編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

迫りくる「2025年の崖」!中堅・中小企業へのさらなるDX支援に先駆け 大塚商会、公式WebサイトにDXページを新設

株式会社大塚商会

From: PR TIMES

2022-08-10 20:18

~企業が変革するべき 5つの“当たり前”とは~

ソリューションプロバイダーの株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司、以下「大塚商会」)は、2022年8月8日、中堅・中小企業へのさらなるDX支援に先駆け、公式WebサイトにDXページを新設しました( (リンク ») )。



[画像1: (リンク ») ]

●DXページの新設について
コロナ禍や法改正等を受け、現在は大手企業だけでなく、中堅・中小企業においてもテレワークやペーパーレス化などが求められています。また、2018年には経済産業省が「DXが進まなければ2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性も高い(2025年の崖)」と発表するなど、「2025年の崖」を克服するため、企業にはさらなるDX推進が求められています。そんな中、これまで大塚商会は自社で培ったノウハウを基に、お客様それぞれのDXを実現するためのお手伝いを積極的に進めてきました。

今回、中堅・中小企業へのさらなるDX推進支援に先駆け、大塚商会がめざすDX「ビジネスの現場で、本当に役に立つ生きたソリューション」をあらためて伝えるべく、公式WebサイトにDXページを新設しました。DXページは「1.企業の競争力を落とす5つの“当たり前”」「2.ここが違う、大塚商会のDX」「3.DX ARTICLES」「4.CM GALLERY」の大きく4つのコンテンツから構成されています。


●コンテンツ1.:企業の競争力を落とす5つの“当たり前”
2025年以降、DXが進んでいない企業では、古いシステムの維持管理や管理人材の確保により、多大なコストが発生すると言われています。大塚商会では、これからの企業が変革するべき5つの“当たり前”に着目。お客様のDX推進[高梨1] をサポートし、業務最適化や生産性向上につなげていきます。

1. 業務の“当たり前”
[画像2: (リンク ») ]


紙の書類を、手作業で処理してやり取りする。
そんな今までの習慣に縛られて、業務の効率を落としているケースがあります。
「紙」を「デジタル」化し、データとして保存できる電子化は、データの活用を前提としているDXにとって、欠かすことのできない取り組みの第一歩です。

2. 働き方の“当たり前”
[画像3: (リンク ») ]



オフィスの自分の席でないと、仕事ができない。
そんな今までの考え方に縛られて、業務の効率を落としているケースがあります。
「いつもの」場所で働くだけでなく、「どこでも」業務ができる柔軟な働き方は、刻々と状況が変わる今の時代の、顧客や社会のニーズを基にした働き方です。

3. 意思決定の“当たり前”
[画像4: (リンク ») ]


意思決定は、経営者の長年の経験と勘頼み。
そんな古い考え方に縛られて、顧客のニーズを見落としているケースがあります。
「経験と勘」だけに頼るのではなく、「AI×データ」の裏付けをもって営業活動や経営を行うことは、意思決定のスピードを上げると共に[高梨2] 、新たな市場や顧客ニーズの発掘にもつながります。

4. 顧客接点の“当たり前”
[画像5: (リンク ») ]


商談はリアルで。契約は書面で。
そんな今までの習慣に縛られて、ビジネスチャンスをなくしているケースがあります。
顧客との接点を「リアル」に固執せず、柔軟に「Web活用」することによって、非対面が推奨される今の時代の顧客・社会のニーズに基づき、商談などのプロセスを変革できます。

5. IT環境の“当たり前”
[画像6: (リンク ») ]


ネットが遅いのはしかたがない。セキュリティは社員任せ。
そんな今までの考え方に縛られて、効率や安全性を落としているケースがあります。
IT環境の安定性と安全性は、データとデジタル技術の活用を前提としているDXにおいて、全体の基盤となります。


●コンテンツ2.:ここが違う、大塚商会のDX。
最新の機器やソフトウェアを揃えるだけでは、DX推進は実現されません。大塚商会には、大塚商会にしか実現できないDXがあります。
1.ビジネスをまるごとサポートできる総合力
2.実際に自社で導入してきたからこその提案力
3.約28.7万社との年間取引を通じた豊富な経験
4.月間サポート件数約15万件の対応力
大塚商会はビジネスの現場で本当に役立つソリューションを提供していきます。


[画像7: (リンク ») ]



●コンテンツ3.:DX ARTICLES(DX関連記事)
サイト内では、DXに関連した記事を多数掲載しています。
DXというキーワードは知っているが詳細までは分からない方、これからDX導入を考えている方、既にDXを導入しているが思うように活用できていない方など、DXに対してさまざまな考えを持つ方に向けたお役立ち情報として、多種多様な企画記事も制作していきます。
[画像8: (リンク ») ]


◆DXページ「あなたのための、DXでありたい。」 詳細はこちら
(リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]