編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

サイバーリンク、FaceMe(R)を使用した顔認証決済システムを株式会社シーエーシーが開発し、CAC本社ビルの無人コンビニ「ミニストップポケット」で実証実験を開始したことを発表

サイバーリンク株式会社

From: PR TIMES

2022-07-01 20:40

台湾 台北(2022年6月30日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク)AI と顔認証技術のパイオニアであるサイバーリンクは、株式会社シーエーシー(以下:CAC)がFaceMe(R)を使用した顔認証決済システムを開発し、CAC本社ビルに展開する無人コンビニ「ミニストップポケット」において、ミニストップ株式会社と協業で顔認証決済サービスを導入して実証実験を開始したことを発表しました。



[画像1: (リンク ») ]

CACでは現在、社員(約1,100名)を対象に「ミニストップポケット」において顔認証決済サービスが利用可能です。社員が商品を購入した費用は翌月の給与から天引きされます。顔認証決済は、これまでのように交通系カード、クレジットカード、スマホ、現金等を携帯しないで決済が可能であり、手ぶらで買い物ができる簡易さが好評です。

■顔認証決済の実証実験

CACは国内におけるFaceMe(R)の販売代理店でもあり、これまでにFaceMe(R)を使用したソリューションを提供しており、その一環として顔認証決済の実証実験を進めています。

CACの顔認証の取り組みについては以下のURLをご参照ください。

(リンク »)

CAC本社10階には「ミニストップポケット」が2019年12月から展開されており、多くの社員が利用しています。この無人店舗に顔認証決済サービスを導入するため、ミニストップの決済システムと、CACの決済システムを疎通する開発をミニストップと共同で行いました。

[画像2: (リンク ») ]

2022年2月25日からCAC全社員が、CAC本社10階の「ミニストップポケット」で顔認証決済が利用可能となりました。社内で専用サイトを立ち上げて顔認証決済の利用促進を行うと共に、社外展示会に出展する等の広報活動を進めています。

■顔認証決済の導入効果

1. POSレジで顔認証決済により手ぶらの買い物を実現

顔認証決済サービスは、サイバーリンクのAI顔認証エンジン「FaceMe(R)」を利用し、CAC社員が「ミニストップポケット」で買い物する際に、これまでのような各種カード類、スマホ、現金等を持たずに決済が可能です。CAC社員はPOSレジで商品をスキャナーでスキャンしたあと、決済画面で顔認証決済を選択して画面上のガイドに従って認証を行います。

2. 事前登録はPCがあれば場所を問わずにどこでも可能

顔認証決済サービスを利用するには専用サイトでの事前登録が必要となりますが、PCさえあれば自宅やオフィス等の場所を問わずにどこでも登録が可能です。登録された顔情報(顔特徴点)はデータベースに保存され、CAC社員が「ミニストップポケット」で買い物をする際の顔認証で参照されます。

■顔認証決済の現場からのコメント

【開発者からのコメント】

・FaceMe(R)は高い認証精度が公開され、市場において十分な実績があることから、顔認証決済システムのエンジンとなる認証機能について安心して、実証実験の開発を進めることができました。

・FaceMe(R)には様々なオプションがあり、今後の顔認証決済のサービス向上において、利用者のニーズを調査しながら導入を検討したいと思います。例えば、FaceMe(R)は顔認証以外に表情も推定できるので、顔認証時に笑顔ポイント(笑顔の度合い)を貯めて社内の福利厚生として利用する等のアイデアも考えられます。

【利用者からのコメント】

・顔認証決済は、決済用アイテムを携帯しなくても、コンビニに行って買い物できる点が、大変便利と感じています。例えば、職場の席に財布を忘れてきたときも取りに戻らずに、そのままPOSレジで買い物ができます。

・顔認証決済の購買履歴は、顔認証決済の専用サイトにて決済日時と利用額の一覧をリアルタイムで確認できるので便利です。また、月次の顔認証決済の利用上限額を専用サイトで設定することもできます。

「ミニストップポケット」について

ミニストップがサービスを提供する、オフィス・工場・病院・ホテル・休憩所などあらゆる施設内に設置が可能なキャッシュレスセルフレジを使用した無人コンビニです。ロケーションやニーズに合わせて複数スタイルのプランを選択できます。詳細については以下をご参照ください。

