編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

統合商品情報管理(PIM)のエクサとデジタルコマース基盤(EC)のシステムインテグレータの協業により、業務改善とマーケティング推進にお悩みのお客様のDXを加速

株式会社エクサ

From: PR TIMES

2022-09-09 15:40

「Contentserv」と「Adobe Commerce」によるEC構築ソリューションの提供

株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市西区みなとみらい、代表取締役 社長執行役員:千田 朋介、以下「エクサ」)と、株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区、代表取締役社長CEO:引屋敷 智、東京証券取引所スタンダード市場:証券コード3286、以下「システムインテグレータ」)は、商品情報管理(PIM)基盤「Contentserv」とデジタルコマース基盤「Adobe Commerce」を用いることで、効果的な商品情報の活用が可能なECサイト構築ソリューションの提供を開始しました。



[画像1: (リンク ») ]


■導入企業への3つのメリット


多様化し複雑化する商品情報をContentservにより一元化・最適化し、ECサイトへタイムリ-に提供します。
既存取引向けのクローズBtoBや新規取引を目指すオープンBtoB等、様々なECサイトをAdobe Commerceによりクイックに立ち上げることが可能です。
Contentservが開発したAdobe Commerce向けの連携コネクタを活用し、企業のDX化を強力に支援します。



BtoB ECサイトで必要な商品情報は、スペックや商品画像、価格、キャッチコピーのような販売上の情報だけではなく、マニュアルや仕様書、図面のような技術・サポート情報、顧客にリッチな購買体験を提供するための動画、またグローバルにビジネスを展開する場合はそれらの各国言語に対応した情報が必要です。これらは商品企画部門、営業部門、技術部門、マーケティング部門と複数部署に分散管理されています。ContentservとAdobe Commerceの組み合わせにより以下を実現できます。
[画像2: (リンク ») ]



■ソフトウェアパッケージ会社からのコメント
▽アドビ株式会社 ソリューショーンコンサルティング本部 シニアマネージャー 原 周一郎様より
「アドビとContentserv様は、以前からCMS分野ではAdobe Experience Manager、EC分野ではAdobe Commerceとの連携を実現していました。また共にマーケティング活動を通じて、PIMとEC分野における市場を開拓して参りました。
この度、アドビとContentserv様の2社の共通の開発パートナーであるエクサ様とシステムインテグレータ様による提携が実現することで、Adobe CommerceとContentserv製品の活用が進み、日本企業のPIM、ECサービスにおける更なる高度化が加速することを大いに期待しています。」

▽株式会社Contentserv 代表取締役 渡辺 信明 様より
「エクサ様とシステムインテグレータ様の協業により、リッチコンテンツ管理からコマースまでのエンドトゥエンドのソリューションを提供できることを大変嬉しく思います。 Contentserv PIM/DAMとAdobe Commerceのシームレスな連携はデジタルショッピング体験を新たな次元へと高めていけるものと確信しています。」


■エクサとシステムインテグレータの協業実績
エクサとシステムインテグレータは、過去の協業実績として株式会社サンワカンパニー様へそれぞれが持つソリューションを用いてデジタルビジネスをご支援してまいりました。(※1)
今後もContentservとAdobe Commerceを活用した2社の協業により、事業者様のDXを加速させるソリューションを提供していきます。

※1
▼エクサ PIM事例
(リンク »)
▼システムインテグレータ EC事例
(リンク »)


■Adobe Commerceについて
Adobe Commerceは、単一プラットフォームでBtoCとBtoBの両顧客に向けてマルチチャネルのコマース体験を提供できるEコマースソリューションです。2018年にアドビがグローバルで高いシェアを誇るオープンソースのECアプリケーション「Magento」を買収し、2021年にAdobe Commerceとしてブランドを統一しました。
グローバル展開する、ASUS、HP Asia-Pacificなどの情報機器メーカー、Paul Smith、Helly Hansenなどのアパレルブランド、Watscoなどの設備メーカー等、各業界のマーケットリーダーに採用されており、オムニチャネルを支援するアーキテクチャ・機能、多言語・多通貨・多税に対応したデジタルコマース基盤となるソリューションです。


■Contenrservについて
Contentservは、商品情報管理(PIM)、デジタルアセット管理(DAM) 統合型プラットフォームのソリューションです。Contentservがマーケティングソフトウェア会社として誕生以来、メーカーやブランドのマーケティング強化、ブランド管理、グローバル展開を支援しています。商品コンテンツの作成、最適化、自動化を通じて、お客様が求めるカスタマイズされた体験を実現するために、ワンストップ・プラットフォームを提供します。
商品開発、マーチャンダイジング、マーケティング、営業、コマース、サービスなどすべての部署で、商品情報を一元的に管理・共有できる環境を提供するソリューションです。


■株式会社システムインテグレータについて
会社名:株式会社システムインテグレータ
証券コード:3826 (東証スタンダード)
所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー32階
設立:1995年3月
代表者:代表取締役社長 引屋敷 智
資本金:3億6,771万円
ホームページ: (リンク »)
事業内容:
パッケージ・ソフトウェアおよびクラウドサービス(SaaS)の企画開発・販売、コンサルティング(ECソフト、ERP、開発支援ツール、プロジェクト管理ツール、プログラミングスキル判定サービスなど)
AIを使った製品・サービスの企画開発および販売、AI関連のソリューションの提供・支援およびコンサルティング


■株式会社エクサについて
設立年月日:1987年10月
資本金:12億5,000万円
株式会社エクサは、JFEスチールを母体とし、キンドリルジャパンを親会社に持つITサービス会社として、先進技術を活用したDXを推進し、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。
ホームページ: (リンク »)
エクサは商品情報管理(PIM)ソリューションをはじめとするデジタル領域における豊富な実績と、構想立案からシステム構築、運用支援までの幅広い知見を有する強みを生かして、BtoB企業様の販売・マーケティングを中心としたデジタルビジネスをご支援いたします。

▼サービスサイトURL
(リンク »)


■本件に関するお問い合わせ先:
株式会社エクサ
〒220-8560 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス2F
TEL:0120-934-863
E-mail:sol-promo@exa-corp.co.jp


[画像3: (リンク ») ]



※ 記載の社名、製品名、ロゴ等は各社の商標または登録商標の場合があります。
※ 記載されている製品の仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エクサの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]