計算科学および人工知能分野で世界をリードするアルテア、フラッグシップイベント「Future.Industry 2022」を開催

アルテアエンジニアリング株式会社

From: PR TIMES

2022-10-01 22:40

~計算科学の最新技術、ツール、トレンドについてグローバルな講演者が議論するバーチャルイベント~

計算科学および人工知能(AI)分野で世界をリードするアルテアエンジニアリング株式会社(日本本社: 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン14階、代表取締役: 加園 栄一、本社:米国ミシガン州、CEO:James Scapa、Nasdaq:ALTR、以下:アルテア)は、同社を代表する年次イベント「Future.Industry 2022」を開催いたします。大手著名企業のリーダーからスタートアップ起業家まで、業界屈指の頭脳と有力企業が参加し、シミュレーション、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、AI、データ分析技術のトレンド、ソリューション、画期的な成果について議論を行います。



[画像1: (リンク ») ]

■「Future.Industry 2022」開催日時(日本時間)
1日目 2022年10月4日(火)17:00~
2日目 2022年10月5日(水)17:00~
3日目 2022年10月6日(木)17:00~

■主な発表内容

[画像2: (リンク ») ]

その他、産業界からは、インテル、AMD、Tech Mahindra、Belcan、EVR Motors、日産自動車、Arcelor Mittal、JCBが、学術界からはテンプル大学、パデュー大学、トロント大学、ネルソン・マンデラ大学、リオ・デ・ジャニエロ連邦大学の専門家が、「メイントラック」「スペシャルトラック」に登壇します。
スペシャルトラックは、製品ポートフォリオの電動化、サステナビリティ、スマートマニュファクチャリング、デジタルツイン、電子システム設計、モデルの可視化などに関する深い知識を求める参加者向けに構成されています。スピーカーは、大手企業からスタートアップ企業まで多岐にわたります。
Future.Industryでは、各日とも特定のテーマを設けています。1日目は、今年のソートリーダーの基調講演を紹介するメイントラック、2日目は専門的なパラレルトラック、3日目はアルテアの専門家とテクノロジーを紹介するハンズオンセッションです。

Future.Industryは、各日、17:00に開始します。また、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、韓国語、日本語の同時通訳にも対応しています。さらに、イベントに参加すると、アルテアグッズやeギフトカードが当たるチャンスもあります。
Future.Industry 2022の詳細や参加登録は、下記をご覧ください。
(リンク »)

【アルテアについて(Nasdaq:ALTR)】
アルテアは、シミュレーション、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、データ解析、AIに関するソフトウェアおよびクラウドソリューションを提供する、計算科学と人工知能(AI)の分野で世界をリードする企業です。アルテアは、あらゆる業界の企業がより効果的に競争し、接続が強化された世界でより賢明な意思決定を行うことを可能にし、さらに環境に優しく持続可能な未来を創造します。
詳細については、下記をご覧ください。
(リンク »)

■アルテアエンジニアリング株式会社
設立   :1996年2月
取締役社長 :加園 栄一
事業内容  :製品開発、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、人工知能(AI)に
係わるソフトウェアおよびクラウドソリューションの開発、販売、サポートおよび受託サービス
東京オフィス:東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン14階

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]