編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

LINE証券、3周年記念キャンペーンを本日より開始!株式・FX・CFD 人気の投資商品がもっとお得に取引できるチャンス

LINE株式会社

From: PR TIMES

2022-07-04 17:47

株式では毎週木曜に開催しているアフタヌーンセールEXを5日間連続開催FX・CFD取引のスプレッドを最長10月1日まで縮小


LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:正木美雪・米永吉和)は、スマホ投資サービス「LINE証券」のサービス開始から3周年を記念して、「LINE証券」「LINE FX」「LINE CFD」サービスにおいて、各サービスが通常よりもおトクに取引できるキャンペーンを開始いたしましたので、お知らせいたします。
■キャンペーン特設ページ: (リンク »)
※各キャンペーンにより実施期間が異なるのでご注意ください。



[画像: (リンク ») ]


「LINE証券」は、“投資をもっと身近に、もっと手軽に”をミッションとした、シンプルなデザインと直感的な操作性が特徴の新たな「スマホ投資サービス」です。1株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、取引所取引(現物取引・信用取引)、投資信託、FX取引サービス「LINE FX」、個人型確定拠出年金「LINEのiDeCo」、IPO(新規上場株)サービス、CFD 取引サービス「LINE CFD」、つみたて NISAなどを提供しており、総口座数は、2022年5月時点で140万口座を突破しております。

この度「LINE証券」は、サービス開始から3周年を記念して、日頃の感謝を込めておトクなキャンペーンを開催します。

■3周年キャンペーン概要
<LINE証券>5日連続のスペシャルウィーク!アフタヌーンセールExchange版
開催日:7月7日(木)、11日(月)~15日(金)、21日(木)、28日(木)
概要:毎週木曜日に開催されているアフタヌーンセールEXの特別キャンペーン。
7月は毎週木曜日に加えて、5日連続のスペシャルウィークを開催、取引所取引(現物)の後場約定(12:30-15:00)の取引手数料をキャッシュバック。
※規制銘柄は本キャンペーンの対象外となります

<LINE FX>人気の7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン
開催期間:7月1日(金)9:00~10月1日(土)3:00
概要:7通貨ペア(ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、カナダドル/円、NZドル/円、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル)のスプレッドを縮小。
※市場の急変時(震災などの天変地異・各国中央銀行の市場介入・その他外部要因)、や市場の流動性が低下している状況や重要指標発表などにより、 スプレッドが拡大する場合があります。

<LINE FX>合計最大90万円キャッシュバックキャンペーン
開催期間:7月1日(金)~9月30日(金)
概要:8通貨ペア(ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、カナダドル/円、NZドル/円、米ドル/ユーロ、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル)の取引量に応じて期間中に最大90万円のキャッシュバック
※新規で口座開設されたお客様(口座申込の翌々月まで)は新規のお客様向けのキャッシュバックキャンペーンが対象となり、本キャンペーンの対象外となります。

<LINE FX>FX口座新規開設キャンペーン
口座申込対象期間: 7月1日(金) 00:00~9月30日(金)23:59
概要:口座開設+お取引で最大305,000円相当オトク

<LINE CFD>CFDタイムセール 
開催期間:7月1日(金)~8月31日(水)の期間中の18:00~23:00
概要:CFD人気4銘柄(原油、金、日経225先物、ナスダック100先物)を18:00~23:00の時間限定で、
スプレッド縮小および固定
※市場の急変時(震災などの天変地異・各国中央銀行の市場介入・その他外部要因)、や市場の流動性が低下している状況や重要指標発表などにより、 スプレッドが拡大する場合があります。

※キャンペーンの条件および詳細につきましてはこちらをご確認ください:
(リンク »)

「LINE証券」は、今後も投資初心者から投資経験者まで全ての「働く世代」のユーザーの皆さまに支持されるようサービス改善を図っていくと同時に、取扱い商品の拡充を進め、生活に溶け込んだ新しい総合証券サービスを目指してまいります。


【LINE証券について】
・LINE証券サービストップ画面: (リンク »)
・LINE公式アカウント: LINE ID:@linesec
・公式サイト: (リンク »)
・公式Twitter: (リンク »)
・公式note: (リンク »)
・LINE証券公式メディア: (リンク »)

【LINE証券株式会社の概要】
(1) 名称: LINE証券株式会社
(2) 所在地: 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者: 代表取締役Co-CEO正木美雪(LINE株式会社)、米永吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容:資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサルティングサービスの提供等
(5) 資本金、資本準備金及びその他資本剰余金:490億円(2022年5月31日時点)
(6) 設立年月日:2018年6月1日

<LINE証券とは>
“投資をもっと身近に、もっと手軽に”をミッションに、スマートフォンに特化したシンプルで直感的なデザイン
と操作性が特徴の新たな「スマホ投資サービス」。2019年8月にサービスを開始。現在、1 株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、取引所取引(現物取引・信用取引)、投資信託、FX 取引サービス「LINE
FX」、個人型確定拠出年金「LINE の iDeCo」、IPO(新規上場株)サービス、CFD 取引サービス「LINE
CFD」、つみたて NISA を提供。総口座数は、2022年5月時点で140万口座を突破しております。

<手数料等およびリスク・ご注意事項>
当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して 4%以上(レパレッジ 25 倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

LINE証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会
お客様相談窓口:03-6670-3624 
日本商品先物取引協会: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

LINE株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]