編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
注目の記事まとめ「機械学習の現在」

光コネクタ清掃用クリーナ『NEOCLEAN-F』を販売開始

NTTアドバンステクノロジ株式会社

From: PR TIMES

2022-06-21 16:17

~1000回以上の清掃を可能にしたロングライフクリーナ~

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊東 匡)は、SC、LCコネクタなどの光コネクタをワンプッシュで清掃できるクリーナ「NEOCLEANシリーズ」の新製品として、『NEOCLEAN-F』の販売を2022年7月1日(金)から開始します。

『NEOCLEAN-F』は、コンパクトながら1000回以上の清掃を可能とし、NEOCLEANシリーズで実績のある高性能清掃糸で光コネクタ端面を傷つけることなく、簡単なプッシュ操作で汚れを除去します。

なお、本製品は、東京ビッグサイトで開催される「第22回光通信技術展 FOE2022」
(6月29日(水)から7月1日(金)) に出展し、実際に清掃性能をご確認いただけるコーナーを設置いたします。(西1ホール ブースNo.:5-27)




[画像1: (リンク ») ]

■背景
近年の働き方改革や新型コロナウイルス感染拡大の影響で、在宅時間の増加や勤務体系の多様化が進み、通信トラヒックが増大しています。今後も、DXやAIなどの普及や、レジリエンス確保のためのデジタル化など、ますます通信を支える光ネットワークの重要性が高まっています。
一方で、光ネットワークの信頼性を損なう大きな要因のひとつが光コネクタ端面の汚れであり、光コネクタ接続前のクリーニングが、光ネットワークトラブルを未然に防止します。
 汚れを簡単に取り除くことができる光コネクタクリーナは、光ネットワークの構築や保守作業において必須の清掃ツールです。そして、データセンターの普及などで現場の端子数も膨大となっていることから、より清掃回数が多い光コネクタクリーナが求められています。
今回販売を開始する『NEOCLEAN-F』は、このような現場の要求に応えるため、1000回以上の清掃を可能としました。

■『NEOCLEAN-F』の概要
新発売の『NEOCLEAN-F』は、NTT-ATが光コネクタクリーナのパイオニアとして長年にわたり培ってきた光コネクタ清掃技術をベースに開発、進化させた、ペンタイプの光コネクタクリーナです。
小型でスリムな形状ながら、1000回以上の清掃を可能としています。従来のNEOCLEANのペンタイプクリーナと同様、高性能清掃糸を採用しており、クリーナ先端を光コネクタに押し込むだけの操作で、端面の清掃を可能とし、光伝送設備のトラブルの原因となる光コネクタ端面の汚れを簡単に除去できます。また、従来品より持ちやすさや使用感にこだわり、作業性を向上させました。コンパクトなサイズのため、現場への持ち運びにも便利です。

■『NEOCLEAN-F』の特長
1.業界最高水準の1000回以上を実現
2.本体の長さ163mm、幅22mmとコンパクトな設計
3.簡単なプッシュ操作で汚れを除去、付属アタッチメントを付けて「光コネクタプラグ端面」を、外し 
て「アダプタ内光コネクタ端面」の清掃が可能
4.クリーナ先端をコネクタに挿入し、押し込むだけで特別なスキルは不要

■『NEOCLEAN-F』の仕様

[画像2: (リンク ») ]


■販売方法
 光コネクタクリーナ代理店から販売します。

参考:コネクタ清掃例

[画像3: (リンク ») ]


※ 「NEOCLEAN」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]