BtoBマーケターに聞いた、コロナ禍の勤務環境とマーケティング施策に関するアンケート調査

アイティメディア株式会社

From: PR TIMES

2022-09-26 18:46

~デジタルイベントの活用意向は依然旺盛~ <アイティメディア デジマ調査ラボ発表>

アイティメディア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大槻利樹)は、デジマ調査ラボを開設し、BtoBマーケターを対象としたコロナ禍における勤務環境やマーケティング施策に関するアンケート調査の結果レポートを公開しました。3年間5回に渡る調査を比較することで、コロナ禍当初からの企業対応の変化が浮き彫りになっています。



全調査結果をまとめたレポートが、下記URLより無料でダウンロード可能です。
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]

本リリースでは、以下のようなハイライトについて、同レポートの一部をご紹介します。


【ハイライト】


職場や働き方のコロナ対策は2021年3月の調査時がピーク、その後緩和傾向にあるが依然として何らかの対応をとる企業が多い
「電子署名・電子サインシステム」「オンライン名刺交換システム」の整備が急拡大し、テレワーク前提の環境整備がすすめられている
フィジカルイベントへの出展意向が回復している一方、デジタルイベントへの出展意向も旺盛
マーケティング課題では、認知拡大やリードナーチャリング(育成)を挙げる企業が増加



※本レポートは、2020年3月、2020年10月、2021年3月、2021年11月、2022年6月にBtoBマーケターを対象に実施したインターネットによるアンケート調査結果を比較しております。各調査の実施概要につきましては、別表を参照ください。


[表1: (リンク ») ]



■コロナ禍の職場や働き方はテレワークを前提へ

コロナ禍における職場や働き方について、2回目の緊急事態宣言中に実施した2021年3月の調査時と比して、制限は徐々に緩和されつつあるものの、依然としてなんらかの対応をしている企業が多いのが現状です。また、引き続き「テレワーク(自宅勤務)の推奨」を実施している企業が多数を占めている状況を反映し、「電子署名・電子サインシステム」「オンライン名刺交換システム」が急速に整備されつつあり、デジタルツールの活用によりテレワークを前提とした勤務環境が整えられているのが見て取れます。

※グラフ画像はこちらからご覧いただけます。
(リンク »)

[画像2: (リンク ») ]

無料でダウンロードいただけるレポートには以下のようなシステムに関する調査結果をまとめております。
従業員の安否が確認できるシステム/会社のPCと同様に利用できる仮想デスクトップ/社内システムにアクセスする際の本人確認システム/インターネットを利用したIP電話/ナレッジポータルシステム/電子署名・電子サインシステム/オンライン名刺交換システム
≫ダウンロードはこちらから 
(リンク »)

■デジタルイベントへの出展意向は引き続き旺盛

行動制限減少の流れを受け、企業のフィジカルイベントへの出展意向に回復の兆しが見えるものの、ワークスタイルのデジタルシフトの潮流を受け、デジタルイベントへの出展意向も旺盛で、フィジカル、デジタル両方の施策を模索している状況が伺えます。

※グラフ画像はこちらからご覧いただけます。
(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]

■マーケティング課題は認知拡大とリードのナーチャリング(育成)

コロナ禍で企業対応がピークにあった2021年3月時点での調査では、今後のマーケティング課題として「リード(名刺情報)の取得」を挙げた回答者の割合が最も多かった一方、2021年11月、2022年6月の調査では「商品・サービスの認知拡大」「リードのナーチャリング(育成)」を挙げる回答者の割合が飛躍的に多くなりました。

ワークスタイルの変化により情報収集経路のデジタルシフトが加速しています。
このため、適切なコンテンツマーケティングを実施することが重要性を増してきていますが、スキル・ノウハウを持った人的リソースが必要で、短期間での育成は困難なため、課題感を感じている企業が多いと思われます。

また、「リードのナーチャリング(育成)」については、オンラインでのリード獲得施策が各企業で採用され、ある程度の課題解決ができたものの、集めたリードの育成(ナーチャリング)手法のデジタルシフトはまだ遅れている状況を示唆しています。


[表2: (リンク ») ]



※グラフ画像はこちらからご覧いただけます。
(リンク »)
[画像4: (リンク ») ]

アイティメディアでは、BtoBにおけるコンテンツマーケティングを支援するソリューションを提供しています。PR対象の商品やサービスについて、アイティメディアの編集部がその専門性を生かし、記事の形式でクオリティの高いコンテンツを制作します。
また、このコンテンツ制作力を生かし、リード育成やウェビナーの企画・配信などのご提案も行っております。

本レポートの詳細をご覧になりたい場合、下記URLより無料でダウンロードいただけます。
(リンク »)

デジマ調査ラボは、アイティメディアの運営する「オンラインプロモーション by ITmedia」内に開設されました。当社のお客さまや各専門メディアの読者等を対象としたアンケート調査を通じて、デジタルマーケティングの取り組み状況を把握するとともに、BtoBマーケターのお悩み解決の糸口となる情報を発信いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オンラインマーケティングのための情報サイト
オンラインプロモーション by ITmedia
(リンク »)
2022年9月オープンデジマ調査ラボ
(リンク »)

<お問い合わせ>
アイティメディア株式会社 営業本部 市場開発統括部
sales_sijou@ml.itmedia.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※ダウンロードいただけるレポートには下記の項目が含まれます。
(リンク »)
業種別表
・ご自身の職場や働き方の状況について
・回答者自身のテレワークの実施
・働く環境の整備
従業員の安否が確認できるシステム/会社のPCと同様に利用できる仮想デスクトップ/社内システムにアクセスする際の本人確認システム/インターネットを利用したIP電話/ナレッジポータルシステム/電子署名・電子サインシステム/オンライン名刺交換システム
・数か月先のマーケティング予算の見通し
・今後のマーケティング課題
・他社主催のフィジカルイベントへの出展意向
・他社主催のバーチャルイベントへの出展意向


[表3: (リンク ») ]



■ アイティメディア株式会社について   (リンク »)
テクノロジー関連分野を中心とした情報やサービスを提供する、インターネット専業のメディア企業。月間約4,000万ユニークブラウザで利用されています。IT総合情報ポータル「ITmedia( (リンク ») )」、企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット( (リンク ») )」、ITエキスパートのための問題解決メディア「@IT(アットマーク・アイティ、 (リンク ») )」をはじめ、ターゲット別に数多くのウェブサイトを運営。ITとその隣接領域を中心に、各分野の専門的なコンテンツをいち早く提供します。
[東証プライム市場、証券コード:2148]

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]