編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

福岡市主催・ジーズアカデミーがプロデュース|IT企業直結の本格的エンジニアブートキャンプ『データエンジニア・カタパルト』第2期キックオフ!

デジタルハリウッド株式会社

From: PR TIMES

2022-06-27 20:17

エンジニアを目指す福岡の大学生・専門学校生・高専生が対象|1期修了生によるキックオフイベントを7/10開催

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を展開するデジタルハリウッド株式会社(千代田区・代表取締役社長兼CEO 吉村毅、学長 杉山知之)が運営をする、起業家・エンジニア養成のプログラミングスクール『G's ACADEMY』(ジーズアカデミー)は、エンジニアを目指す福岡の学生の地場定着の流れをつくり、福岡のIT・スタートアップ企業の新サービスの開発促進につなげることを目的に、実践的なWebエンジニアリングとデータサイエンスを基礎から学べるプログラム『データエンジニア・カタパルト』を、2022年6月に福岡市と委託契約にて開始し、6月23日より受講生募集を開始しました。
当プログラムは、福岡市が昨年から始めた全国でも稀有な“行政による、本格的なエンジニア養成”の取り組みです。
2年連続開催となる今回の受講生募集に合わせて、前回の1期修了生が登壇するキックオフイベントをエンジニアカフェにて開催いたします。




[画像1: (リンク ») ]



【プログラム概要】

■データエンジニア・カタパルトとは

新型コロナウイルス感染症の感染拡大による人々の行動変容など、社会のニーズは急激に変化しており、新たな価値を提供できるエンジニアや企業の重要性が一層高まってきています。市内の中小企業やスタートアップにおいては、新卒エンジニアを育成する余力がなく、キャリア採用が中心となっている一方、福岡には地元での就職意向がある学生が多いにも関わらず、約7割が県外に流出している現状があります。

また、福岡在住の学生は、独自でプログラミングを自学自習していても、東京と比較して自分のレベルを測る機会が少なく、彼らの向上心を高める機会が圧倒的に足りません。さらに、地域のスタートアップとの出会いの機会もないため、創りたいものなどをイメージする機会が少ないという課題感もあります。

そこで、福岡市と福岡のIT・スタートアップ企業の全面協力のもと、エンジニアを目指して頑張る福岡の学生たちを発掘し、地域企業・テクノロジーとの出会いを創り、新たなエンジニアの発射台となることを目指した学生向けエンジニアブートキャンプ「データエンジニア・カタパルト」を昨年に続き実施します。

■本講座の目的

5か月間のカリキュラムとなる本講座では、実務に活用できる「データを活用したWebアプリ」制作を最終目標とし、Webエンジニアとしてインターンが可能な「技術」と「思考」のレベルUPを目指します。

具体的にはWebサービスの構築や、Webサービス開発に活かせるデータサイエンスの基礎学習を通して、プログラミングスキルや問題解決力、開発力、コミュニケーション力、物事の学び方など、実際の開発現場で必要となる能力の習得を図ります。

※本講座は「データエンジニア職種」ではなく、「データの活用ができるWebエンジニア」の育成を目標としています。

■福岡のIT・スタートアップが全面協力

本プロジェクトでは、IT企業やスタートアップの一流のエンジニアがメンターとなり、学生と一緒にデータを活用したWebアプリを制作します。ハッカソンを通じてユニークなオリジナルサービスを開発し、習うだけでなく「プロの目で見てもらってアドバイスが受けられる」という唯一無二のカリキュラムとなっ


ています。

[画像2: (リンク ») ]


【キックオフイベント概要】

■日時

2022年7月10日(日)14:00-15:30

■内容

プログラム概要説明、データエンジニア・カタパルト1期修了生によるパネルディスカッション、質疑応答

■会場

エンジニアカフェ
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目15-30 メインホール

※会場参加者数が定員に達し次第、オンラインでのご参加をお願いする場合があります。

※キックオフイベント会場では、感染防止に十分に配慮をして開催いたします。新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、時間の短縮、開催形式をオンラインのみへと変更させていただく場合があります。

※オンライン参加の方には、前日までにZOOMのURLをお送りします。

[画像3: (リンク ») ]



【昨年実績】

前回は120名を超える応募の中から選抜された35名の学生たちが、自走力を確認するドリル教材、MVCフレームワーク(Laravel)を利用したWebサービスの構築学習、アイディアソン・ハッカソン、Webサービス開発に活かせるデータサイエンス学習に取り組みました。

最終フェーズでは、IT企業やスタートアップと共に、ハッカソン形式でスタートアップが抱える課題を解決する『データを活用したWebアプリ制作』を行い、プロジェクトの集大成となるDEMO DAYにてIT企業やスタートアップの前で成果物を披露し、23名が全カリキュラムを修了しています。

DEMO DAY終了後には、インターンマッチングも実施し、9名の学生がインターン決定に繋がりました。

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


■エンジニアフレンドリーシティについて

福岡市は、エンジニアと協力し、エンジニアがここで働きたいと思うようなまちづくりを目指す「エンジニアフレンドリーシティ福岡」に取り組んでいます。

エンジニアコミュニティの見える化や、エンジニアのモチベーションアップ、また、エンジニアと多業種の企業や学校、学生との連携等に繋がる取組みを実施していきます。

[画像6: (リンク ») ]


(リンク »)


■G’s ACADEMY(ジーズアカデミー)について

(リンク »)

[画像7: (リンク ») ]


「G’s ACADEMY TOKYO」は「セカイを変えるGEEKを養成する」をテーマに、2015年4月にデジタルハリウッドが設立したエンジニア養成スクールです。このコンセプトが共感を呼び、入学者の約80%が起業志望者、ベンチャー企業への就職希望者となっています。

入学時は全くのプログラミング初心者だった方々が、卒業時にはサービスを次々と立ち上げ、卒業間もなくVCからの資金調達に成功するなど奇跡的なストーリーを生み出し、現在は1,700名以上の起業家×エンジニアコミュニティに成長しています。

また、多くの起業志望者に対応すべく、インキュベート機関「D ROCKETS」を設立。「D ROCKETS」は表参道G’s TOKYO BASEに併設されており、起業家とエンジニアの化学反応を引き起こし「セカイを変えるようなサービスを日本から生み出すこと」に貢献しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

デジタルハリウッド株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]