編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

【大和ハウス工業など、日本をリードする大企業が登壇!】DXに立ち向かう大企業の先進事例「デジタルの民主化DAY Special」を9月27日に開催

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2022-09-06 14:18

 「デジタルの民主化(※1)」のリーディングカンパニー 株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、デジタルトランスフォーメーション(DX)やデジタル活用に取り組むビジネスリーダー向けのイベント「デジタルの民主化DAY Special」を、2022年9月27日(火)に開催することをお知らせします。 第4回となる今回は、「DXに立ち向かう大企業の先進事例」をテーマに、DXや業務デジタル化に取り組む大企業の皆さまより最新事例を紹介します。



[画像1: (リンク ») ]

※1 現場部門(非IT部門)が自らデジタルを活用し、全社のデジタル化を加速させること
(リンク »)

■「デジタルの民主化DAY Special」開催の背景
 昨今、DXはすべての企業が生き残るうえで不可避な取り組みとなっています。 IT人材が不足するなか、情報システム部門や外部ベンダーに依存した状態を脱しデジタル活用を成功・加速させるには、「非IT部門のシステム開発者(市民開発者)」の存在がカギとなります。
 ドリーム・アーツは「デジタルの民主化」を提唱しており、これまで数多くの大企業における業務部門(非IT部門)主体の業務デジタル化・デジタル活用を支援してきました。 「デジタルの民主化」を支えるソリューションとして、大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)(スマートデービー)」、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

■開催概要
 「デジタルの民主化DAY」は、過去2,000名以上が参加しアンケート満足度97%を超えるなど、大変好評を博しました。 第4回となる今回の「デジタルの民主化DAY Special」では「DXに立ち向かう大企業の先進事例」をテーマに、大和ハウス工業株式会社など日本をリードする大企業より、ドリーム・アーツの提供するクラウドサービスを活用した「デジタルの民主化」の先進的な取り組み事例をご紹介します。
 さらに、今回はパネルディスカッションとアプリ開発チャレンジなど、「デジタルの民主化」の実践的な内容を掘り下げるコンテンツを用意しています。 パネルディスカッションでは、登壇各社から業務デジタル化プロジェクトのキーマンを迎え、「デジタルの民主化」の取り組みによる実績やノウハウについて、テーマに沿ったディスカッションを実施します。 アプリ開発チャレンジでは、日頃から現場での業務アプリ開発に取り組まれている担当者が、SmartDB(R)での業務アプリ開発に挑戦する姿をお届けし、各社の業務デジタル化のプロセスをご紹介します。

開催概要は以下のとおりです。


[表: (リンク ») ]



 ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つ
トータルソリューションを提供してまいります。

[画像2: (リンク ») ]

SmartDB(R)(スマートデービー)について  (リンク »)
SmartDB(R)は、大企業市場シェアNo.1(※2)の業務デジタル化クラウドです。 現場個別の業務から全社横断業務までノーコード・ローコードで開発可能。 ワークフローとWebデータベースを中心に多彩な機能をもち、柔軟な外部システム連携、きめ細やかな権限管理、高度なセキュリティ要件にも対応しています。 三菱UFJ銀行や大和ハウス工業、立命館大学など、大企業を中心に50万名以上が利用中です。 サービス基盤としてマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。
※2 テクノ・システム・リサーチ「2021年 SaaS型ワークフロー市場メーカーシェア(従業員数1,000名以上)」より

[画像3: (リンク ») ]

Shopらん(R)(ショップラン)について  (リンク »)
Shopらん(R)は、チェーンストア業界市場シェアNo.1(※3)の本部-店舗間コミュニケーションに特化したクラウドサービスです。 本サービスはイトーヨーカ堂やエディオン、すかいらーくなど幅広い業種・規模で採用され、導入店舗数約45,000店/利用人数約53万人(海外含む)と数多くのお客さまにご利用いただいています。 Shopらん(R)は、サービス基盤としてマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。
※3 富士経済「2022年版次世代ストア&リテールテック市場の現状と将来展望」(2021年・販売金額・メーカーシェア・店舗タスク管理システム)より


[画像4: (リンク ») ]

InsuiteX(R)(インスイートエックス)について  (リンク »)
InsuiteX(R)は、大企業の働き方を変える意識改革クラウドです。 組織のデジタライゼーションを推進し、組織のベクトルを統一、さらには経営層のビジョンと現場の気づきを共鳴させることで情報共有の先にある「意識共有」を実現します。 チャットツールでは見逃しがちなフロー情報をストックし、オンライン上でも効率的に業務遂行に必要なコミュニケーションを促します。 狙った効果を計測し改良ができる組織活性化ダッシュボードを組み込むなど、組織パフォーマンスを向上させる機能を多数搭載。日立物流さまや太平洋セメントさまなど、大企業を中心に65万名以上が利用中です。

株式会社ドリーム・アーツについて  (リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。 「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。 大企業向け業務デジタル化クラウドSmartDB(R)、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]