編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

富士ソフトとナビコムアビエーションが協業開始 航空機の安全な運航を支援するサービス開発や基盤整備を共同推進

富士ソフト株式会社

From: PR TIMES

2022-06-29 15:47



富士ソフト株式会社
ナビコムアビエーション株式会社

[画像: (リンク ») ]

 富士ソフト株式会社とナビコムアビエーション株式会社は、航空機を安全に運航するためのサービス開発および基盤整備、最新技術の導入支援を共同推進することを目的に、2022年6月29日(水)より協業を開始いたします。

 昨今、自然災害等において情報収集、捜索、救助、輸送での航空機・ドローンの利用機会が増加しており、航空機の安全かつ高水準な運航が必要とされています。
 ナビコムアビエーションでは、「航空機搭載用地図情報表示システム」、「航空機の動態管理システム」、「衛星通信サービス」の3つのサービスで、安全な航空機の運航支援を推進しています。今後、製品の強化や導入支援を拡大するにあたり、ソフトウェア開発体制の強化が急務となっていました。
 富士ソフトは、独立系SIerとして公共分野において防災・航空分野を中心としたSI事業を推進してきました。特に地図情報システムやGISエンジンの開発をはじめ、様々な業種・業界のお客様に最適なソリューションを提供しており、今後さらに、ICT分野の最新技術を活かして防災・航空分野におけるお客様へ高付加価値サービスの提供を目指しています。
 本協業により、ナビコムアビエーションの航空機向け事業における技術・ノウハウと、富士ソフトのICT分野における技術・開発力を融合させることで、航空機向け領域に新たなビジネスを創造し、事業の強化・拡大を目指します。航空機運航において安全領域と効率性向上のテクノロジー発展に貢献する新たな付加価値を提供してまいります。

■協業の概要
・航空機向け機器開発の強化・基盤整備
・航空機の安全且つ効率的な運航・最新技術の導入支援による航空機向け事業の拡大

富士ソフト株式会社  (リンク »)
本社:神奈川県横浜市
創立:1970年5月
代表:代表取締役 社長執行役員 坂下 智保
独立系ITソリューションベンダーとして、自動車、FA・OA、家電(AV機器)等に関連する組み込み系ソフトウェア開発や、金融、製造、流通、文教分野等における業務系ソフトウェアの構築を行う。

ナビコムアビエーション株式会社  (リンク »)
本社:東京都千代田区
創立:2006年4月
代表:代表取締役社長 玉中 宏明
ヘリコプター用地図情報表示装置の開発から事業をスタートし、航空機向けの動態管理システム、衛星通信サービスの提供等を手掛ける。2014年からJAXA(宇宙航空研究開発機構)より技術移転を受け、D-NET(災害救援航空機情報共有ネットワーク)製品の開発・販売を担う。


以上

※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]