編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

楽天証券、投信積立の月額設定金額、1,000億円を突破!

楽天証券

From: PR TIMES

2022-08-06 02:40

- 2021年7月末比56.3%増!約1年3カ月で500億円増に -

楽天証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠 雄治、以下「楽天証券」)は、このたび、投信積立の月額設定金額が、1,000億円を突破したことをお知らせします。2008年3月に投信積立サービスを開始してから、13年1カ月となる2021年4月に500億円に到達、そこから約1年3カ月と13分の1の期間で500億円増となりました。



[画像: (リンク ») ]


楽天証券は、1999年に日本で初めてオンライン専業の証券会社としてサービスを開始して以来、“すべての人々のために”をモットーに、社員一同、サービスの拡充に努めております。

楽天証券は、資産形成関連サービスを強化するため、常に業界に先駆けたサービス提供を行っています。特に、投信積立サービスにおいては、2018年に、「楽天ポイント」を使って有価証券を購入できる「ポイント投資」の対象商品を投信積立にも拡充したほか、「楽天カード」クレジット決済で投信積立ができるサービスも開始しました。さらに、2022年6月には、楽天グループのペイメント戦略の中枢を担う、オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を投信積立の新たな決済方法として利用できるようになり、想定を超える多くのお客様にご利用いただいています。

2019年以降、老後資金への興味・関心やコロナ禍での環境変化などにより、これまで投資・資産形成を行ってこなかった多くの一般大衆層の方も、楽天証券で資産形成の一歩を踏み出されており、2022年6月に楽天証券の総合口座数は800万超となりました。さらに、2022年5月に、内閣総理大臣がロンドンで表明した「資産所得倍増プラン」を機に、新たにNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)への注目が高まりつつあります。

これまでの取組みや時代背景などを受け、楽天証券の投信積立の月額設定金額は、2008年3月に投信積立サービスを開始してから13年1カ月となる2021年4月に500億円に到達、そこから約1年3カ月と13分の1の期間で500億円増となる1,000億円にまで拡大しました。楽天証券では、これまで以上にお客様の資産づくりに投信積立を活用いただくべく、2022年7月22日(金)から同年8月12日(金)まで、「夏の投信積立デビュー&増額キャンペーン」も実施しています。楽天証券ではじめて投信積立をされた方、および、投信積立の設定金額を増額された方は、抽選で1,000名様に1,000円分の「楽天キャッシュ」がもらえます。

楽天証券は今後も、「資産づくりの伴走者」として、これから資産形成を始める投資初心者の方に「はじめる」きっかけだけでなく、永く資産形成を「つづける」環境を提供するべく、幅広いお客様のニーズにお応えし、お客様に「永く付き合いたい証券会社」として選んでいただけるよう努めてまいります。


「夏の投信積立デビュー&増額キャンペーン」概要


[表: (リンク ») ]


(注)キャンペーンの内容は、事前の予告なく変更になる場合がありますので、予めご了承ください。
そのほか、キャンペーンの条件やご注意事項などの詳細は、こちらをご覧ください: (リンク »)


以 上


【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会
     一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]