編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

ニューサウスウェールズ州地方消防局の消防緊急対応システムを構築 大規模な山火事などの広域災害における現場消防活動を強力に支援

富士通株式会社

From: PR TIMES

2022-07-19 19:47

(本資料は、2022年7月19日に富士通オーストラリアが発行したプレスリリースの抄訳です)
富士通オーストラリアは、ニューサウスウェールズ州の森林火災などの消防活動を担う地方消防局と、大規模な山火事などの広域火災に対応した新たな消防緊急対応システムの構築および運用保守に関する5年契約(6,000万豪ドル)を締結し、2022年1月よりシステムの構築を開始、今後、2023年初頭までに消防車両へのモバイル端末の設置を完了させる予定です。



本システムは、同消防局の約5,000台の消防車両に設置するモバイル端末に、同消防局が管理する衛星画像、地形画像、気象情報などを消防士に迅速に提供することで、災害現場において円滑に消防活動を行えるよう支援するものです。米国のソフトウェア会社Adashi Systemsが、Amazon Web Services(AWS)上で提供するサービスを利用して画像や情報の共有を行います。

富士通オーストラリアは、2020年に同局に、災害発生時の被害状況に応じて管轄する消防署の割り当てを行うシステムComputer Aided Dispatchを提供しており、本システムと連携させることで、災害現場に合致する衛星画像や地形画像などを迅速にモバイル端末に提供することを可能にします。

なお、本システム構築は、2019年から2020年にかけてオーストラリア各地で発生した森林火災のための同州の助成金(1億9,200万豪ドル)対象のプロジェクトとなります。

【 商標について 】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【 当社のSDGsへの貢献について 】


[画像: (リンク ») ]


2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は、世界全体が2030年までに達成すべき共通の目標です。当社のパーパス(存在意義)である「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」は、SDGsへの貢献を約束するものです。

≪本件に関するお問い合わせ≫
富士通株式会社
富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話:0120-933-200
受付時間:9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

プレスリリースに記載された製品の価格、 仕様、 サービス内容などは発表日現在のものです。 その後予告なしに変更されることがあります。 あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]