編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

Salesforceと大阪府、スマート福祉の実現に向けたDX人材の育成と業務改善に関する協定を締結

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2022-09-09 18:48

株式会社セールスフォース・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下「セールスフォース・ジャパン」)は、本日、ICT の活用を通じて大阪府の福祉分野のスマート化を実現し、府民サービスの向上に寄与することを目的とした、「スマート福祉の実現に向けたDX人材の育成と業務改善等に関する協定」を締結しました。

大阪府では、令和4年度から「大阪DXイニシアチブ」を発足させ、スマートシティ戦略に基づき、「府庁DX」「市町村DX」「デジタルサービス」を推進しています。
特に福祉分野は、少子高齢化やコロナ禍等の中で、高齢者や子どもなど府民のQOLの向上が求められており、デジタル化によるサービスや業務の改善を早急に進めることによって、府民の利便性等の向上、職員、市町村、事業者の負担軽減等を図っていくことが重要と捉えています。

Salesforceは大阪府福祉部のDX推進によるスマート福祉の実現に向けて以下の取り組みを行います。

・業務改善:福祉分野における業務改善の推進
業務に係る関係者・役割・プロセス精査を支援し、CRM/顧客データ基盤等を用いた業務改善に向けた検討に係る相談、助言等を実施

・DX人材育成:福祉分野におけるDX人材の育成を目指した研修の実施
福祉部の職員を対象とした業務改善のための基礎知識・スキルの習得や、部内ICT化の牽引役となる職員の育成に向けた研修等の実施

・有事対応支援:有事の際の福祉に係る対応業務の支援
新型コロナウイルス感染症、自然災害等、有事の対応として生じる新規業務を効率的・効果的に実施するための相談、助言等の実施

■連携事項
(1)大阪府福祉部におけるICT を活用した業務改善の推進に関すること
(2)大阪府福祉部におけるDX人材の育成
(3)新型コロナウイルス感染症対応業務の支援に関すること
(4)その他福祉分野におけるDX人材の育成と業務改善に関すること


Salesforceについて
Salesforceは顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、あらゆる規模や業種の企業がデジタルトランスフォーメーションを行い、顧客を360度で見られるよう支援しています。Salesforce(NYSE: CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

本プレスリリースやその他のプレスリリース、または公式ステートメントで言及された未提供のサービスや機能は現在利用できないものであり、予定通りに、または全く提供されない可能性があります。Salesforceのアプリケーションを購入されるお客様は、現在利用可能な機能に基づいて購入をご判断くださいますようお願いいたします。米国サンフランシスコに本社を置くSalesforceは、ヨーロッパとアジアにオフィスを構えており、ニューヨーク証券取引所ではティッカーシンボル 「CRM」 で取引されています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セールスフォース・ジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]