編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

アドビ、「夏の思い出」をテーマとしたフォトコンテスト開催!

アドビ株式会社

From: PR TIMES

2022-07-29 16:18

夏の間に撮影した写真をInstagramで7月29日(金)~8月31日(水)まで募集



アドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神谷 知信、以下 アドビ)は、2022年7月29日(金)から8月31日(水)の期間で、Instagramで活動している4つのフォトコミュニティ「Art of Japan ( (リンク ») ) 」、「Lovers Nippon ( (リンク ») ) 」、「Photo Japan ( (リンク ») ) 」、「Team JP ( (リンク ») ) 」とコラボレーションした「Instagramフォトコンテスト」を実施します。 今年のテーマは「夏の思い出」。過去に撮影した写真も含め、夏の間に撮影した風景、スナップ、ポートレート、テーブルフォト、ペットなど「夏の思い出」に関する様々な写真を募集します。

今年は新たに、スマートフォン部門も設けました。またAdobe Lightroom ( (リンク ») ) を使った写真加工テクニックをチュートリアル ( (リンク ») ) でもご紹介しており、スマホユーザーや写真初心者でも気軽に応募いただけます。

アドビはユーザーの皆様が楽しみながらクリエイティビティを発揮できる機会を提供しています。多くの皆様からクリエイティビティに溢れる夏の思い出写真のご応募をお待ちしています。
[画像: (リンク ») ]

【Instagramフォトコンテスト概要】
募集期間:2022年7月29日(金) ~ 8月31日(水)23:59まで
応募方法: Instagramからご参加ください
STEP1:Adobe Creative Cloud公式Instagramアカウント ( (リンク ») ) とコラボレーションする4つのInstagramフォトコミュニティを全てフォロー

Art of Japan【@art_of_japan ( (リンク ») ) 】
Lovers Nippon【@lovers_nippon ( (リンク ») ) 】
Photo Japan【@_photo_japan_ ( (リンク ») ) 】
Team JP【@team_jp ( (リンク ») ) 】
※ABC順

STEP2:Instagramアカウントから投稿
投稿時に「複数枚投稿」を選択し、1枚目に現像後の完成した写真を、2枚目に現像前の編集していない写真を追加、ハッシュタグ「#Lightroomweek ( (リンク ») ) 」をつけて、ご自身のInstagramアカウントから投稿してください。スマホで撮影し、Adobe Lightroomモバイル版で現像した写真を投稿するときは、ハッシュタグ「#Lightroomweek_mobile ( (リンク ») ) 」をつけてください。

賞品内容:
最優秀賞(1名):Amazonギフト券10万円分 + Adobe Creative Cloudフォトプラン12ヶ月版

★#Lightroomweek:カメラやスマホで撮影しAdobe Lightroom製品のいずれかで現像
Art of Japan賞、Lovers Nippon賞、Photo Japan賞、Team JP賞(各1名ずつ):Amazonギフト券1万円分 + Adobe Creative Cloudフォトプラン12ヶ月版

★#Lightroomweek_mobile(スマホ部門):スマホで撮影しAdobe Lightroomモバイル版で現像
Art of Japan賞、Lovers Nippon賞、Photo Japan賞、Team JP賞(各1名ずつ) :Amazonギフト券1万円分 + Adobe Creative Cloudフォトプラン12ヶ月版

入賞作品は、4つのフォトコミュニティ「Art of Japan」、「Lovers Nippon」、「Photo Japan」、「Team JP」のInstagramアカウントでそれぞれ発表するとともにAdobe Creative Cloud ( (リンク ») ) 公式 Facebookアカウント ( (リンク ») ) 、Twitterアカウント ( (リンク ») ) 、Instagram ( (リンク ») ) アカウントで紹介していきます。入賞作品の発表は9月中旬予定です。

本コンテストの詳細は下記のブログよりご確認ください。
URL: (リンク »)

■「アドビ」について
アドビは、「世界を動かすデジタル体験を」をミッションとして、3つのクラウドソリューションで、優れた顧客体験を提供できるよう企業・個人のお客様を支援しています。Creative Cloud( (リンク ») )は、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供しています。Document Cloud( (リンク ») )では、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。Experience Cloud( (リンク ») )は、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Sensei( (リンク ») )を活用しています。

アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人です。日本市場においては、人々の創造性を解放するデジタルトランスフォーメーションを推進するため、「心、おどる、デジタル」というビジョンのもと、心にひびく、社会がつながる、幸せなデジタル社会の実現を目指します。

アドビに関する詳細な情報は、webサイト( (リンク ») )をご覧ください。

(C) 2022 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]