)と対戦することもできます。


やせちゃうよ?
[画像14: (リンク ») ]


放っておくとどんどん痩せていく、マヂカルラブリー村上さんの口に、食べ物を運ぶゲーム。食べ物ではないものを食べさせると、更に痩せちゃうので、要注意です。


仕分け SHIWAKE
[画像15: (リンク ») ]


かつて野田クリスタルがアルバイト生活の頃にしていた「郵便仕分け」をゲーム化。ハガキに書かれている住所をよく見て、制限時間内に正しく仕分けていくゲームです。


回転めし
[画像16: (リンク ») ]


手前や奥のレーンを次々に流れていく料理の中から、指定された料理を誰よりも早く取る早押しゲーム。動体視力が試されます。


【アップデートで追加予定のゲーム】
動・級・生
[画像17: (リンク ») ]


動物しか登場しない学園恋愛シミュレーションゲーム


THE 芸人
[画像18: (リンク ») ]


芸人事務所のマネージャーとし事務所を大きくするシミュレーションゲーム


クラウドファンタジー
[画像19: (リンク ») ]


あらゆる登場キャラクターを仲間できる大所帯のRPG





[画像20: (リンク ») ]


コマンド長すぎだぜ!技 出なさすぎ君
技を出すためのコマンド入力がやたらめったらに長い格闘ゲーム


マッチョあつめ
放置系マッチョ育成ゲーム


つめあつめ
同じ柄のネイルをなぞって消すギャル系パズルゲーム


吉本興業株式会社
(リンク »)

本社は大阪府大阪市中央区難波千日前にあり、所属するタレントのマネジメントやエージェントを行うと同時にテレビ・ラジオ番組や演芸・演劇の制作・配給・興行を行っている。


======
株式会社カヤック
(リンク »)
固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、コミュニティ通貨、移住・関係人口促進など最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。社員の9割がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や経営を行なっています。
設立 2005年1月21日
代表者 代表取締役 柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
所在地 神奈川県鎌倉市御成町11-8
事業内容 日本的面白コンテンツ事業
======

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社カヤックの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]