編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

HENNGE、標的型攻撃対策、脱PPAP、脱VPNの推進に、新しく3体のウルトラ怪獣を起用した「ウルトラ体験キャンペーン」を展開!

HENNGE株式会社

From: PR TIMES

2022-08-10 19:17

HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏、以下、HENNGE)は、企業が取り組むべきセキュリティ対策「標的型攻撃対策」「脱PPAP」「脱VPN」の推進を目的に、ウルトラマンシリーズに登場するウルトラ怪獣をイメージキャラクターに起用したキャンペーンを本日より実施します。



[画像1: (リンク ») ]


HENNGEでは企業のSaaS導入加速を目指し、2022年3月から、ウルトラマンとウルトラ怪獣(バルタン星人、ダダ、カネゴン)をイメージキャラクターに起用したキャンペーン( (リンク ») )を展開しています。
本キャンペーンはその第2弾として、企業のSaaS導入に不可欠なセキュリティ課題のうち、昨今特に関心が高い「標的型攻撃」「PPAP問題」「VPN問題」を解決しようと、新たに3体のウルトラ怪獣(メフィラス星人、ザラブ星人、ゴモラ)を追加起用し、SaaS認証基盤(IDaaS)の「HENNGE One」の周知を図ります。


ウルトラ体験キャンペーン

期間:2022年8月10日~12月31日
内容:HENNGE One 30日間無料体験
対象:Microsoft 365(Office 365)をご利用中の、従業員数100名以上の法人企業
   ※同業他社様、利用環境などによってはお断りする場合がございます。
特典:HENNGE&ウルトラマンのオリジナルノベルティ進呈
お申し込み:こちらの特設サイトをご覧ください:
    (リンク »)
    (リンク »)
    (リンク »)

□標的型攻撃対策/メフィラス星人
サイバー攻撃は年々悪質化・巧妙化し、企業を狙った標的型攻撃が後を絶ちません。Microsoft 365の標的型攻撃対策は、HENNGE One。高度なマルウェアから企業を保護します。リーズナブルな価格とAPI連携で導入も容易です。
※巧妙化するサイバー攻撃から連想し、高い知性を持つメフィラス星人を選定しました。
[画像2: (リンク ») ]


□脱PPAP/ザラブ星人
メールで圧縮ファイル(ZIPファイル)とパスワードを別送する「PPAP」が、Emotetなどのマルウェア感染を助長しています。脱PPAPソリューションのHENNGE Oneを使えば、ユーザーの利便性を損なうことなくセキュリティを向上させることができます。
※「なりすましメール」にちなみ、にせウルトラマンに化けるザラブ星人を選定しました。
[画像3: (リンク ») ]


□脱VPN/ゴモラ
社内に残るオンプレミスソフトウェア環境にリモートでアクセスする際、VPNを利用する企業は多くあります。HENNGE Oneは、アクセス過多によるトラフィック増加やセキュリティリスクなど、VPNが抱える課題を一発解決!クラウドとオンプレミスのシームレスな連携も実現します。
※リモートでのアクセスに関して、課題が多いと指摘される古いVPNになぞらえて、「古代怪獣」の別名を持つゴモラを選定しました。
[画像4: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]




交通広告

ウルトラ体験キャンペーンの実施に合わせて、以下の媒体で交通広告を実施します。

・JR東京/品川/新橋/浜松町/田町/大崎駅 ホームドア(9月2日~9月25日)
・JR東京駅デジタル通路(9月19日~10月2日)
・大阪メトロ梅田駅(9月19日~9月25日)
・大阪駅前地下道東西通路デジタル(9月12日~9月18日)
・阪急梅田ロングセット(9月12日~9月18日)
・名古屋地下鉄名古屋駅ビッグウォール(9月5日~9月18日)
・シティスケープ福岡(8月29日~9月11日)
・シティスケープ広島(8月29日~9月11日)


HENNGE One について

Microsoft 365、Google Workspace、Box、LINE WORKSなど、複数のクラウドサービスへのセキュアなアクセスとシングルサインオンを実現するSaaS認証基盤(IDaaS)です。クラウドメールの誤送信や標的型攻撃対策、メール監査機能など、幅広いメールセキュリティにも対応しています。多くのクラウドサービスと連携し、金融や大手企業、行政機関など幅広い業種・業態に導入されています。
URL: (リンク »)


HENNGE株式会社 について

1996年11月に設立。「テクノロジーの解放で世の中を変えていく」を理念に、テクノロジーと現実の間のギャップを埋める独自のサービスを開発・販売しているSaaS企業です。複数のクラウドサービスのID/パスワードを統合管理するクラウドセキュリティサービス「HENNGE One」をはじめ、クラウド型メール配信サービス「Customers Mail Cloud」、自治体と住民対象の双方向コミュニケーションサービス「SumaMachi」を提供しています。2019年10月、東証マザーズ市場に上場。2022年4月、東証グロース市場に移行。
社名の「HENNGE(へんげ)」は「変化(HENNKA)」と「チャレンジ(CHALLENGE)」を組み合わせ、あらゆる変化に挑むとの決意を表しています。

会社名:HENNGE株式会社
証券コード:4475
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長 小椋 一宏
URL: (リンク »)

<本リリースに関するお問い合わせ先>
HENNGE株式会社
Corporate Communication Division
TEL:03-6415-3660
E-mail:info@hennge.com 担当:矢野


*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]