編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

基本無料・査定回数無制限の不動産投資家向けオンライン賃料査定サービス『ポルティ賃料査定』を正式リリース

株式会社ポルティ

From: PR TIMES

2022-08-10 18:48

~不動産投資家に新たなデータ活用機会を提供~

不動産データソリューションを提供する株式会社ポルティ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:平瑶平、以下ポルティ)は、2022年8月10日(水)より無料で回数無制限に利用できるオンライン賃料査定システム『ポルティ賃料査定』( (リンク ») )を正式サービスとして一般公開いたしました。不動産投資における所有物件の募集賃料の決定、収益物件の相場把握、新規物件の企画など様々なタイミングで発生する査定プロセスを効率化します。



[画像1: (リンク ») ]



サービス提供の背景

不動産投資において投資物件の適正な賃料を予測することは、収益を決定する最も重要な活動でありながらも、これまでは投資家個人の経験や勘に基づいて行われていました。昨今、統計的に賃料査定を行うシステムが登場してますが、個人にはサービスを公開していないか、企業向けの高額な価格設定であることから、幅広く普及しているとは言えない状況にありました。
ポルティは、不動産賃料査定システムである『ポルティ賃料査定』の基本機能を無償公開することによって、個人投資家の方々にデータを活用した不動産投資の機会を提供いたします。

『ポルティ賃料査定』の使い方と特徴

サービスのご利用方法は、『ポルティ賃料査定』( (リンク ») )にアクセスし、査定したい物件のスペック情報(最寄り駅や築年数など)を入力後、査定ボタンをワンクリックするだけで査定結果が約1秒以内に表示されます。無料会員に登録していただくことで、1LDKまでの間取りの物件を回数無制限に査定することが可能になります。

『ポルティ賃料査定』には以下の特徴があります。

市場の実態に即した査定額の計算
約1秒で査定が完了する高速なアルゴリズム
日本全国対応


『ポルティ賃料査定』の査定アルゴリズム開発責任者は10年以上にわたる不動産データ分析の経験を有し、アルゴリズムの精度に関する地域別の詳細な情報をweb上に公開しています。( (リンク ») )
[画像2: (リンク ») ]



ポルティは2022年6月7日に『ポルティ賃料査定』のβ版をリリースいたしました。これまでに累計2万回以上の査定が行われ、一部有料サービスは東証プライム市場に上場されている企業様にもお使いいただいております。(2022年8月10日時点)

[画像3: (リンク ») ]



今回の『ポルティ賃料査定』の正式リリースにより、今まで個人投資家が活用できなかった賃料査定システムをWeb上に公開し、いつでもご利用いただけるようにいたします。これにより、収益物件の利回り予測、募集賃料の決定、中古物件の売買検討などに伴う時間と労力がかかる査定プロセスを短時間で簡単に行えるようになります。
ポルティは日本に約300万人以上いるとされている不動産投資家に向けて、不動産投資におけるデータ活用を促進し、不動産市場の効率化につなげたいと考えています。


株式会社ポルティについて

【会社概要】
会社名:株式会社ポルティ
所在地:福岡市博多区博多駅南2-9-10-1010
代表者:平瑶平
設立:2022年
URL: (リンク »)

事業内容:不動産情報サービス事業、不動産データ分析事業
【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社ポルティ
e-mail:info@porty.co.jp
担当: 井上(イノウエ)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]