編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

浦和レッズと凸版印刷、メタバース上で浦和レッズファンワールド開設

凸版印刷株式会社

From: PR TIMES

2022-07-25 14:12

浦和レッズ設立30周年を記念したファンのためのバーチャル空間を構築、選手やトロフィーなどの3DCG展示、ファンイベントを開催

 浦和レッドダイヤモンズ株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長 立花 洋一、以下 浦和レッズ)と、浦和レッズの2022シーズントップパートナーである凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、浦和レッズ のクラブ設立30周年を記念して2022年7月29日(金)より「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」(以下、本ファンワールド)を開設します。
 本ファンワールドでは凸版印刷がプロデュースしたメタバース空間に、浦和レッズの歴代ユニフォームやトロフィーの3DCG、また30年間の浦和レッズの歴史を振り返ることができる写真展や軌跡映像などの展示が体験できます。ファンワールド内では浦和レッズのユニフォームを着た3Dアバターを介してファン同士の交流も可能です。また、浦和レッズの選手を凸版印刷が提供する「MetaClone(R)アバター(※1)」で再現。今後はファンと一緒に楽しめるメタバースイベントを開催予定です。
 




 
[動画: (リンク ») ]



 なお、本ファンワールドはメタバースプラットフォーム 「cluster(クラスター)」(※2)内で提供します。
 浦和レッズと凸版印刷は本ファンワールドを通じて、コロナ禍におけるスポーツの楽しみ方やファンコミュニティの場を提供し、スポーツエンタテインメント分野における新たなスポーツ体験の実現を推進していきます。


[画像1: (リンク ») ]


■ 背景
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、リアルでのスポーツ観戦機会が減少するなど、スポーツチームにとってはファンとのエンゲージメントをどのように確保するかが課題となっています。凸版印刷は、メタバース事業を通じて「誰一人取り残されない」デジタル社会の実現を目指すとともに、これまでもデジタル空間やリアルとデジタル空間を掛け合わせた様々なイベントの企画・運営に携わってきました。凸版印刷の持つこれらのノウハウと浦和レッズの持つ写真や映像、記念グッズなど様々なコンテンツを掛け合わせ、時勢や時間、場所に左右されず新たなスポーツの楽しみ方を提供するメタバース空間を構築。浦和レッズと凸版印刷は共同で「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」を開設します。今後は、現実空間と連携しメタバース空間を活用したイベントなどの実施を予定。クラブとファン・サポーターとのエンゲージメントの向上を目指します。

■ 「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」の特長
メタバース上だからこそ実現できる様々な展示や交流の場を提供します。

1. 浦和レッズクラブ設立30年のヒストリーを体感することが可能

[画像2: (リンク ») ]

 浦和レッズが過去の大会で獲得したトロフィーや歴代ユニフォームなどを3Dで再現し、オンライン上でこれらのオブジェクトを間近で見ることができます。メタバース上のファンワールドのため、時間や場所の制約なく浦和レッズ30年分の歴史を堪能することができます。また、展示されている選手のアバターの生成には、凸版印刷が提供する1枚の写真からフォトリアルな3Dアバターを自動生成できるサービス「MetaClone(R)アバター」を使用。さらに着用ユニフォームも忠実にCGで再現し、コート上の選手を普段見ることのできない等身大で体感することができます。


[画像3: (リンク ») ]


2.浦和レッズの現役選手が3Dアバターで登場
 浦和レッズの現役選手が3Dアバターを介してメタバース空間内に登場し、参加者は選手やチームを身近に感じることができます。今後は、音声によるアバターコミュニケーションを楽しめるイベントなどを予定しており、メタバース空間ならではの貴重な体験を提供していきます。


[画像4: (リンク ») ]

3.浦和レッズのユニフォームを着たアバターでファン同士でのコミュニケーションが可能
 参加者へ浦和レッズのユニフォームをアバターアイテムとして用意し、それを着てメタバース空間内に入ることができます。同じ空間内にいるファン同士でコミュニケーションをとることができ、遠く離れた所に住むファン同士も、クラブに対する熱量を隣で共有し合うことができます。


■ 「REDS 030th VIRTUAL FAN WORLD by TOPPAN」の概要
・提供方法:クラスター株式会社が提供するメタバースプラットフォーム「cluster」内にて提供。
      (利用デバイスへ「cluster」アプリのインストール、無料アカウントの作成が必要です)
・提供期間:2022年7月29日(金)~ ※終了期間未定
・参加方法: 7/29(金)0時より、下記URLへのアクセスとワールド検索が可能となります。
(リンク »)
      または、「cluster」にログインしワールド検索で「REDS 030th 」と入力し、参加ください。
      VRデバイス、スマートフォン、PCから参加が可能です。
・主催:浦和レッドダイヤモンズ株式会社、凸版印刷株式会社
・参加費:無料
・clusterアカウント作成URL: (リンク »)
・clusterアプリダウンロードURL: (リンク »)

■ 今後の目標
 浦和レッズは、長きにわたり情報文化の担い手として活躍されている凸版印刷とともに、より多くの感動・喜びをファン・サポーターのみなさまに提供し続けてまいります。
 凸版印刷は、今後もスポーツや文化・芸術領域におけるメタバース空間のプロデュースおよび現実空間と連携したイベントの実施などを行い、新たな楽しみ方や体験価値を提供していきます。また、現実空間とメタバースのシームレスな連携による新しいコミュニケーションの場の提供を通じ、誰もが参加しやすく安全/安心で持続可能な社会の実現を目指します。


※1 MetaClone(R)アバター
 凸版印刷が提供するメタバース上でサービスを開発・運用する企業向けに、1枚の写真からフォトリアルな3Dアバターを自動生成できるサービス。自分自身の顔写真を1枚アップロードし、入力した身長と体重の情報を元に再現した、フォトリアルな3Dアバターを自動生成することができます。

※2 メタバースプラットフォーム「cluster(クラスター)」
 クラスター株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役CEO:加藤 直人)が提供する誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできるメタバースプラットフォームです。スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。世界初VR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や世界初eSports専用バーチャル施設「V-RAGE」、渋谷区公認の「バーチャル渋谷」、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」の制作運営など、メタバースを実現し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続けています。


* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


以  上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]