編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

インボイス管理サービス「Bill One」が、「インボイス制度徹底解説セミナー」を好評につき10月に追加開催

Sansan株式会社

From: PR TIMES

2022-09-30 19:16

~累計3600名以上が参加、企業が取り組むべき対策を徹底解説~

働き方を変えるDXサービスを提供するSansan株式会社は、2023年10月のインボイス制度開始に向けて、累計3600名以上が参加しているインボイス制度徹底解説セミナー「インボイス制度の対応をチャンスに。いまから始める請求書業務のDX」を、2022年10月6日(木)、10月20日(木)にオンラインで開催します。



[画像: (リンク ») ]

当社のインボイス管理サービス「Bill One」では、郵送で届く紙の請求書やメールに添付されるPDFの請求書など、さまざまな方法・形式で送られる請求書をオンラインで受領できます。今年2月には発行機能の提供を開始しており、2023年10月に導入されるインボイス制度に対応するべく、機能開発を進めています。企業はBill Oneを導入することでインボイス制度に対応するとともに、請求書業務をデジタル化し月次決算の加速を推進していくことができます。

■開催背景
請求書業務を取り巻く環境は転換期を迎えており、2023年10月には消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度が導入されます。インボイス制度が導入されることにより、多くの企業は「適格請求書発行事業者」となるために事前登録を行い、発行する請求書の記載内容を変更しなければなりません。昨年10月に事前登録が開始され、対応の早い企業がすでに登録を進めており、2022年8月末時点で登録件数は99万件を超えています(※1)。

インボイス制度における「適格請求書」には、請求書発行時に登録番号、適用税率、消費税額の情報を新たに追加することが求められ、受領側もそれらの項目を新たに確認する必要が出てきます。そのため、インボイス制度に対応するためには、請求書の発行側・受領側の双方が請求書業務のフローを見直す必要があります。一方、当社が9月に行った調査によると、経理担当者の6割以上が「インボイス制度への対応に不安」を感じていることが分かっています(※2)。

このような状況を受けてBill Oneでは、企業のインボイス制度への対応を後押しするべく、制度を分かりやすく解説する無料のオンラインセミナーを継続して開催しています。インボイス制度への対応を検討している企業やこれから対応を進めていこうとしている企業から、累計3600名以上が参加し好評を得ています。セミナーではインボイス制度の概要や要点、どのような事前準備や対策が必要とされるのかを分かりやすくお伝えするとともに、インボイス制度に対応する当社のBill Oneでできることを紹介します。

■開催概要
名称:インボイス制度の対応をチャンスに。いまから始める請求書業務のDX
日時:2022年10月6日(木)、20日(木) いずれも15:00~15:30(開場 14:50)
会場:オンライン
内容:
今後の請求書に関する法改正の流れ
・インボイス制度の概要
 └ 請求書を発行する企業の対応
 └ 請求書を受領する企業の対応
・インボイス制度に対応するBill Oneのご紹介
登壇者:Sansan株式会社 Bill One Unit プロダクトマーケティングマネジャー 柘植 朋美
参加費:無料
参加申し込みリンク:
(1)10月6日の開催  (リンク »)
(2)10月20日の開催  (リンク »)
*開催日で申し込み先が異なりますのでご留意ください。

※1:国税庁 インボイス制度適格請求書発行事業者公表サイト
(リンク »)
※2:Sansan株式会社「インボイス制度に関する実態調査」(2022年9月16日発表)
(リンク »)

(以上)

■請求書受領から、月次決算を加速する「Bill One」
Bill Oneは、Sansan株式会社が提供するインボイス管理サービスです。郵送やメールといったさまざまな方法・形式で届く請求書をオンラインで一括受領し、素早く正確にデータ化。請求書をクラウド上で一元管理することで、アナログで非効率な請求書業務をデジタル化します。インボイス制度や電子帳簿保存法にも対応し、月次決算業務を効率化することで、企業経営における意思決定のスピードを加速します。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」やキャリアプロフィール「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、クラウド契約業務サービス「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL: (リンク »)
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:64億26百万円(2022年5月31日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan  (リンク »)
Eight  (リンク »)
Bill One  (リンク »)
Contract One  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]