編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

新展開 smalia(スマリア)スマートリモコン 7月中旬出荷開始

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2022-06-23 19:17

2.4GHz/5GHz Wi-Fi対応、Bluetooth機能搭載で3分の簡単設定を実現

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府、代表取締役 近藤正和、以下「ラトックシステム」)は、スマホやスマートスピーカーを使って家電を操作できるsmaliaスマートリモコンを7月中旬より出荷開始いたします。





[画像1: (リンク ») ]


製品名:smaliaスマートリモコン
製品型番:RS-WBRCH1
標準価格:OPEN
JANコード:4949090721180
出荷予定日:2022年7月中旬
URL: (リンク »)

■製品概要
smalia(スマリア)スマートリモコンは、スマホやスマートスピーカーを使って家電を操作するためのデバイスです。複数ある家電のリモコンをスマホにひとまとめ、外出先から操作することが可能です。赤外線リモコンで動作する家電であれば、アプリでご利用のリモコンを選択するだけで家電を登録できます。
[動画: (リンク ») ]



■製品特徴
●3分で設定完了!5GHz/2.4GHz Wi-Fi両対応、Bluetooth機能搭載で簡単セットアップ
本製品では「5GHz/2.4GHz Wi-Fi両対応」「Bluetooth機能搭載」を新たにサポートすることで、スムーズな接続を実現しました。本製品へのWi-Fi接続先登録は、Bluetooth接続で実行。スマホ側でWi-Fiの接続先を切り替えて登録する方式に比べて、確実でスピーディーなセットアップが可能です。さらに、5GHz帯のWi-Fiにも対応することで、スマホが5GHz/2.4GHzどちらの周波数帯のアクセスポイントに接続していてもつながります。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

さらにsmaliaアプリでは、より少ないステップ数でWi-Fi接続から家電の選択、スマートスピーカー連携までストレスなく進められるよう、手順をシンプルにしています。

[画像4: (リンク ») ]

※3分設定
ユーザー登録が完了した状態でアプリを起動して、Wi-Fi接続と家電選択、スマートスピーカー連携が終了するまでを想定。Wi-Fiパスワードの入力や家電の選択、スマートスピーカーの設定状況によっては、3分以上を要する場合があります。

【本機能の背景】
スマートリモコンは手軽にスマートホーム化できる製品ですが、環境によってはWi-Fiにうまく接続できない場合があり、解決方法を見つける難しさが課題でした。そこで、smalia(スマリア)スマートリモコンではセットアップのつまずきやストレスを減らすために、ハード、ソフトともに設計を大幅に見直しました。
[画像5: (リンク ») ]


●Amazon Alexa、Googleアシスタント、Siriショートカット対応
スマートスピーカーやiPhone、スマホに話しかけて、家電をコントロール。
スマートホームスキル対応で、「アレクサ、エアコンをつけて」「OK Google、テレビをつけて」などの操作が可能です。
[画像6: (リンク ») ]

smaliaはAlexaのアプリ間アカウントリンクに対応しており、画面のタップだけでスムーズな連携がおこなえます。

●豊富なシーン設定
さまざまな条件にあわせて家電コントロールを自動化を実現するシーン登録をサポートしています。


曜日と時刻を条件に、家電を制御するタイマー
温度などの計測値を条件に、家電を制御するセンサー連携
家に近づいたとき、離れたときに家電を制御するジオフェンス
複数の操作を登録して手動で実行(マクロ)


[画像7: (リンク ») ]


●外部搭載の温度、湿度、照度センサーで計測精度アップ
温湿度センサーと照度センサーを外部に引き出すためのアームを設け、本体内部の熱の影響を受けにくい設計をおこなっています。
[画像8: (リンク ») ]


●有効範囲は見通し25m、遠くまで届く赤外線
ハイパワー赤外線LED搭載により、赤外線の飛距離25m(見通し)を実現。平置き水平方向360度、垂直方向は上方180度に放射し、広めのリビングに置いてもしっかり届きます。
[画像9: (リンク ») ]


●国内主要家電メーカーのリモコンデータをプリセット
テレビ、エアコン、照明をはじめ、さまざまな家電の赤外線リモコンデータを750機種以上プリセット。アプリから普段お使いのリモコンを選ぶだけで登録できます。
[画像10: (リンク ») ]

●壁掛け、平置き両対応
本製品の背面には壁掛け用のフック穴を搭載。小型で主張しないデザインは、見通しのいい場所に設置してもインテリアになじみます。
[画像11: (リンク ») ]


●環境センサー(別売)と連携し、空気の汚れにあわせて家電を自動コントロール
当社Bluetooth環境センサーRS-BTEVS1との連携をサポート。smaliaアプリのシーン設定で、計測したCO2濃度の計測値を元に、家電の動作を指定します。空気が汚れているときは換気機能のあるエアコンやサーキュレーターをつけるなど、環境に合わせた自動化で快適な空間づくりがおこなえます。
[画像12: (リンク ») ]


■集合住宅のIoT住宅提案、一括導入にも
スムーズな導入は、スピーディーな設置が求められる集合住宅への一括導入でも需要があります。簡単セットアップに加え、電源ケーブルのコネクタはUSB Type-Cを採用、コネクタの向きを気にせずに差し込むことができます。USB ACアダプターは標準添付とし、別途用意する手間を省きました。
[画像13: (リンク ») ]

また、さまざまなデバイスとの連携ニーズの高まりを受け、BLE/Wi-Fiゲートウェイ機能を本体に搭載。対応Bluetooth接続デバイスと連携した家電操作を提案します。まずはBluetooth環境センサーのサポートからスタート、今後さまざまなBluetoothセンサーやデバイスの開発、サポートを予定しています。

[画像14: (リンク ») ]


法人様向けご提案(スマートリモコンで物件に付加価値をつける)
URL: (リンク »)

■smalia(スマリア)ブランドのコンセプト
smalia(スマリア)は「smart」「sumai」「life」をかけ合わせた言葉です。スマートな暮らしのはじめの一歩を後押しするブランドとして展開します。
[画像15: (リンク ») ]

本日よりsmaliaブランドサイトをオープン、ユーザーの皆様に役立つ情報を発信していきます。さまざまな連携デバイスの追加も予定しています。
URL: (リンク »)

■製品概要
商品名:smaliaスマートリモコン
型番:RS-WBRCH1
内容:スマートリモコン本体、USB Type-C電源ケーブル、USB ACアダプター
寸法:60 (W)× 60 (L)× 20 (H)mm
重量:42g
URL: (リンク »)
[画像16: (リンク ») ]

【関連 URL】
smaliaスマートリモコン製品ページ
(リンク »)
SoftBank SELECTION オンラインショップ
(リンク »)
SoftBank SELECTION PayPayモール店
(リンク »)
Amazon smaliaブランドページ
(リンク »)
ラトックプレミア 楽天市場店
(リンク »)
ラトックプレミア Yahoo!店
(リンク »)

■会社概要
商号  : ラトックシステム株式会社
代表者 : 代表取締役社長 近藤 正和
所在地 : 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-18-4 Osaka Metro南堀江ビル 8階
設立  : 1983年10月
事業内容:ハードからアプリまで自社開発をおこなっている、パソコン/スマホ周辺機器、HDMI関連機器メーカーです。スマートリモコン、センサーなどのIoTデバイスやPCインターフェース設計を得意とし、自社システムのほか法人向け組み込み需要にも応えています。
URL   : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]