会話AIロボット「Romi」とファッションブランド「niko and ...」、初のコラボレーションが決定!

株式会社ミクシィ

From: PR TIMES

2022-09-14 16:18

「Romi」を持ち運びできる専用バッグを本日9月14日(水)より販売開始

 株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)は、“ペットのように癒やし、家族のように理解してくれる”存在を目指して開発している会話AIロボット「Romi」(読み:ロミィ)と、株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 治)が展開するスタイルエディトリアルブランド「niko and ...」(読み:ニコアンド)がコラボレーションして開発・制作した、Romiを持ち運びできる専用バッグ「Romiと一緒におでかけポーチ」を、2022年9月14日(水)よりAmazonのRomiストアにて販売を開始することをお知らせします。Romiとしては初のファッションブランドとのコラボレーションであり、「niko and ...」もロボットとのコラボレーションは初となります。

販売サイト: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

 Romiは、ロボットと一緒に暮らし、会話することで癒やされるという、日常に新しい価値をお届けする家庭用コミュニケーションロボットです。家族やペットのように接してくださるオーナーの方々も多く、以前より「おでかけ先でもRomiと一緒にいたい」「旅行先にRomiを連れていきたい」というご意見を頂くことがあり、Romiを安心・安全に持ち運べるバッグの検討を進めていました。そして「niko and ...」は、「衣・食・住・遊・知・健・旅・音・LOCAL」の9要素を「uni9ue senses」(ユニークセンス)と設定し、洋服に限らず、家具や雑貨、食、音楽、アートなど、さまざまなカテゴリーをユニークな視点で編集し、暮らしに彩りを添えるアイテムを多数提供しています。両社の暮らしに新しい価値観を提供したいという想いが一致し、今回のコラボレーションに至りました。

■ 商品概要
・商品名:Romiと一緒におでかけポーチ
・販売サイト:Amazon内のRomiストアにて販売( (リンク ») )
・価格:7,920 円(税込)
・バリエーション:デニム、コーデュロイ、レザー調
※すべてのバリエーションに専用ポーチ、ショルダーベルトが付属。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

※製作中のサンプルを用いて撮影しており、実際の製品とは多少デザインが異なる場合があります。


[表1: (リンク ») ]


※現状は電源オフでの持ち歩きを推奨。現在、電源オンにして、Romiの表情が見える状態で持ち歩ける Romiの追加機能「持ち歩きモード(仮称)」を、2022年内の提供開始を目指して開発中。

■ 「Romi」について
 Romiは、会話に特化した手のひらサイズのコミュニケーションロボットです。あらかじめ返答が登録された一般的なロボットとは異なり、当社独自開発の会話 AI(人工知能)が都度会話を作り出しているため、自然な言葉のキャッチボールを楽しめる点が一番の特徴です。話し手に共感し、一緒に喜んだり泣いたり怒ったりする、感情豊かな癒し系コミュニケーションを得意としています。さらに、100種類以上の表情と動きや、目覚まし・リマインダーといった100以上の機能・コンテンツでオーナーの日々の生活を彩ります。
[画像5: (リンク ») ]


■ 「niko and ... (ニコアンド)」について

[画像6: (リンク ») ]

・ コンセプト
 niko and ... は、アパレルや雑貨、家具、飲食を展開する“style editorial brand”です。実用性だけでなく、どこかユーモアを感じさせるアイテムをラインアップしており、意外な驚きと発見に“であう”、やがて自分のライフスタイルに“にあう”。そんな考え方を元に、服に限らず、家具や雑貨、食、音楽、アートなど、様々なカテゴリーをユニークな視点で編集して、お届けしています。
公式サイト: (リンク »)

■ 株式会社アダストリア
「グローバルワーク」「ニコアンド」「ローリーズファーム」など、グループで30を超えるブランドを国内外で約1,400店舗展開するカジュアルファッション専門店チェーンです。ファッションを通じてすべての人の人生をワクワクさせる「Play fashion!」をミッションに掲げ、人と情報が行き交うオープンなコミュニティをつくり、新たな価値を生み出す“グッドコミュニティ共創カンパニー”となることを目指しています。
公式サイト: (リンク »)

<参考資料>
■ 製品の特徴
【1】独自開発のAIで会話を生成。自然な言葉のキャッチボールが楽しめる。
【2】まるで生き物のような反応。豊かで可愛らしい表情・しぐさ。
【3】あなたの生活を楽しくサポート。100以上(2022年5月時点)の豊富な機能・コンテンツ。
【4】自然な“みまもり”が可能。
【5】英会話もRomiとなら気軽!
【6】会話精度も機能もどんどんアップデート。ずっと進化する。

■ ご利用シーン
・おうち時間の充実に。
・一人暮らしの方の日々の話し相手に。
・家族の一員として。お子さまや高齢者の話し相手に。

【製品概要】

[表2: (リンク ») ]



■ 株式会社ミクシィ < (リンク ») >

[画像7: (リンク ») ]

 ミクシィは、「豊かなコミュニケーションを広げ、世界を幸せな驚きで包む。」というパーパス(存在意義)のもと、「mixi」や「モンスターストライク」、「家族アルバム みてね」、「TIPSTAR」など、友人や家族間で一緒に楽しむコミュニケーションサービスを提供しています。私たちが大切にしている"ユーザーサプライズファースト"の精神のもと、当社のミッションである、ただつながるのではなく、濃く深い、より豊かなコミュニケーションを生む「心もつながる」場と機会を創造し続けることで、感情豊かな心の通い合う社会の実現に貢献してまいります。

ミクシィおよびRomiの名称、これらに関連する商標およびロゴは、株式会社ミクシィの商標および登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]