CircleCI、開発の柔軟性とスピードを高める Gitlab.com のネイティブサポートをリリース

CircleCI合同会社

From: PR TIMES

2022-07-27 20:47

VCS に GitLab を利用しているソフトウェア開発者も、CircleCI の世界トップクラスの CI/CD 機能を利用可能に

サンフランシスコ、2022 年 7 月 26 日 - 業界最先端を走る継続的インテグレーション & 継続的デリバリー (CI/CD) プラットフォームの CircleCI ( (リンク ») ) は、本日、Gitlab.com ( (リンク ») ) のサポートを一般公開したと発表しました。これにより、GitLab Inc. から提供されているソフトウェアイノベーションのための One DevOps プラットフォームと、CircleCI の両方のツールの相互運用が可能になりました。



[画像: (リンク ») ]


GitLab を利用しているソフトウェア開発チームにとっては、CircleCI でビルド、テスト、デプロイを行えるだけでなく、同プラットフォームならではの業界屈指のスピード、自動テスト分割 ( (リンク ») )、業界最多のリソースクラスとコンピューティングオプション ( (リンク ») ) も利用できるというメリットがあります。

CircleCI は 2011 年の設立以来、一貫してソフトウェア開発の最前線に立ち続けています。Samsung、Peloton、Ford Motor Company をはじめとして世界中に数千を超えるお客様を持ち、開発プロセスの徹底したカスタマイズを通じてアイデアを大規模に実現できるようサポートしています。

業界や企業を問わずソフトウェアがビジネスのコアとなった今、変化のペースは加速の一途をたどっています。こうした急速な成長とともにソフトウェア開発の複雑化が進んでおり、開発者やソフトウェアチームが負う責任は広まり、その重要性も高まっています。

CircleCI CEO の Jim Rose は次のように述べています。「私たちは、ソフトウェアエコシステム全体で起きるあらゆる変更を CircleCI で管理可能にすることを目指しています。こうすることで、ソフトウェア開発における開発からデリバリーまでのプロセスの信頼性、柔軟性、管理性を高められます。この目標の一環として、GitLab ユーザーのみなさまをサポートすべく努めてきました。今回のサポートの実現を受け、GitLab ユーザーの方々が CircleCI を使用してどのようなプロダクトを開発していただけるのかと期待を募らせています」


GitLab アライアンス担当バイスプレジデントの Nima Badiey 氏は次のように語っています。「GitLab の信念は、誰もがプロジェクトに貢献できるということです。この信念は、CircleCI のような業界の仲間との連携によって現実のものとなります。今回の連携で、ソースコード管理などに GitLab を使いたいとお考えのみなさま向けに、GitLab への移行のハードルを下げることができました。そして、お客様にモダンなソリューションを提供するという GitLab のミッションをまた一歩前に進めることもできました」

Gitlab.com のネイティブサポートを通じ、GitLab と CircleCI のユーザーが得られるメリットは以下のとおりです。

GitLab ベースのトリガー:フォーク後のマージリクエスト時や、マージリクエストの送信時のみ、特定のブランチに対するコミット時など、重要なイベントにもとづいて CircleCI でのパイプライン実行のタイミングを設定できます。
高度な権限管理モデル:セキュリティ、DevOps、開発の各チームで CircleCI の新しい包括的な権限管理機能を活用することで、コントリビューターの変更可能な範囲を担当箇所のみに制限し、設定ファイルを保護できます。
幅広いツールと連携済み:CircleCI は Amazon Web Services (AWS)、Slack、Atlassian などの開発で人気のサービスと連携しており、Gitlab.com、GitHub、Bitbucket 上でのビルドが可能です。
エンジニアリングの意思決定をリアルタイムに実行:パイプラインのパフォーマンスや正常性に関するメトリクスをもとに、クレジットの使用状況、ビルドの成功率、実行結果が不安定なテスト、パイプラインの実行時間などのデータをリアルタイムに確認できます。

Gitlab.com サポートの先行ユーザーからは、柔軟性を維持しながら迅速にビジネスバリューを実現しやすくなったと高い評価が寄せられています。たとえば、金融サービスプロバイダーの Moneytor 社に務める Yoel Astanovsky 氏は次のように述べています。「GitLab と CircleCI の連携には非の打ち所がありません。簡単かつスピーディで、生産性も高められます」

また、IDC 社 DevOps および DevSecOps ソリューション担当研究ディレクターの Jim Mercer 氏は次のように語っています。「CircleCI は、開発者が自分たちにとってベストなツールを利用できるようサポートしています。今回の GitLab への対応により、開発界隈における CI/CD のとらえ方や使い方が拡張され、生産性、コード品質、ビジネスバリューが向上するとともにツール間の連携が広まるものと期待されます」

GitLab のサポートは、CircleCI が予定している多数の更新 ( (リンク ») ) の第一弾です。CircleCI では今後、サードパーティのプラットフォーム、API、イメージリポジトリなど、コードリポジトリ以外の変更ソースへの対応を計画しています。

本件について詳しくは次のブログ記事をご覧ください:GitLab に CircleCI が対応 ( (リンク ») )

CircleCI への登録については次のページをご覧ください: (リンク »)

CircleCI について
CircleCI は、大規模なソフトウェアイノベーションのための継続的インテグレーション ( (リンク ») ) & 継続的デリバリープラットフォームとして市場をリードしています。インテリジェントな自動化とデリバリーツールを備えており、世界中の優れたエンジニアリングチームがアイデアを形にするまでの時間を大幅に短縮するために活用されています。DEVIES、Forbes の Best Startup Employers of the Year や Deloitte の Technology Fast 500 などの独立調査会社による業界賞において、クラウドネイティブな継続的インテグレーション分野における革新的リーダーとして評価されています。

CircleCI は 2011 年創業のグローバル企業であり、サンフランシスコのダウンタウンに本社を置き、世界各地にリモートワークの従業員を擁しています。ベンチャーキャピタルの Base10、Greenspring Associates、Eleven Prime、IVP、Sapphire Ventures、Top Tier Capital Partners、Baseline Ventures、Threshold Ventures、Scale Venture Partners、Owl Rock Capital、Next Equity Partners、Heavybit、Harrison Metal Capital から出資を受けています。詳細については、公式 HP ( (リンク ») ) をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]