編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

アドビ、早稲田大学にAdobe Acrobat Signを導入し、学内手続きの押印廃止と学内外における承認プロセスの見直し、電子化を促進

アドビ株式会社

From: PR TIMES

2022-09-26 18:46

【2022年9月26日】
アドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神谷 知信、以下 アドビ)はこの度、学校法人早稲田大学(所在:東京都新宿区、理事長:田中愛治、以下、早稲田大学)がアドビの電子サインサービス「Adobe Acrobat Sign( (リンク ») )」を導入したことを発表します。



[画像: (リンク ») ]

早稲田大学では、創立150周年を迎える2032年に向けた中長期計画”Waseda Vision 150”を実現するうえで、3か年ごとの計画として情報化重点施策を策定・実行し、先進的なICTの効果的・効率的な活用による教育研究および大学運営のデジタル・トランスフォーメーションを推進しています。

また、2022年4月からは、"Waseda Vision 150"のプロジェクトの一つとして「職員業務トランスフォーメーション推進プロジェクト」がスタートし、学生・保護者・校友・教職員が、いつでもどこでも、よりはやく、より簡単に、やりたいことを実現できるスマートなサービスの提供と、それを支える柔軟な運営体制の構築を推進しています。

こうした背景のもと、学内手続きの押印廃止と学内外における承認プロセスの見直しを図るため、Adobe Acrobat Sign が採用されました。採用にあたっては、職員自身がMicrosoft Power Platformのフローに組み込むことで、学内外との承認プロセスを迅速に行い、教員・学生・校友等のステークホルダーに対するサービスの向上、業務の効率化が実現できることが評価されました。

早稲田大学では今後、Adobe Acrobat Signをはじめとした各種ツールを活用し、バーチャル相談窓口やオンライン手続きによる時間・空間を問わないサービスなど、Smart Universityの実現に向けた取り組みを展開する予定です。
今回の導入に際し、早稲田大学人事部 業務構造改革担当副部長 兼 情報企画部 マネージャー (デジタルトランスフォーメーション推進担当) 神馬 豊彦様から下記のコメントをいただいています。
「職員業務トランスフォーメーション推進プロジェクトの目標のひとつはスマートなサービス提供です。その取り組み方針は、『それまでのバックオフィスの効率化から、学生・校友・教職員等ステークホルダーへのサービスの直接的な向上』と『職員自身がロボットを開発するなどして業務自動化を進め、そのことをつうじた職員のIT活用能力を向上と生産性を高める』という二つを掲げています。今後も、デジタルを活用した学内のプロセスの変革と新たな価値創造を通して、進化し続ける大学の実現を目指してまいります。」

アドビのデジタルメディア事業統括本部 常務執行役員 統括本部長の浅野智は下記のように述べています。
「この度、早稲田大学様にAdobe Acrobat Signが採用され、書類のデジタル化の一端を担えることを嬉しく思います。大学でのICT活用は、教育や研究、大学運営の全ての領域においてトランスフォーメーションを生み出し、新たな価値創造を促進します。アドビは、これからも様々な場面における手続きのデジタル化、およびデジタル人材育成の支援を続けてまいります。」

■「アドビ」について

アドビは、「世界を動かすデジタル体験を」をミッションとして、3つのクラウドソリューションで、優れた顧客体験を提供できるよう企業・個人のお客様を支援しています。Creative Cloud( (リンク ») )は、写真、デザイン、ビデオ、web、UXなどのための20以上の デスクトップアプリやモバイルアプリ、サービスを提供しています。Document Cloud( (リンク ») )では、デジタル文書の作成、編集、共有、スキャン、署名が簡単にでき、デバイスに関わらず文書のやり取りと共同作業が安全に行えます。Experience Cloud( (リンク ») )は、コンテンツ管理、パーソナライゼーション、データ分析、コマースに対し、顧客ロイヤルティおよび企業の長期的な成功を推進する優れた顧客体験の提供を支援しています。これら製品、サービスの多くで、アドビの人工知能(AI)と機械学習のプラットフォームであるAdobe Sensei( (リンク ») )を活用しています。

アドビ株式会社は米Adobe Inc.の日本法人です。日本市場においては、人々の創造性を解放するデジタルトランスフォーメーションを推進するため、「心、おどる、デジタル」というビジョンのもと、心にひびく、社会がつながる、幸せなデジタル社会の実現を目指します。

アドビに関する詳細な情報は、webサイト( (リンク ») )をご覧ください。

(C) 2022 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドビ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]