Shopらん(R)、ITreviewにて多店舗運営に欠かせない店舗管理システム、マニュアル作成・編集の2部門同時の「ハイパフォーマー」認定

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2022-10-19 10:46

 大企業向けクラウドサービスの株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、ドリーム・アーツが提供する多店舗オペレーション改革を支援するクラウドサービス「Shopらん(R)(ショップラン)」が、このたびアイティクラウド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒野 源太)が運営するIT製品レビュープラットフォーム「ITreview(アイティレビュー)」で発表された「ITreview Grid Award 2022 Fall」において、「ハイパフォーマー」を、計2部門で認定されたことをお知らせします。



■「ITreview Grid Award 2022 Fall」について
 ビジネス向けIT製品・クラウドサービスのレビュープラットフォーム「ITreview」では、ユーザーのレビューをもとに、製品の顧客満足度や市場での認知度が把握できる独自の四象限マップ「ITreview Grid」を展開しています。 このたび発表された「ITreview Grid Award 2022 Fall」では、「ITreview」に集まった約9.8万件のレビューをもとに、ユーザーから支持された製品が選定されました。
 なお、「ITreview Grid Award 2022 Fall」の詳細は以下のページをご覧ください。
「ITreview Grid Award 2022 Fall」: (リンク »)

■「店舗管理システム」「マニュアル作成・編集」部門で「ハイパフォーマー」認定
 Shopらん(R)は、チェーンストア企業には欠かせないツールである「店舗管理システム」「マニュアル作成・編集」の2部門において、初めて「ハイパフォーマー」を認定されました。
 Shopらん(R)は、多くのお客さまに支えられコロナ禍においても順調に実績を拡大し、業種や規模を問わずさまざまなチェーンストアの支援実績を積み重ね、導入実績45,000店を達成しています。

[画像1: (リンク ») ]


Shopらん(R)に対するユーザーさまのレビューについて、詳細は下記よりご確認いただけます。
Shopらん(R)のレビュー: (リンク »)

■Shopらん(R)、市場シェア61%でNo.1(※1)
 富士経済の「2022年版次世代ストア&リテールテック市場の現状と将来展望」による調査の結果、2021年における「店舗タスク管理システム」分野においてShopらん(R)が市場シェア61.1%でNo.1を獲得しました。 次位の15.8%、14.7%を大きく上回りNo.1を獲得しています。
※1 富士経済「2022年版次世代ストア&リテールテック市場の現状と将来展望」(2021年・販売金額・メーカーシェア)より
プレスリリースについてはこちら: (リンク »)

 また、2022年4月に「APP(Agile PoC Platform)オプション」としてリリースしたShopらん(R)と連携するフレッシュマニュアル機能(※2)も、顧客からのShopらん(R)の評価を高めています。 従来の一般的な業務マニュアルは形骸化することが常でした。 2021年12月にドリーム・アーツが実施した多店舗運営事業者向け市場調査アンケートでは、82%が「現場への業務マニュアルの浸透に課題あり」と回答。 フレッシュマニュアル機能はShopらん(R)の業務オペレーションと完全に一体化することで確実に現場業務に浸透させ、また、本部・現場のユーザー自身が極めて更新しやすく最新情報に保つことができます。
※2 フレッシュマニュアル機能/APPオプションについてはこちら
  (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]


 ドリーム・アーツのShopらん(R)は、2022年10月時点で導入店舗数約45,000店を超えるお客さまにご活用いただいています。 今後も多くのお客さまの多店舗運営をご支援してまいります。

[画像3: (リンク ») ]

Shopらん(R)(ショップラン)について  (リンク »)
Shopらん(R)は、チェーンストア業界市場シェアNo.1(※3)の本部-店舗間コミュニケーションに特化したクラウドサービスです。 本サービスはイトーヨーカ堂やエディオン、すかいらーくなど幅広い業種・規模で採用され、導入店舗数約45,000店/利用人数約53万人(海外含む)と数多くのお客さまにご利用いただいています。 Shopらん(R)は、サービス基盤としてマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。
※3 富士経済「2022年版次世代ストア&リテールテック市場の現状と将来展望」(2021年・販売金額・メーカーシェア・店舗タスク管理システム)より

株式会社ドリーム・アーツについて  (リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。 「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。 多店舗オペレーション改革を支援するShopらん(R)、大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)(スマートデービー)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]