編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

Salesforce、 営業スキル強化のための学習コンテンツを Sales Enablement内で無償で提供

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2022-07-20 16:17



株式会社セールスフォース・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は、本日、Sales Enablement(旧名称:myTrailhead)内で、営業スキル強化を中心とした社員育成のための学習コンテンツを順次無償で提供することを発表しました。

Sales Enablement(旧名称:myTrailhead)は、従業員オンボーディングの強化、Salesforceユーザーの定着化、生産性の飛躍的な向上、企業文化の醸成のための学習プラットフォーム(製品)です。これまで本製品は、顧客独自の社内資料や情報をまとめてコンテンツを作成することで社員教育に効率的に取り組むことが可能でしたが、一方で、Salesforceの営業ベストプラクティスについても学びたいという声も多くありました。

このたび提供するコンテンツは、これまでTrailhead(※)にて提供していた一般的な製品利用方法の紹介に止まらず、営業成果を上げるための実践学習コンテンツが多く含まれます。中でも、Salesforceの営業ベストプラクティスコンテンツは、これまでSalesforceが培った営業ノウハウについて余すことなく学習することができる内容となっており、顧客が成果を出せる営業育成の支援になります。提供コンテンツは合計70を超え、営業の考え方、商談への取り組み方などの営業基礎スキル強化をはじめ、コンタクトセンターの人材育成やDX人材育成、Sales CloudやService Cloud活用方法など当社製品の活用方法に至るまで幅広いテーマを取り揃えています。

【概要】
● 提供コンテンツ:
合計71コンテンツ(2022年8月末予定)

 ■営業:商談スキル
 商談醸成からクローズまでの営業ノウハウを詰め込んだ学習コンテンツで営業の生産性向上を加速
 ■営業:インサイドセールス
 インサイドセールス立ち上げ・育成に取り組む顧客向けの、未経験者を対象にした営業基礎知識の学習コンテンツ
 ■Salesforce活用
 業務オペレーションの遂行能力を高める学習コンテンツ「基本のSalesCloudの使い方」
 ■DX人材育成
 DXを推進する土壌づくりとしてITスキル/考え方など基礎知識の習得を促進

● 提供スケジュール:
2022年8月末までに第一弾として上記71コンテンツを提供完了予定
対象:Sales Enablementを契約中の顧客

● 製品ウェブサイト: (リンク »)

■イメージ図1 Sales Enablement機能概要1.
Sales Enablementを利用する顧客は、Salesforceのノウハウが詰まった学習コンテンツを追加費用なしで利用することができます。また、デスクトップ、ノートパソコン、スマートフォンなど、複数の端末から場所を問わず気軽に学習することができます。
[画像1: (リンク ») ]


Sales Enablementを契約すると、顧客は契約直後よりこれらのコンテンツを利用することができます。顧客は自社におけるコンテンツ作成の負荷を軽減できるだけでなく、これらのコンテンツを活用することで、自社内における営業育成プログラムを大幅に強化することができます。また、Sales Cloudを活用している場合、学習実績と営業実績との相関を含めた分析が可能になり、社員一人ひとりに合わせた「業務成果を出すための学習」を促す仕組みが提供できます。

パンデミックを経て、企業は、顧客の高まる期待に答えながら、多くの業務をこなし、厳しい労働競争環境を乗り切らなければならないという現実に直面しています。特に、育成担当者は限られた人数で、時には数百人規模の育成を通し、業績に貢献することが求められています。Salesforceは、学習の仕組みを通じて担当者が自走して学びやすい環境を整備するとともに、これまで同社が培ったノウハウを提供することで、今後もプロフェッショナル人材の育成ならびに顧客の成功に貢献していきます。

■イメージ図2 Sales Enablement機能概要 2.
独自の学習コンテンツを作成することが可能なSales Enablementの学習環境
[画像2: (リンク ») ]


■イメージ図3 インサイドセールス人材育成コンテンツ例
[画像3: (リンク ») ]


(※) Trailhead( (リンク ») )とは、無料のオンライン学習プラットフォームです。ゲーミフィケーション形式で、必要なタイミングで必要な知識を習得し、身につけたスキルを視覚化することができます。Salesforce製品を運用活用する上でのITナレッジをはじめ、ビジネスパーソンに必要とされるハードスキルやソフトスキルなど、キャリアアップやリスキリングに必要な学びを得ることができます。


Salesforceについて
Salesforceは顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、あらゆる規模や業種の企業がデジタルトランスフォーメーションを行い、顧客を360度で見られるよう支援しています。Salesforce(NYSE: CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

本プレスリリースやその他のプレスリリース、または公式ステートメントで言及された未提供のサービスや機能は現在利用できないものであり、予定通りに、または全く提供されない可能性があります。Salesforceのアプリケーションを購入されるお客様は、現在利用可能な機能に基づいて購入をご判断くださいますようお願いいたします。米国サンフランシスコに本社を置くSalesforceは、ヨーロッパとアジアにオフィスを構えており、ニューヨーク証券取引所ではティッカーシンボル 「CRM」 で取引されています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]