編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

『乗換NAVITIME』、「運転再開予測」を提供開始

株式会社ナビタイムジャパン

From: PR TIMES

2022-07-08 18:40

電車の運転再開までの所要時間を予測する機能

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)は、2022年7月7日(木)より、『乗換NAVITIME』アプリにて、電車の「運転再開予測」を提供開始します。これにより、運転見合わせが発生した際の運転再開時間の目安をアプリでご確認いただけるようになります。



[画像1: (リンク ») ]


「運転再開予測」は、「運転見合わせ」が発生した場合に電車が復旧するまでの時間を予測するものです。アプリ上の運行情報画面※1において、運転再開までの予測所要時間を確認できます。また、運行情報の詳細画面では、過去の復旧実績をグラフで確認できます。運転再開予測と過去の復旧実績を比較できるため、復旧時間が長くなるケースや短くなるケースも視野に入れた上での意思決定にお役立ていただけます。

また、既存機能の遅延が発生している路線を避ける「迂回ルート検索」とあわせて確認することで到着時間の比較ができます。運転再開を待った方が早く目的地に到着するケースもあり、迂回するべきか、待つべきかの判断の一助としてお使いいただけます。

対象路線は、まずはJR東日本、東急電鉄、西武鉄道、都営地下鉄としており、エリア拡大も検討しています。

予測データは、よりリアルタイム性の高いデータとして鉄道事業者が運営する公式Twitterアカウントの発信内容を活用し、各路線の過去約3年分の、同一理由で発生した「運転見合わせ」から「運転再開」までの所要時間を収集して平均値を算出することで生成しています。公式Twitterアカウントや公式ツイートの情報が取得できない場合は、同事業者・同路線でナビタイムジャパンが独自に集計した過去事例や平均値を、「ナビタイム調べ」として表示します。

今回の対応により、運転再開の見込み時間が分かるようになるため、長時間運転を見合わせている電車が再開するまでの時間が分からないことに不安を抱えているユーザーや、少しでも早く目的地にたどり着きたいとお考えの方の不安解消や意思決定にお役立ていただけます。

今後もナビタイムジャパンでは、予測精度のさらなる向上に取り組み、対象路線の拡大も検討しながら、お客さま一人ひとりの安心、快適な移動をサポートできればと考えております。

※1 プレミアムコースをご利用のユーザーは、ルート検索画面などからも本機能をご利用いただけます。


サービスイメージ

[画像2: (リンク ») ]



『乗換NAVITIME』

電車、飛行機、路線バス、高速バス、フェリーなど公共交通機関の乗換に特化した乗換案内アプリです。
iOS: (リンク »)
Android OS: (リンク »)


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナビタイムジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]