編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

AIと機械学習を活用したZero Trust Exchangeの新機能を国内提供開始

ゼットスケーラー株式会社

From: PR TIMES

2022-07-26 13:47

高度化するサイバー攻撃を阻止するAI搭載の優れたセキュリティサービスエッジ(SSE)をクラウドセキュリティプラットフォームで提供

クラウドセキュリティ業界を牽引するZscaler(本社:米国カリフォルニア州、以下ゼットスケーラー、 (リンク ») )は、卓越したユーザ保護とデジタルエクスペリエンスモニタリングを実現する、世界最大規模のセキュリティクラウド「Zero Trust Exchange™」に、AIと機械学習を活用した新機能を発表しました。新機能は、本日より日本で提供を開始ます。この機能により、ゼットスケーラーのZero Trust Exchangeのセキュリティプラットフォームがさらに強化され、高度化するサイバー攻撃への対策として、組織でのSSE(セキュリティサービスエッジ)の実装を推進するとともに、ユーザに優れたデジタルエスクペリエンスが提供され、ゼロトラストアーキテクチャの導入を支援します。

現在、多くの組織がサイバー攻撃の重大な危機にさらされており、暗号化されたインターネットトラフィックへのサイバー攻撃は314%増加し、ランサムウェアも80%の増加を見せ、なかでも二重脅迫型ランサムウェアは約120%増加しました。フィッシング攻撃の脅威も増しており、金融サービスや政府機関、小売業界などでは2021年の年間増加率が100%超となりました。高度化する脅威に対応するため、組織はリアルタイムで変化するリスクに適応する必要があります。しかし、サイバー脅威が増えることで、予算の少ないIT部門やセキュリティ部門ではリアルタイムのセキュリティ警告への対応に疲弊しており、効果的に調査、対処できるリソースやスキルが不足しているケースも多く存在しています。Zero Trust Exchangeを活用することで、ワンクリックで根本原因を分析してデジタルエクスペリエンスの低下をもたらしている問題を特定し、IT部門やセキュリティ部門がトラブルシューティングに費やしていた時間を攻撃の防御に充てられるようになります。AI搭載のセキュリティが自動的に脅威を検知し、スピーディで優れたセキュリティ実現のためにIT担当者を支援します。

ゼットスケーラーが運営する世界最大規模のインラインセキュリティクラウドであるZero Trust Exchangeは、毎日2,400億件を超えるデータトランザクションを調査し、1日に1億5,000万件に上る世界中の攻撃を阻止しています。精度の高い自動化した脅威対応やセキュリティチームへのポリシー提案は、AIと機械学習モデルを独自に訓練する機能を備えることで実現しています。迅速な脅威検出から必要となるリソースの軽減に至るまで、ゼットスケーラーのゼロトラストプラットフォームがIT部門やセキュリティ部門を支援し、手動でのアラート追跡や新たな脅威の特定といった、頻繁に発生する対応作業にかかる負担を低減します。

ゼットスケーラーのプレジデントを務めるアミット・シンハ(Amit Sinha)は、次のように述べています。「サイバー犯罪者はAIや自動化、高度なテクニックを駆使して機械学習を行い、これまで以上の速度で被害対象へのハッキングやソーシャルエンジニアリングを行っています。エスカレートする脅威にお客様が対抗できるよう、ゼットスケーラーは自社の膨大なデータプールを活用することで、クラウドでのAIと機械学習を劇的に進化させ、他のセキュリティベンダーが提供できない、リアルタイムでのきめ細かいリスクの可視化や攻撃者に対抗するソリューションをお客様に提供します。」

AI搭載のゼロトラストプラットフォーム、Zero Trust Exchangeを活用することで、以下のようなインテリジェントなセキュリティイノベーションを通じ、ネットワーク防御の強化を実現することができます。

AIを活用したフィッシング対策:1日300兆件に上る脅威シグナルから得た脅威インテリジェンスのリアルタイムアナリティクスやゼットスケーラーの調査チーム、「ThreatLabz」でのリサーチ、( (リンク ») )およびダイナミックなブラウザ分離により、フィッシングサイトからの認証情報の窃取やブラウザの不正使用を検知、阻止します。
AIを活用したセグメンテーション:プライベートアプリのテレメトリやユーザのコンテキスト、行動、位置情報など、数百万を超える顧客間のシグナルから学習したAIベースのセキュリティポリシー提案により、ユーザとアプリ間のセグメンテーションを簡素化し、攻撃対象領域を最小化して水平移動を防止します。
リスクに基づく自律的なポリシーエンジン:Zscaler Zero Trust Exchange全体でセキュリティポリシーとアクセスポリシーをリアルタイムでダイナミックに適応させ、急速に進化するサイバー脅威に対してネットワークの整合性を維持します。またこの機能により、セキュリティチームはユーザ、デバイス、アプリ、コンテンツに対するリスクスコアリングに基づくポリシーをカスタマイズすることができます。
AIベースの根本原因分析:ユーザエクスペリエンスを低下させる根本原因を180倍早く特定することで、解決までの時間を短縮し、影響を受けたエンドユーザをわずか数秒で業務にわずか数秒で業務に復帰させ、IT部門がトラブルシューティングと分析に費やす時間を削減します。


ニュージーランドのオークランドを拠点とするTower Limitedのモダンワークプレイスセキュリティオペレーションズ部門のマネージャを務めるダレン・ビーティー(Darren Beattie)氏は、次のように述べています。「従業員が必要とするデバイスやアプリケーションにシームレスなデジタルエクスペリエンスを提供することは、機密情報を扱う業務アプリケーションやデータにどこにいてもアクセスできる状態であることに不可欠です。ゼットスケーラーの統合クラウドプラットフォームによって、ゼロトラストアーキテクチャの導入やリスクの低減、デジタルトランスフォーメーションの加速、そしてビジネスの目標達成を容易に実現させることができました。」

Cache Creek Casino Resortの情報技術部門のバイスプレジデントを務めるスティーブン・ベイリー(Stephen Bailey)氏は、次のように述べています。「SSEフレームワークに基づくゼットスケーラーのAI搭載型のゼロトラストプラットフォームにより、IT部門やセキュリティ部門が対応可能な範囲が拡大し、増加している高度なサイバー攻撃の阻止が可能になりました。脅威は常に進化しており、こうしたAIによる新たな機能を活用することで、リアルタイムでリスク状況を確認し、対応プロセスの自動化や攻撃者の先を行く対策を効果的に実現します。」

ゼットスケーラーのAIを搭載したセキュリティサービスエッジ(SSE)プラットフォームに関する詳細は、製品ページ( (リンク ») )にて確認できます。


ゼットスケーラーについて
ゼットスケーラー (NASDAQ: ZS) は、より効率的で、俊敏性や回復性に優れたセキュアなデジタルトランスフォーメーションを加速しています。Zscaler Zero Trust Exchangeは、ユーザ、デバイス、アプリケーションをどこからでも安全に接続させることで、数多くのお客様をサイバー攻撃や情報漏洩から保護しています。世界150拠点以上のデータセンタに分散されたSSEベースのZero Trust Exchangeは、世界最大のインライン型クラウドセキュリティプラットフォームです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ゼットスケーラー株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]