(リンク »)

【FaceMe(R) について】

AI顔認識SDK「FaceMe(R)」とは

ディープニューラルネットワーク AI 技術を使用した FaceMe(R) は、高速な認識速度(0.2秒以下)と高い認識精度(本人識別率 99.7%)、角度のついた顔でも認識する広い認識範囲を実現するリアルタイムAI顔認識エンジンです。

また、IoT用エッジデバイスからクラウドまで様々な環境に幅広く対応していることで、幅広いユーザーの要求に柔軟に対応できます。

AI顔認証エンジンFaceMe(R)の特長

■歩行中人物の顔を認証する「ウォークスルー認証」を実現

本人識別率99.7%の認証精度だけでなく、認証速度0.2秒以下、認証角度左右60度、上下50度と認証速度、認証角度においても世界トップクラスの性能を誇ります。これにより歩行したまま認証する「ウォークスルー認証」が可能になります。

■産業用デバイスやクラウドだけでなく、iPadなど市販のデバイスやIoTデバイスでも高速動作を実現

FaceMe(R)は産業用PCやワークステーションなどの高性能デバイスだけでなく、マシンスペックが高いとはいえない市販のタブレットやスマートフォン、組み込み向けIoTデバイス等でも十分実用可能な性能を発揮するよう作られています。顔認証システムの導入に高額な専用端末を必要としません。

FaceMe(R) の製品情報はこちら:   (リンク »)

顔認証のさまざまなソリューションを紹介するマーケットインサイトはこちら:

「メガネ?サングラス?ヘルメット?コスプレ?すっぴん? どこまでいけるの最新顔認証?」、「FaceMe(R)顔認証による接客業での顧客体験の向上」など

(リンク »)

FaceMe(R) YouTube チャンネルはこちら:

(リンク »)


■株式会社シーエーシーについて

CACは、1966年創業の独立系システム・インテグレータです。デジタルテクノロジーを用いて、顧客や社会の将来に良い影響を与える、価値あるサービスと製品を提供し、デジタルイノベーションに貢献します。

所在地:東京都中央区日本橋箱崎町24番1号
代表者:代表取締役社長 西森 良太
資本金:4億円(東証一部上場 株式会社CAC Holdingsの100%子会社)
事業内容:システム構築サービス、システム運用管理サービス、業務受託サービス
コーポレートサイト: (リンク »)

■ミニストップ株式会社について

イオンの一員としてコンビニエンスストア『ミニストップ』を展開。ミニストップ店経営希望者とミニストップパートナーシップ契約を締結し、商品情報や経営ノウハウを提供。ミニストップ店においては、ファストフード、デイリー食品、加工食品、家庭用品、雑貨等の商品販売および公共料金の収納代行などのサービスの提供を行う。

所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
代表者:代表取締役社長 藤本 明裕
資本金:79億9,153万3,000円
事業内容:コンビニエンスストア『ミニストップ』を展開。
ミニストップ店経営希望者とフランチャイズ契約を締結し、商品情報や経営ノウハウを提供。
コーポレートサイト: (リンク »)

■サイバーリンク株式会社について

1996年に設立。台湾に本社を置くマルチメディアソフトウェアと AI 顔識別技術の世界的リーダーです。デジタルコンテンツの創作、マルチメディアコンテンツの再生、AI 顔認証エンジンなどの多岐にわたるソリューションの開発を行っており、マルチメディアからスマートリテールなどのニーズに応えています。 コンシューマー向け映像・写真編集ソフトウェア製品は、欧米をはじめ世界各国で、プロの映像制作者から一般クリエイターまで数億のユーザーを獲得しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウェアの開発・販売を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのユーザーに支持されています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、新たに顔認証システム「FaceMe(R)」を開発。セキュリティシステム、個人認識・個人認証に最適なソリューションを提供することを通して、新しい「暮らし方」を創造しています。

サイバーリンク株式会社についての詳細は公式HPをご覧ください:  (リンク »)

■本ニュースリリースについて

本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク株式会社が保証するものではありません。

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。

Copyright 2022 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]